レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それでも、生きてゆく 第6話

2011年08月11日 22時52分28秒 | 2011年ドラマ

『招かれざる客』

内容
祖母の住んでいる老人ホームに、突然やってきた文哉(風間俊介)
それを見て、双葉(満島ひかり)は、驚くとともに、、、涙を流すのだった。
「お兄ちゃん。お帰り」

その後、2人は動物園へ。
因島。。。文哉と双葉の実母が産まれた場所へ、行きたいと話し出す文哉。
一緒に行くかどうか聞かれた双葉は、了承したことで、
「明日、出発しよう」と文哉は言い残し去って行く。


同じ頃、双葉の母・隆美(風吹ジュン)が、洋貴(瑛太)の釣り船屋に現れる。
双葉を探しているようだったが、響子(大竹しのぶ)と顔を合わせてしまい。。。
隆美「ご無沙汰しています」
その直後、隆美のケータイが鳴り、駿輔(時任三郎)もやって来ることに。

駿輔と隆美は、謝罪をしようとするが、
響子は、はぐらかし、、、、誤魔化し、、、キレたり、
やりきれない気持ちでいっぱいだった。
洋貴が、駿輔と隆美に帰るよう促し。。。。。


そんな折、洋貴は藤村(倉科カナ)から、
東雪恵が生きていたという知らせを受ける。

敬称略



一応、「見せ場」がありましたので、
脚本家さんらしさと俳優さんが、上手く融合しているなぁ。。と感じるとともに

何のために、入れているか意味不明な部分も、いくつか存在し、

良い部分と、妙な部分が、せめぎ合っている状態だ。


引き延ばしの要素としては、良いと思いますけどね。
でも、あくまでも、、、引き延ばしですから!

正直、そんな部分よりも、
しっかりとしたドラマが見たいと思うのが本心であり、

やんなきゃ良いのに。。。。と言う感じである。


ココ数回の停滞している流れから考えると
とりあえず、ドラマとしては、動きが見えるので

次回は気になります。



俳優さんの演技とやりとりは秀逸なのになぁ。。。。

細かいアラが目についてしまって、
個人的には、イライラしている部分もあります。


楽天ブログ
第6話 

トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 陽はまた昇る 第4話 | トップ | 名探偵コナン 工藤新一への... »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

それでも、生きてゆく #06 (ぐ~たらにっき)
『招かれざる客』
ドラマ「それでも、生きてゆく」第6話感想... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
文哉登場---------------!!久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。「お兄ちゃん、お帰り----------」一...
ドラマ「それでも、生きてゆく」 第6話 感想「招かれざる客」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
文哉登場---------------!! 久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。 兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。 「お兄ちゃん、お帰り----------」 続きを読む 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
【それでも、生きてゆく】第6話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
双葉が帰ってこなくなり、三崎は夫婦で深見の元へ行った。 響子は何故か夫婦をもてなすようにバタバタ動いた。 じっと対峙している事は不可能に思えた。 深見さん、私たちは・・・。 私、もう深...
それでも、生きていく ♯6 (しなもにあ 2)
何で人殺しのお金なら自分が使っていいのか?意味不明 あの女腹立つーサトエリ、ふみ
それでも、生きていく~復讐と言いながら小便してクソして、なめくじみたいに生きているんです (平成エンタメ研究所)
 次々と切れていく人と人の絆。 ・双葉(満島ひかり)と家族~双葉は母・隆美(風吹ジュン)の娘ではなかった。 ・双葉と文哉(風間俊介)~文哉は反省などしておらず、双葉が思っていたやさしい兄ではなかった。別人だった。文哉もリンゴ飴とゴリラが好きな昔の妹を思....
それでも、生きていく六話感想 (NelsonTouchBlog)
再会した兄と会話する満島ひかり。自然にやさしく微笑んで、祭りのりんご飴が好きだったな?と言う風間俊介。満島は自分と風間の母親が違うことが最近わかった・・色々そういうの抱えていたんだね?と言う。まあ、家にも戻りづらくなって、もともとお兄ちゃん子だった満島...
それでも、生きていく #06「招かれざる客」  (昼寝の時間)
公式サイト 今週も濃くってまとめきれなかったので、バラっと書きます。 耳に残った
『それでも、生きてゆく』 第6話 (美容師は見た…)
もう何~?こんなに憎たらしくて腹の立つ役どころを見るのは久しぶり。それだけ紗歩を演じる安藤サクラちゃんが見事だってことなんでしょうね。それとも、私が文哉に肩入れしすぎのせい?『ブザー・ビート』での相武紗季ちゃんもそうでもなく(再放送中で思い出す)、『流...
「それでも、生きていく」 第6話 招かれざる客 (トリ猫家族)
 いやいやいや・・・ここまで嫌らしく壊れた女を演じることができる女優がいるでしょうか・・・ 思わず殺したくなるような破壊力・・・やっぱ安藤サクラはスゴイよ。 「この人の ...
それでも、生きてゆく 第6話 (ドラマハンティングP2G)
「招かれざる客」 深見洋貴(瑛太)の母、野本(深見)響子(大竹しのぶ)は深見亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。日垣(深見)耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)を探すため洋貴が暮らす釣り船屋...
《それでも、生きてゆく》★06 (まぁ、お茶でも)
双葉が、目覚めると、そこには、兄の文哉がいた。 双葉、とちゃんと呼んでくれた。ここに居るのが分っていたら、お祭りやってたから、双葉が大好きだったリンゴ飴を買って来てやればよかったなと言った。 洋貴の所へは、隆美が、双葉を捜して来た。響子がいるので、驚い...
それでも、生きてゆく【第6回】フジ木10 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
招かれざる客  「反省って??なんでお兄ちゃんが反省するんだ。なんでそんなこと言うんだよ。たった二人の兄弟なのに。亜季ちゃんは天国に行ったんだ。生まれてこない方がよかったから…」by三崎文哉(風間俊介)。 ハイ、文哉マジキチ確定いたしましたっ!!!あぁそう...
「それでも、生きてゆく」6 ☆☆☆☆ (ドラマでポン)
いや「悪い」よ。 殺人犯のお金だって、盗ったら駄目! 他人様の金を盗って当然の女にめちゃくちゃ腹が立つのですが、ここは女の思惑通り、窃盗問題より「幼女殺人犯」という言葉 ...