レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民王 第一章

2015年07月25日 02時51分52秒 | 2015年ドラマ

『組閣』
「池井戸潤原作総理大臣がバカ息子と入れ替わり」

内容
民政党のドン・城山和彦(西田敏行)の力を借り、
ついに内閣総理大臣の座を手にして武藤泰山(遠藤憲一)
しかし城山からは“解散”を口にされ、短命の中継ぎで終わる風が。。。

なんとか総理の座を死守したい泰山は、秘書の貝原茂平(高橋一生)や
盟友の狩屋孝司(金田明夫)に、周辺の身体検査を命じる。
だが逆に。。。“お身内”と指摘される泰山。
実は、息子の翔(菅田将暉)が泰山に嫌気がさし、家に寄りつかず。
無国籍な飲食店“やみくも”で、女子力を磨きながら、居候していた。
泰山は、翔に注意するが。。。。。

翌日、経済産業大臣・江見よしのぶが失言。泰山は窮地に追い込まれてしまう。
早速、野党・憲民党党首の蔵本志郎(草刈正雄)から追及される泰山。
イラつく泰山。。。。痛む歯。。。。次の瞬間。。。

一方、“やみくも”には、怪しげな男たちが現れていた。
店主の闇雲渡(原金太郎)に、妻・郁代(池谷のぶえ)に黙って借金。
それを返せと迫られていた。勇気を振り絞り、翔は帰ってもらおうとするが。
逆に、保証人になれと迫られてしまう。
そんなとき、頭に郁代のフライパンが。。。。

頭で光りが。。。次の瞬間、泰山と翔は心と体が入れ替わってしまう

敬称略


原作は未読。

まあ。各局が、必死に原作をあさっている池井戸潤さんの作品らしい。

脚本は、西荻弓絵さん

監督は、木村ひさしさん


スタッフを見るだけで、“そういう作品”なのがよく分かります。

お堅い題材を扱ってはいるが、この枠では、最善の選択かな。



展開と演出次第では、鉄板の入れ替わりモノ。

気に入ったのは、知っている人間がいると言うことかな。

出来ない二人の助力を出来る人がいるってのは、

話しを無理なく展開するには、適切だよね。



しっかし。。。この親子。

遠藤憲一さんと菅田将暉さん。。。

現在、NHKで放送中の《ちゃんぽん食べたか》でも、親子役。

演技派の2人なので、この2人で丁度良い感じかもしれません。

それ以外のキャスティングも、

コミカルな演技も出来る人たちばかりで固めていますね。


久々に楽しめる深夜ドラマになりそうである。

トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 表参道高校合唱部! 第2話 | トップ | まれ 第102回 »

2015年ドラマ」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

【民王】第1話「組閣」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
これが俗に言う圧迫面接というものですか? 何が言いたいの? では、後学のためにぜひ伺いたい。 なに立ってんの? あんたが言う「貸し渋り」の定義とは何ですか? ここは私が質問する場だよ! 公的資金を投入されている銀行の面接官のくせに、そんな事...
「民王」第1話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
左の奥歯とフライパン。 第1話『組閣』ネタバレです。 民王 (文春文庫)池井戸 潤 文藝春秋 by G-Tools
民王 #01 (ぐ~たらにっき)
第1話
「民王」1 ☆☆☆ (ドラマでポン)
そっか「みぞうゆう」と読んだ首相はあのとき入れ替わってたのかw (とんだトバッチリw) 首相とバカ息子の入れ替わり~。定番、入れ替わりドラマに楽しい一本が追加になりました ...
民王(遠藤憲一)バカが総理で総理がバカで(菅田将暉)トゥットゥルー♪(本仮屋ユイカ) (キッドのブログinココログ)
これが・・・谷間でいいのか・・・。 まゆしぃは個人的に楽しむことにしたのだあ。 ・・・誰だよっ。 毎度おなじみの人格交換ものである。 理論的には・・・二つあるんだよな。 一つは・・・人間には魂があって・・・時々抜けおち、漂泊して・・・空いてる身体に入りこむ...
民王 (のほほん便り)
惜しむらくは、うっかり、初回。話題の「ミゾーユー」と入れ替わりの下りを見逃してしまったんのですが、以後、評判を聞いて、楽しみに観てます。本当に、池井戸潤、エンタメ・キャパが広いですよね。おそらく、例の「ミゾーユー」から、こんな入れ替わり物語を思いつくな...