レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軍師官兵衛 第十三回

2014年03月30日 18時43分12秒 | 2014年ドラマ

「小寺はまだか」

内容
人質を出すことを渋る政職(片岡鶴太郎)を見て、
官兵衛(岡田准一)は、人質として我が子・松寿丸を織田家へと差し出す。
それからすぐ、秀吉(竹中直人)の軍勢が、姫路に到着。
城を全て明け渡すと告げる官兵衛に、
感銘を受けた秀吉は、義兄弟の誓紙を手渡すのだった
官兵衛のあまりの喜びように、
父・職隆(柴田恭兵)は危ういものを感じるが。。。。

大感激の官兵衛は、播磨の諸将のもとを訪れ、
すぐに秀吉に拝謁するようにと回り始める。
だが播磨で毛利家に与する者は現れず。
三木の別所家も、長治がやってこず、名代がやってくる。
そして小寺家も、政職がやってこなかった。

困惑する官兵衛は、政職の説得を試みるが、政職は説得に応じず。

そんなおり、半兵衛(谷原章介)が秀吉に、松寿丸の縁組みを提案。
話を聞いた官兵衛は、大喜びだったが、さすがの光(中谷美紀)も困惑気味。
職隆から官兵衛の性格を聞いた半兵衛は。。。。。。

敬称略



一応、職隆が説明しているので、ドラマとして説得力はあるのだが。


なにか。。。。。官兵衛。。。バカにしか見えない(笑)


最終的に、話の流れが流れなので、

そのバカにしか見えないことが、意味を持ってくるのだが。。。

そんな風に考えると、

わずかに強引さはあるものの、ドラマティックな展開で

なかなか、面白かったと思います。


先日の、別所の説得などに動いた官兵衛の話より、

今回の方が、分かりやすくて良かった感じ。


だからこそ、もう少し、官兵衛のらしさを、

いろいろな部分で魅せて欲しいですね。

そうすれば、無駄に説明など入れなくても、不自然さなども生まれませんし。


トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« ハピネスチャージプリキュア... | トップ | 花子とアン 第1回 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

【 軍師官兵衛 】第13回 「小寺はまだか」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
官兵衛(岡田准一)は、待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸ごと明け渡し、 秀吉から義兄弟の誓紙をもらう。 光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)は、ますます秀吉のためにと張り切る官兵衛に一抹の 危惧を抱く。 続いて官兵衛は、織田帰順の証しとして、...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第13回 (日々“是”精進! ver.F)
紙切れよりも、大事なこと… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403300001/ 【送料無料】黒田官兵衛価格:780円(税5%込、送料込)
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術13秀吉に姫路城を献上し官兵衛は政職と対面させるため策を打ち秀吉自ら出向かせ官兵衛... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第13話は姫路に入った秀吉に官兵衛は姫路城そのものを秀吉に献上して忠誠を示した。そして官兵衛は早速別所、小寺に秀吉に謁見するように申し出るが、 ...
軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」 (青いblog)
秀吉に城を明け渡した官兵衛。 すっかり秀吉と打ち解けて周囲に心配がられるほどに。 こうやって秀吉>小寺のようになっていくわけですね。何気に村重のキャラがよいです。そして聖書をただの紙だと言い切る半兵衛と、熱くなって斬りかかる官兵衛の対比が良い点 いよ...
軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」急ぎで... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
今日はもうひとつっ!! こちらも先週見れなかったんですが そして今日は最初の10分くらいは見れなかったんですが見ましたぞっっ!! 軍師官兵衛っっっっ!!!!ちょっと時間も...
軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」 (あしたまにあーな)
いつも良いときに目を覚まさせてくれるのが竹中半兵衛です。谷原章介もいい感じではまっていて冷静でありながらもその裏に静かに闘志を燃やし続けている、というナイスな演技をしています。今回のナイス竹中半兵衛は、秀吉から義兄弟と言われて有頂天になっている官兵衛を...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #13 小寺はまだか (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
播磨攻めの軍が到着。 そして、これからさらに反乱の日々が。 姫路城を秀吉に献上した官兵衛。
孫子・軍争篇に曰く、圍師必闕・・・と軍師半兵衛(谷原章介) (キッドのブログinココログ)
「軍争篇」は・・・戦場の駆け引きを説く「虚実篇」に続き、戦場における決め手と禁じ手を主題としている。 「圍師必闕」は末尾近くに登場する・・・戦勝を確定するための定石を説いている。 「四方を包囲した場合、必ず一方を開けておく」というのはいかにも矛盾した戦術...
軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」~この乱世を天下太平の世へと作りかえるのです。軍師、官兵衛殿 (平成エンタメ研究所)
 官兵衛(岡田准一)の短所は<夢中になるとまわりが見えなくなってしまうこと>  秀吉(竹中直人)に心酔するあまり、小寺政職(片岡鶴太郎)の気持ちがわからない。  短所=長所で、<夢中になれること>は良いことでもあるんですけどね、今回はマイナスに働いてしま...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第13話 (またり、すばるくん。)
第13回「小寺はまだか」  
軍師官兵衛第13話(3.30) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
播磨に進軍した羽柴秀吉@竹中直人に姫路城を差し出す黒田官兵衛@岡田准一。 喜んだ秀吉から義兄弟の誓紙を貰い、有頂天になる官兵衛だったが、 竹中半兵衛@谷原章介にたしなめられたと 姫路城を秀吉に差し出し、主君小寺政職@片岡鶴太郎や 別所長治@入江甚儀が秀吉...
軍師官兵衛 #13「小寺はまだか」 (昼寝の時間)
公式サイト 官兵衛(岡田准一)は、待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸
【軍師官兵衛】第13回感想と視聴率「小寺はまだか」  (ショコラの日記帳・別館)
「小寺はまだか」 前回、お休みしてしまって、すみません。 第13回の視聴率、関東