レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チーム・バチスタ4~螺鈿迷宮 第1話

2014年01月07日 22時55分59秒 | 2014年ドラマ

『消えた医師』
「医師が消えた」

内容
東城医大病院から地方の総合病院“碧翠院”にやって来た田口公平(伊藤淳史)
到着早々、副院長で緩和ケア医の桜宮小百合(水野美紀)が出迎えてくれる。
そして小百合の父で院長の巌雄(柳葉敏郎)のもとへ連れて行かれるが、
いきなり、愚痴を言われてしまうのだった。
高階院長(林隆三)に長年頼んでいて派遣されたのが、心療内科医だとは。。。

その直後、緊急の患者が運ばれてくる。
巌雄に言われ、処置室での手伝いを命じられる田口。
処置室では、すでに吐血する木下和雄(前田吟)の治療を、
次女で産婦人科医のすみれ(栗山千明)がはじめていた。
すみれによる処置で、何とか無事。
息子・涼一(趙たみ和)その妻・佐和(佐藤めぐみ)は、ホッとするのだった。

が。あいかわらず、血が苦手の田口。そんな田口をすみれは心配する。
するとそこに、なぜか、白鳥圭輔(仲村トオル)がやってくるのだった。
すみれによると、静岡医大から非常勤で来てもらっている皮膚科医だという。
まさかの白鳥の存在に、田口は困惑するばかり。
それ以上に困惑させたのは、すみれの考えで、
末期の患者達を使うことで、延命を図っていると知らされたことだった。

そのころ白鳥に、放射線科医の立花善次(宅間孝行)が話しかけていた。

敬称略



物語は、

田口が派遣された地方病院に、なぜか白鳥が!?

実は。。。。


ってコトのようだ。


きっと、医療関係の“何か”を追う中で、事件が発生!

そんな感じなのだろうね。

そういう意味じゃ、ワンパターンである。


まあ
個人的には、どんな風に楽しませてくれるか?

ただそれだけのことでしかないのだが。。。。


実際、毎回、いろいろととりあげる“テーマ”は、

誰しもが関わる可能性が高い病院だからこそ、興味を抱くことが出来ますし。

一種の事件モノドラマに仕上げていることで、

様々な楽しみ方が出来る作品になっています。

だから、

ただ淡々と見ているだけでも、それなりに楽しめます。


そう。このシリーズって、
あとはテーマを変えて、どう魅せるか?だけなんですよね

さて。楽しめるかな??


この記事についてブログを書く
« ごちそうさん 第80回 | トップ | NHKドラマ10『紙の月』... »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事