レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

江~姫たちの戦国~ 第三十回

2011年08月07日 18時42分12秒 | 2011年ドラマ
『愛しき人よ』

内容
秀忠(向井理)、、、徳川家に嫁いだ江(上野樹里)
しかし、分かっていたとは言え、秀忠の偏屈ぶりに戸惑うばかりで、
娘・完や、、亡き夫・秀勝との思い出の品を眺める毎日を送っていた。

そんな状態を知らない義父・家康(北大路欣也)が、“嫡男”と口にすると、
秀忠は“励んでいる”と応え、、、驚く江。
とはいえ、“名ばかりの夫婦”という秀忠の言葉に、戸惑いを感じ始めていた。
それでもなんとかして“妻”となろうと考え始めるのだが、
どうも秀忠と馬が合わず、ため息ばかり。

ある日。初(水川あさみ)が、江を訪ねて、泣きつくのだった。
高次(斎藤工)に側室がおり、すでに男子がいたという。
それで大津の城を飛びだしてきたと言う初に、さすがに驚く江。。。。
ただ、ここぞと。。江は、秀忠とのことを、初に相談すると。
自分から頭を下げ夫婦となれと諭されてしまう。

だが、どうしても頭を下げることは出来ず。

一方の秀忠も、江のことが気になりながらも、どうしても素直になれず。
江が、いまでも、亡き夫・秀勝を慕い続けていると知り、
戸惑いすら覚え始めていた。


そんな折、秀吉(岸谷五朗)が、病で伏せていると秀忠より知らされた江。


敬称略



今回もダラダラと。


まあ。。。なんて言えば良いでしょうね。

これくらいのホームドラマが、ちょうど良い。。。

そんな感じかな。

江と秀忠の関係を終始、描いていましたので。



そう。
特に政治に口を出すわけでもなく、
秀吉が病気だからと、『天下』について、秀忠、家康に質問するわけでもなく


ホームドラマらしく、ドタバタと。

まさにホームドラマである


一番良かったのは、秀吉のもとに駆けつけなかったこと!!!

ですね。



ハッキリ言えば、『今まで』が、
ホームドラマとしての描き方では無かったと言う事だ。

主人公が歴史の中心人物となり、
あらゆる物事に関わってしまうのでは、

ドラマとして成立することはあっても、違和感しか感じないと言うことだ。

あくまでも、歴史の中心人物は、“一握り”しかいないわけであり、
だからこそ、歴史上の人物として名をはせているわけである。

あるときは、ヒーローとして。。。
またあるときは、その逆として。


今作に限らず、最近の大河にオモシロ味が無いのは、
歴史上の中心人物でもないのに、中心人物として描いてしまうこと。

あり得ない、奇を衒う演出程度なら、ドラマとして考えれば良いだけのこと。

が。中心でない人物を中心に据えた瞬間、

あまりの有り得なさに苦笑するだけでなく、
無理な演出により、歴史の“歪み”さえ、感じてしまうのだ。

たとえ、ドラマとして中心に据えていても、
本当の中心人物を支え、脇役であるコトを表現していれば
素直に納得出来るというのにである


ならば、ホントにやることは決まっているのだ。

そんな人物を中心に据えたドラマを作るんじゃない!

そうでなければ、主人公が歴史の中心ではないことをシッカリ表現しろ!

ということだ。



たとえば、2週ほど前から、
NHKでは“テンペスト”という作品が放送されている。

ドラマの主人公である部分と、その主人公の役割は
シッカリ表現されている。

ほんとは、その描き方こそが、、
歴史の中心人物ではない人物が、主人公である描き方である。


大きく脱線していますが。

今回のお話。

ハッキリ言えば、くだらなさを感じるのも事実ではあるのだが、
それでも、ドラマとして、

江の役割の描き方がシッカリ為されていた。

あくまでも、江は、、秀忠の“妻”なのである。
秀吉など、、天下人のご意見番ではありません!!(失笑)


歴史ドラマだからと、
無理に歴史に絡ませるくらいならば、


たとえ、くだらなさを感じることはあっても

これまでのこと”をある程度捨てることさえ出来れば。。。
今回のような、ホームドラマらしいドラマなら

最終回まで、なんとなく“それなりに楽しく”見ることは出来そうである。


ま。。。今回だけかもしれませんが(←ココが今作の悪いところ)

楽天ブログ
第三十回 

これまでの感想
第二十九回 第二十八回 第二十七回 第二十六回 
第二十五回 第二十四回 第二十三回 第二十二回 第二十一回 
第二十回 第十九回 第十八回 第十七回 第十六回 
第十五回 第十四回 第十三回 第十二回 第十一回 
第十回 第九回 第八回 第七回 第六回 
第五回 第四回 第三回 第二回 第一回 

トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 青の祓魔師 第十七話 誘惑 | トップ | 華和家の四姉妹 第5話 裏... »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

【江~姫たちの戦国~】第三十回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
江(上野樹里)は徳川家に嫁いだものの、夫・秀忠(向井理)との関係は最悪で、 前夫・秀勝の遺品や豊臣に預けてきた娘・完の思い出の品を取り出しては、 嘆き悲しむ日々を送っていた。 嫁いで10か月が...
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第30回 (日々“是”精進! ver.A)
めでたく“夫婦”になりました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108070002/ 江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.08.04 NHK出版 (2011-0...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆30秀忠の強かさに江はついに離縁を申し出たが秀忠の必死の行動に江はついに心を許し夫... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第30話は秀忠に嫁いだ江だったが、秀忠とは冷戦状態が続き、噛み合わない日々が続く。そんな中江は寝坊してしまうが、秀忠はお構いなしに次第 ...
江~姫たちの戦国~ 第30回 「愛しき人よ」 (青いblog)
新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は徳川家に嫁いだものの、夫・秀忠(向井理)との関係は...
江 第30話 (しなもにあ 2)
いやいやいやいやいや~~~~・・・ないでしょ~~~~~・・・・史実はどうなの?1
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第30話... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
夫婦になるための勝負-------!?なのに初日から寝坊をして、失敗してしまった江。あらら。早速突っ込まれることばかりやらかしてるし。(^^;)でも、嫁入りに完のおもちゃと秀勝...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第30話 感想「いとしき人よ」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
夫婦になるための勝負-------!? なのに初日から寝坊をして、失敗してしまった江。 あらら。 早速突っ込まれることばかりやらかしてるし。(^^;) でも、嫁入りに完のおもちゃと秀勝の形見を持ってきた江。 それはあかんやろ~(><) 続きを読む ...
「江 ~姫たちの戦国~」 第30回、愛しき人よ (センゴク雑記)
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第30回、愛しき人よ。 江と徳川秀忠が夫婦になるまで。
江 -姫たちの戦国- 第30回「愛しき人よ」 (あしたまにあーな)
徳川家に嫁いできた江ですが、夫の秀忠とは仲が悪く本当に悲しむ毎日を送っていました。しかし見せ方としてはほとんど悲壮感を感じさせずにユーモラスに描いているように見えます。まるでふたりがお互いに我慢比べをしているかのような印象すら覚えます。 家康を演じる北...
大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.30愛しき人よ (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第30回「愛しき人よ」 【あらすじ】 江(上野樹里)は徳川家に嫁いだものの、秀忠(向井理)との関...
〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第30回「愛しき人よ」 っていつまで姫やねん?! (しっとう?岩田亜矢那)
本編については、何ら語るべきとこ無し! て事で論点を変えよう。 「江~姫たちの戦国~」 というタイトルだけど いつまで江は姫やねん? 出家するまでは 「お姫様」?のつもり?? 秀忠にお姫様抱っこしてもらうの??? Yahoo!辞書の大辞泉で調べてみると 1 女子の...
〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第30回「愛しき人よ」 っていつまで姫やねん?! (こちら、きっどさん行政書士事務所です!)
本編については、何ら語るべきとこ無し! て事で論点を変えよう。 「江~姫たちの戦国~」 というタイトルだけど いつまで江は姫やねん? 出家するまでは 「お姫様」?のつもり?? 秀忠にお姫様抱っこしてもらうの??? Yahoo!辞書の大辞泉で調べてみる...
江~姫たちの戦国~第30話 「いとしき人よ」  (shaberiba)
1人幸せな結婚生活をしている--と思ってた初ですが・・ 夫の側室(やっぱいるのね---)に子供ができたらしい。 一方江と秀忠の中は相変わらず・・・。 1年間物間---仮面夫婦を演じてきたよう。 夜ひっ...
【江】第30回と視聴率「愛しき人よ」 (ショコラの日記帳)
【第30回の視聴率は、8/8(月)追加予定】予想通り、屋敷が火事になって、江を秀忠が助けてくれました。予想外だったのは、助けた後、秀勝の形見の短剣と手紙、完の風車を取りに、ま...
江~姫たちの戦国~ 第30回「愛しき人よ」 (平成エンタメ研究所)
 <寝坊><空腹><火事>  相変わらず、昔の漫画のような使い古されたエピソード。  敢えて狙っているのかもしれないが、ダサくありません? 空腹でお腹がグウゥと鳴るなんて。  江(上野樹里)の心のドラマはどうだろう?  <反感と意地><抱いてもらえない女....
江 姫たちの戦国史 第30話 (昼寝の時間)
公式サイト ちょっと夏バテ気味にて、いつもにまして簡単に。 前半は江と秀忠のラブ
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第30回... (徒然”腐”日記)
ダンナの誕生日ケーキを食べながらの視聴でした~~江30話あらすじは「江」公式サイトから文禄4年(1595)、江(上野樹里)は徳川家に嫁いできたものの、夫・秀忠(向井理)との関係は最...
江~姫たちの戦国~ 第30話「愛しい人よ」 (ぷち丸くんの日常日記)
江(上野樹里)は、徳川家に嫁いで来たものの、夫・秀忠(向井理)との関係は 最悪で、亡くなった前夫・秀勝の遺品や豊臣に預けて来た娘・完(栗本有規) の思い出の品を取り出しては嘆き悲しむ日々を送っていた。 そんな二人の状況を知らず「嫡男を」と期待する家康(...
江~姫たちの戦国~第三十話 愛しき人よ (V36スカイラインクーペが欲しい!)
地震というのはこのご時勢はばかられたのですかね 今回の話は、江と秀忠が本当の夫婦になるまでの一回である。そのきっかけは伏見の徳川屋敷の火災である。でも待てよ何か違和感 ...
江 姫たちの戦国第30話(8.7) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
ぎくしゃくとしていた徳川秀忠@向井理と江@上野樹里の夫婦が 火事をきっかけに距離が縮まったという話 うん、夫婦の関係が良好になっただけの話でしたね。 本当は火事ではなく、 伏見城を倒壊させた慶長の地震をきっかけにしたかったんじゃないかな。 でも、今のご時世...
対立から和解へ ~江・愛しき人よ~ (早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常)
早速徳川家に嫁入りした江。 しかし本多正信がやたら礼儀正しいんだが。 『女は年にかかわらず、寛容で礼儀正しければいい』とのこと。 秀忠は「どれも当てはまらぬ。」と受け流す。 けだしごもっともであ...