レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真田丸 第18回

2016年05月08日 18時42分22秒 | 2016年ドラマ

『上洛』
「父の背中上洛」

内容
秀吉(小日向文世)が、実母を人質に出したことで、家康(内野聖陽)も上洛。
ついに昌幸(草刈正雄)は、決断を迫られることに。
だが、三成(山本耕史)からの催促に応じ、信幸(大泉洋)が説得を試みても、
頑なに上洛を拒む昌幸。
景勝も兼続(村上新悟)を遣わし、昌幸に上洛を促すのだった。
悩んだ末、昌幸は、秀吉に臣従、上洛をすることを決意する。

そのころ、信繁(堺雅人)は、出雲阿国(シルビア・グラブ)と話をして、
お藤こと。。。姉・松(木村佳乃)を引き取ることが出来たが。。。。

そして、ついに昌幸が、上洛。
信繁は、父・昌幸、兄・信幸との久々の再会に喜ぶ。
だがふたりが、軽く扱われていることに憤っていることを知る。
それどころか、昌幸が、隙を見て、秀吉に反旗を翻すつもりだと聞く。
そこで信繁は、三成に談判するが。。。格が違うと一蹴。
仕方なく、信繁は、自らふたりをもてなし、なだめることに。

そんななか、昌幸は秀吉へ拝謁する日を迎えるが。
そこに現れたのは、秀吉では無く。。。。

落胆する昌幸らを見て信繁は、
茶々(竹内結子)を介して、秀吉に直談判し。。。。。

敬称略


まさに、《真田丸》

真田家が翻弄される姿が、シッカリと描かれた感じ。

秀吉、家康が、ほんと良いですね。


最終的に、“再会”

ホームドラマ。

あくまでも、真田家。。。でしょうから、

これはこれでokでしょう。

まさに、三谷幸喜さんらしさ(笑)


見事な緩急。。。。と言うべきかな

 

トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 動物戦隊ジュウオウジャー1... | トップ | 日曜劇場『99.9-刑事専... »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い18昌幸は秀吉に臣従したが家康の与力大名になる屈辱も松との再会に喜んだ (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第18話は家康が上洛した事で昌幸もついに秀吉に臣従する事を決意した。真田のような小さな大名が生き残るには従うしかない運命だった。しかし上洛したもの ...
大河ドラマ「真田丸」第18回 (日々“是”精進! ver.F)
与力に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605080000/ 真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]価格:1188円(税込、送料無料)
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第18回「上洛」感想 親父の背中が小さく見える (しっとう?岩田亜矢那)
あれだけ先の先まで見透かしていた父、昌幸が、 いつからか見間違えるようになる。 それは老いなのか?それとも時代の流れなのか? あれだけ大きかった親父の背中が小さく、みすぼらしく見える。 それは反対に、政権の中枢で、よりレベルの高い人々と接する事によって、...
真田丸 第18回「上洛」 (あしたまにあーな)
これまで頑なに断り続けていた上洛ですが、今回昌幸はとうとうそれを受け入れることにします。そのポイントとなったのが、おばば様の一言。一度秀吉の懐に飛び込んで、それで秀吉が危うくなったらすかさず反旗を翻す。そうすれば良いだけのこととかるくアドバイスを送り、...
【真田丸】第18回 「上洛」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
家康(内野聖陽)が上洛したことで、ついに昌幸(草刈正雄)も秀吉(小日向文世)に臣従することをようやく決意する。 戦国武将として実力で生き抜いてきたプライドを抑えて渋々上洛した昌幸を軽く扱う秀吉。 昌幸が隙あらば秀吉を攻めるつもりだと察した信繁(堺雅人)...
真田一族には疑いの眼差ししかないのですか?・・・真田一族には寝首を掻く腕しかないのですか?(長澤まさみ) (キッドのブログinココログ)
戦後七十年を越え、平和憲法で育ったほとんどの日本人にとって・・・合戦は基本的に好ましいものではない。 しかし・・・かっての日本人は戦争が大好きだったのである。 その名残りが・・・戦国時代に憧れる心情として幽かに残っている。 もちろん・・・いつの時代にも殺...
真田丸 第十八回「上洛」 (事務職員へのこの1冊)
第十七回「再会」はこちら。前回の視聴率は予想よりもちょいと低くて17.0%。ビデオ・リサーチ社のみなさんはGWをお楽しみのようで速報はアップされていないけれど、世の中には同じように視聴率オタクがたくさんいるようで、真田丸視聴率専用サイトまで用意されてました...
真田丸「上洛」 (のほほん便り)
あれだけ、したたかに周囲を振り回してた、昌幸(草刈正雄)だけど、今や武士のプライドもあり、家族に相談して回り(どちらかというと、子が懸命に説得して)家康(内野聖陽)が上洛し、秀吉(小日向文世)に臣従することを、ようやく決意 久々に家族と再会して喜ぶ信...
真田丸 第18回「上洛」~強い者に従う。真田はこうやって生き延びてきた (平成エンタメ研究所)
 ばば様(草笛光子)は昌幸(草刈正雄)に言う。 「強い者に従う。  真田はこうやって生き延びてきた。  下手に出て牙を隠して爪を隠して、この先、秀吉の勢いに陰りが見えたら寝首を掻く。  卑怯者で何が悪い」  どんなに卑怯でもカッコ悪くても生きる。  おそら...
真田丸 第18話「上洛」 簡単ですが感想で... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
こちらは昨日書けなかった感想です(^0^;;)ゞい~~~や~~~何だかこの秀吉さんは 秀吉さん単体で充分に天下を動かせる人だって感じですよね(^0^;)官兵衛さんとか半兵衛さんとかいな...
大河ドラマ 感想 真田丸 第18回「上洛」 (架空と現実の雑記帳)
お婆様のご意見などもあり、ようやく上洛した昌幸父さん(草刈正雄)。でも三成(山本耕史)に献上品の毛皮を臭いと言われたり古寺に宿泊させられたり、多忙を理由に対面相手が肝心の秀吉ではなく秀次だったりと散々。
大河ドラマ「真田丸」 #18 上洛 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
家康は秀吉に下った。 昌幸は??
真田丸 第18話「上洛」 (昼寝の時間)
公式サイト 家康(内野聖陽)が上洛したことで、ついに昌幸(草刈正雄)も秀吉(小日