レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5→9~私に恋したお坊さん~ 第1話

2015年10月12日 22時04分15秒 | 2015年ドラマ

「ありえないプロポーズ!?」

内容
その日、葬儀が行われていた。亡くなったのは、町内会の長老。
参列者が涙する中、。。。。桜庭潤子(石原さとみ)が焼香する順に。
が、足をしびらせて居たため、焼香台を倒し、香炉が飛んでしまう。
そして。。。経を唱えていた星川高嶺(山下智久)の頭上へと。。。。。

その後、潤子は、勤務する英会話教室へと出勤。
そこへ出張から帰ってきた知人の生徒・三嶋聡(古川雄輝)が土産を置いていく。
そのふたりの姿に、同僚の講師・アーサー(速水もこみち)は、
ニューヨークへ行くことを夢見ているなら、三嶋と結婚すれば良いというが。。。

そんななか、家に帰った潤子。
父・満(上島竜兵)母・恵子(戸田恵子)妹・寧々(恒松祐里)が目配せをする。
夕食をとりはじめた潤子に、誕生日の祝いをしたいと言い始める3人。
一瞬、妙なものを感じたモノの、潤子は了承。

そして日曜日。潤子が向かったのは、高級料亭。
緊張気味で、通された部屋にいたのは、家族ではなかった。
先日の僧侶・高嶺!?
すると高嶺が。。。。
「おめでとうございます。あなたを私の妻にしてさし上げます」

敬称略


原作は未読。

脚本は、小山正太さん

演出は、平野眞さん



個人的には、ベストに近い選択だと思っている。

若干、話の展開でテンポの悪い部分もあるが、

演出が上手くフォローしている感じですね。

このあたりは、サスガと言って良いかな。

原作がある事なので、これ以上のことは無理でしょうしね。

そういう風に考え、様々な要素を考慮すれば、

“イマドキレベル”では、成功の可能性は高いかもしれません。

ただ、それ以上を狙える可能性もあるだけに、

今後は、演出の振り切り加減が重要になるでしょうね。

思い切ったことをすれば、もしかしたら。。。。もしかするかもね。
この記事についてブログを書く
« あさが来た 第13回 | トップ | あさが来た 第14回 »

2015年ドラマ」カテゴリの最新記事