レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平清盛 第41回 賽の目の行方

2012年10月21日 18時41分21秒 | 2012年ドラマ


『賽の目の行方』

内容
清盛(松山ケンイチ)たち平家一門と後白河法皇(松田翔太)を繋げていた、
建春門院滋子(成海璃子)が急死する。
と同時に、法皇の平家への態度はガラリと変わり距離を置き始める。
清盛は、娘・徳子(二階堂ふみ)と高倉帝(千葉雄大)の間に、
早期に皇子が誕生することを期待するしか無かった
そこで、清盛は、一定の力を持つ延暦寺・明雲(腹筋善之介)との関係を強化。
それからまもなくして、西光(加藤虎ノ介)の息子を狙った強訴が発生する。
法皇は、重盛(窪田正孝)に強訴を退けるよう命じるのだが。。。。。

そのころ、伊豆では、頼朝(岡田将生)に興味を抱き始める政子(杏)は、
境遇を聞き及び、奮起を促すのだが。。。。。

敬称略


“あやつは、わしの力を削ぎ、わしを退けて
 この国を操ろうとたくらんでおるのじゃ”


再び動き出した双六。

一方が賽を振り、それに応えもう一方も賽を。


ま。。。そんなところ。

今作らしさを上手く取り入れ、オモシロ味のあった“戦い”だったと思います。


根本的に、
なぜ、白拍子が?という疑問もあるのだが。

大人の事情も兼ねているのであろう。

実際、いなくても良い状態ですしね(苦笑)


そこはともかく。

残り僅かであるが、良い盛り上がりになってきた感じですね。

もう、細かい事は問うまい。


あとは、結末をどこに持ってくるか?だけである。



楽天ブログ版
第41回 

TBが飛ばない場合は以下へどうぞ

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3864.html

この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマイルプリキュア! 第3... | トップ | MONSTERS 第1話 »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事