レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花嫁とパパ 第8話 結婚か、仕事か

2007年05月29日 22時22分45秒 | 2007年ドラマ
内容
結婚を前提に三浦とつきあうことを了承された愛子は、
すでに元気を取り戻していた。
が、会社に行くと、ナゼか槙原から大量の仕事が。
そんなとき、鳴海に言われる
『三浦くんと別れて欲しい』と。
一方鳴海は、会社の命令に反して
広告代理店を飛ばして、アトラスの桂木と契約しようとしていた。
そしてその交渉に、槙村と、愛子を連れて行くことを決めるのだった。
鳴海は、ウザパパに出張の了承をとり、同行させる。
だが、出張のその日、槙村環は、ウザパパの元へ。
鳴海に付いて行かなかった環。
環から、鳴海が独立しようとしていることを知ったウザパパ。
そのころ、愛子たちは、桂木と接触していた。。。






花嫁とパパなのに。
どうやら、このままグダグダと。。。ってコトなのかな。

いやいや、きっとまとまるんだろう。。。




完全に、ウザパパ公認で
三浦とつきあい始めた愛子。

『交際五箇条』を片手に乗り込む三浦は、
本当に『ウザパパ』というモノを理解してる


そのことは、
今回いろいろあった中でも、

パパと三浦が、かなり良い感じになっているこからも分かる。
お互いを信頼しているからこそ、
パパは、三浦に『結婚したいのか、したくないのか』と。

パパ『君が頼りないから。
   愛子と結婚なんて出来ないぞ

もう、ホントパパったら、三浦くんを認めちゃってますよ(^_^;

結婚を前提にいた交際が公認され、
恋バナが決着したかと思った、今回の前半。


でも、
愛子には、もう一つの『夢』があった。

愛子『もっと仕事がしたいと。。。

そう!!『仕事』です(^_^)b




コレでやっと、
今まであまり使わなかったキャラが動き始めましたね(^_^;


まぁ、もうちょっとバランスよくできたとも思う
が、
片方ずつでもokでしょう。

分かり易いしね(^_^)b



ということで、
環を加えた、仕事モードの話になる感じですね。

恋バナだけじゃネタ続かないので、仕方ないでしょうね


パパ『お前、どっちが大切なんだ
   三浦と鳴海
   結婚なのか、仕事なのかって言うこと
   仕事が人生を決めることだってある
   仕事だって結婚だって、大変な責任をともなうモノなんだぞ。

愛子の選択は、始まる!!


よく聞けば、ウザパパ、良いこと言ってるよね(^_^)b

そう言うことのようです。



ただね
鳴海『お嬢さんには、見どころがある
   少なくとも、僕はそう信じてます
   お嬢さんを、僕に任せていただけませんか

って言ってますけど

『見どころ』が、よくわかりませんm(__)m




しかし、やっと、次回
槙村『白石美帆さん』が、前に出てきますね。

そこだけが、たのしみかな。



ちなみにわたし的には、
恋バナだけで突っ走っても、よかったと思っていますよ。



これまでの感想
第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 愛の劇場 砂時計 第57話... | トップ | セクシーボイスアンドロボ ... »

2007年ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

花嫁とパパ 「危険な三角関係」 (午後のひととき)
{/kaeru_fine/} 花嫁とパパ  トッブページ。 {/hikari_pink/} 第9話  「危険な三角関係」  フジテレビ番組予告ページ 6/5 (火) 21:00~21:54 (54分)  フジテレビ系列 (地上波) ドラマ / 国内ドラマ 【内容】 会社を辞めて独立をするという鳴海駿一に、つ...