レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とと姉ちゃん 第55回

2016年06月06日 07時47分13秒 | 2016年ドラマ

『常子、プロポーズされる』
内容
タイピストとして、ようやく安定した収入を得た常子(高畑充希)は、
“月一度のおでかけ”という家訓を復活させる。
が、鞠子(相楽樹)美子(杉咲花)は、あまり乗り気ではなく。。。

敬称略


“今作って、何を描きたいんだろ???”


最近、そればかりが、頭をよぎります。


連ドラとして破綻しているだけで無く、

キャラ、設定の一貫性が無いなど、単純に、ドラマとして破綻している今作。

とりあえず、その破綻問題を、横に置いておくとするが。


次に感じるのが、

“何を描きたいんだろ???”

 

“朝ドラ”は、基本的に女性が主人公であることが多いため、

ひとりの女性の人生を描こうとしている可能性はある。

実際、最近の“朝ドラ”は、完全なオリジナルが少なく、

実在の人物をモチーフにしていることが多くなっている。


正直、だれを主人公にしようが、どうだって良いのだが。

問題なのは、それを描くことが出来ているのかどうか?である。


今作の場合、

なんとなく、描いているように見せているが、

頭が痛いのは、主人公が“主”になっていないことなのだ。

完全な、群像劇。。。というワケでは無いが。

無理矢理、アレコレと描くだけで無く、無駄なエピソードが多く、

結果的に、主人公の影が薄くなり。

“主”どころか、“登場人物のひとり”状態になってしまっている。

本来“主”を置くことで、テーマがブレなくなるのだが。

実際は、違う。

アレコレと描きすぎて、何がテーマか分からない状態だ。

で。なんとなく、エピソードだけを紡ぐ。


だから、何を描いているのかが、サッパリ分からない。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 日曜劇場『99.9-刑事専... | トップ | ラヴソング 第9話 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

とと姉ちゃん (第55回・6/6) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第10週『常子、プロポーズされる』『第55回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 タイピストとして確かな収入を得られるようになった常子(高畑充希)...
NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第55回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
タイピストとして確かな収入を得られるようになった常子(高畑充希)は、かつて父・竹蔵(西島秀俊)が作った「月に一度皆でお出かけ」の家訓を再開する。 しかし、鞠子(相楽樹)も美子(杉咲花)もお年頃。 それぞれ忙しくなり、あまり乗り気がしない。 そんな折、美...
日の丸弁当>『とと姉ちゃん』第55話 (何がなんだか…ひじゅに館)
今日は通院日で予約時間は遅めだったので ものっすごく久しぶりにワードショーを出してみたら どこかで見た顔が… 玉置三兄弟の次男を演じていた加藤諒さん あの眉と おネエ言葉と キレッキレのダンスで 今、超人気者なんだとか 三兄弟としての初登場時 「...
日の丸弁当>『とと姉ちゃん』第55話 (もう…何がなんだか日記)
今日は通院日で予約時間は遅めだったのでものっすごく久しぶりにワードショーを出してみたらどこかで見た顔が…玉置三兄弟の次男を演じていた加藤諒さんあの眉とおネエ言葉とキ...