レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK土曜ドラマ『七つの会議』 第4回(最終回)

2013年08月03日 22時51分04秒 | 2013年ドラマ

『だれかが生き残る』
「だれかが生き残る~ついに明らかになる真実」

内容
会社の存続のため隠蔽工作と、製品の改修を始めた原島(東山紀之)たち。
だがついに親会社“フロンティア”に発覚してしまう。
八角(吉田鋼太郎)による告発だった。
フロンティア顧問弁護士・安達の聴取を受ける坂戸(眞島秀和)
すると坂戸は、自分には責任は無いと話し始める。
取引先のトーメイテックの江木恒彦社長(小木茂光)からの提案だったと。

話を聞いていた八角は、坂戸に嘘をつく理由は無いと考えるが。
フロンティアの木内(小野了)は、フロンティア、東京建電の生き残りをかけ、
全ての罪を坂戸1人に着せてしまうことを、八角に告げる。
その提案に、納得出来ない原島と八角は、坂戸から詳細を聞き出し、
独自の調査を開始する。
やがて、本当の首謀者と。。。信じられない真実を知る原島。
それは20年前の出来事だった。

敬称略


“過ちでは無い、コレは決断だ。社員を守る義務がある”

信じられない事実を知った原島は。。。ついに。。。



メンドーなので、総括気味で。

初回で、今回の40分過ぎの事態は分かっていたわけで、

まあ。。。見方によっては、ずっと引き延ばしていたと言える。

ドラマとしては、丁寧に描いていることは、描いているのですが。

実際問題、2回目の途中で、全てが分かっていたことなので、

丁寧と言えば、、、あまりに聞こえが良すぎる印象だ。


もちろん、ミステリーでは無いので、悪くないとは思います。

だからと言って、
この引き延ばしを“良し”とするほどの内容が有ったとも思えない。

引き延ばし作業は、どんなドラマでも付き物ですし、悪いことでは無い。

ただそこには、もっと“何か”が無くてはならないはずだ。


ほんとに、このドラマでは、それを描けていたのだろうか???

どう贔屓目に見ても、無駄としか思えないエピも混ぜられていたのは事実である。


あと。。。数話加えて。。。7話程度にするか。
逆に少なくして、2話程度にしていたほうが、

もう少し納得出来る作品になっていた可能性が高いと思います。


トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 斉藤さん2 第4話 | トップ | 獣電戦隊キョウリュウジャー... »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

七つの会議最終話(8.3) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
強度不足のネジが使われた製品を流通させてしまった東京建電、 事実の隠蔽と不良品回収を同時に進め、会社を守ろうとした原島@東山紀之に対し、 会社をあるべき姿に戻したい八角@吉田鋼太郎は親会社フロンティアに事態を報告、 親会社の力で建電を変えようとしたが、親...
【七つの会議】NHK土曜ドラマ 第4話(最終回) 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
一つお聞きしてもいいですか? これは個人的な興味なんですが。 原島さん、あなたはこの会社のどこをそれほど愛しておられたんでしょう? だってそうでしょう。 全てを投げうって正そうとしたんですよ...