レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

都市伝説の女 第7話

2012年05月26日 01時25分21秒 | 2012年ドラマ

『座敷わらしは見た!?離婚夫婦の密室殺人
「幸運が訪れる伝説!?座敷わらしは見た…!!離婚夫婦の密室殺人

内容
ある夜のこと、妙な物音で目覚める月子(長澤まさみ)
すると目の前には、見たことの無い少女がいた。
少女が窓の外の指さしたところ、女性の悲鳴が!!
慌てて部屋を出て行く月子は、石橋文江(佐々木すみ江)の自宅へ
「男が押し入った」という文江。
家の中には、頭から血を流し倒れている嫁・祥子(筒井真理子)と、
泣いている祥子の娘・凛(未来穂香)。その友人・藤田美夏(相楽樹)がいた。
だが男は逃げてしまったのか、すでに家の中にはいなかった。
文江の息子・学は、女と逃げたらしく。。。凛は、かなり敵意を抱いているよう。

翌朝には丹内(竹中直人)たちが事情を聞き始める。
美夏の話では、ストーカーに似ていたという。
そんななか、勝浦(溝端淳平)が妙な皿を見つける。
文江によると、座敷わらしのためのお供えだということ。
すると月子は熱弁を振るって主張する。
「これは、座敷わらしが家を去ったために起きた不幸です!」
どうやら文江も、その主張を信じているようで。。。。。

月子は、座敷わらしに戻ってもらうと文江に伝え、座敷わらし捜しを開始する。
が。。。そのころ、捜査一課では、座敷わらしにより。。。。。無茶苦茶に。
柴山俊也(平山浩行)は、座敷わらしを目撃してしまい挙動不審。

やがてストーカー三浦成一が見つかるが、犯人ではなかった。

敬称略



まさか柴山が犠牲者になるとは!


そこはともかく。


今回は、座敷わらし。。。がテーマ。

一応、座敷わらしを捜索したり。。。とか、月子の活躍は描かれているが、

なんていうか、事件らしい事件では無いため

微妙な印象になってしまってますよね。


実際、丹内たちが捜査らしいことをしていないため、事件としても中途半端だし。

いや、無駄を省いてしまうと20分ほどで終了しちゃうエピソードである。


それこそ、

ここまで座敷わらしを絡めて、座敷わらしありきの世界を描くのならば、

もう少し、そういった部分を利用して、楽しくしても良かったんじゃ?

ほんとは、“ありき”の可能性を言及して調べるのが月子なんじゃないのか??


結局、ファンタジーを絡めているわりに、ファンタジーを描ききらず

普通のホームドラマ風事件を解決しているだけとなってしまっている。



楽天ブログ版
第7話 

この記事についてブログを書く
« もう一度君に、プロポーズ ... | トップ | 梅ちゃん先生 第48回 »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事