レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真田丸 第31回

2016年08月07日 18時44分10秒 | 2016年ドラマ

『終焉』
「秀吉最期終焉家康暗殺」
内容
死期が迫る秀吉(小日向文世)
遺言として、五人の老衆、五人の奉行が決められる。
三成(山本耕史)は、秀吉の決めた老衆を、五人の奉行で抑えようとしていた。
特に、家康(内野聖陽)の動きに注視する三成。
しかし納得いかぬ家康が動いたことで、三成も。。。。
そんな対立に、心を痛める寧(鈴木京香)そして信繁(堺雅人)
そのうえ、秀吉が心配する秀頼に、茶々(竹内結子)が、会わせようとせず。
信繁は茶々の説得を試みるが。。。。

敬称略


秀吉サイドから考えると。。。家康が。。。。

逆に、家康サイドから考えると。。。。

でも、今作は、どちらかを悪に描くわけにもいかず。

だからと言って、善に描くわけでもなく。

ちょうど良いくらいのバランスで描いている感じですね。


以前も口にしていたが、

いまさらながら、家康が、戦について語ったのも、

今後を考えれば、致し方有るまい。


どちらかが悪であっては、

“真田家”いや“真田丸”も、困りますからね。


コミカルな部分、シリアスな部分を混ぜつつ、

良い塩梅のバランスで描いている感じですね。

ラストのアレコレなんて、ほんと秀逸ですし。

ほんとうに、面白く描かれていますね。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物戦隊ジュウオウジャー2... | トップ | 仰げば尊し 第4音 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い31秀吉死す!秀吉の遺言を巡り三成と家康の...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第31話は秀吉の死期が近づいたことで三成、家康との秀吉死後に向けたやりとりが行われていた。秀吉には既に政治する状況になく、全ては三成らが取り仕切っ......
大河ドラマ「真田丸」第31回 (日々“是”精進! ver.F)
家康を、殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201608070000/ 真田丸 完全版 第弐集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]価格:10727円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)
真田丸 第31回「終焉」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第31回「終焉」 あらすじ・・・・・・・
真田丸 第31回「終焉」 (あしたまにあーな)
今回は、家康のもの凄い作戦をみることができました。ほとんど正常な判断をすることができない秀吉に対して遺言状を書き直して自分の都合の良いように書き直させるというもの。こ......
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第31回「終焉」感想 秀吉だけではなく出浦盛清まで死...... (しっとう?岩田亜矢那)
昼間ポスティングぅで 秀吉が「天下一」と称した天下茶屋跡に居てて、 「あ~秀吉も今日死ぬんやな~」 と感傷に浸っていたけど、まさか寺島進演じる、 出浦盛清 まで死んじゃう......
【真田丸】第31回 「終焉(えん)」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
秀吉(小日向文世)の死期が近づく。遺言状をめぐり対立する三成(山本耕史)と家康(内野聖陽)。寧(鈴木京香)は権力争いに心を痛める。 一方、茶々(竹内結子)は、秀頼を秀......
真田丸 第三十一回「終焉」 (事務職員へのこの1冊)
第三十回「黄昏」はこちら。前回の視聴率は14.5%と過去最低。そのかわりにいつもの時間帯の都知事選の開票速報は20.0%。やっぱり娯楽なんだね都知事選(笑)。ちょっと驚くよう......
真田丸 第31回「終焉」~栄華を極めた男の人生の締めくくりとしては、いかにも淋しいも...... (平成エンタメ研究所)
 終焉を迎える秀吉(小日向文世)。  繰り返す言葉は「秀頼のこと頼む」  ただ、これだけしか言わない。  遺言状は本多正信(近藤正臣)や石田三成(山本耕史)に言われるがま......
日の本に花咲く秀頼、枯れて果てる秀吉・・・この世に罪などひとつもない(長澤まさみ) (キッドのブログinココログ)
豊臣秀吉が伏見城で逝去した時、朝鮮半島の蔚山城や順天城では加藤清正や小西行長が明・朝鮮連合軍と激戦を繰り広げていた。 織田・徳川連合軍と武田信玄の戦いの再来である。 信......
真田丸「終焉」 (のほほん便り)
本当に、小日向文世・秀吉、抜群に上手かったし、何とも言えぬ味がありましたね。 ひょうきんで陽気な面や残酷な部分と、二面性も素晴らしかったし、老残にも、どこかユーモア......
大河ドラマ「真田丸」 #31 終焉 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
一日遅れの真田丸。 そして、秀吉の死・・・。
大河ドラマ 感想 真田丸 第31回「終焉」 (架空と現実の雑記帳)
蝋燭の灯――。終焉を迎えようとしている秀吉様の生命の象徴として使われてました。灯を絶やさないように命じられていた信繁の前で、小早川秀秋くんが吹き消してみせるなど、コメ......
真田丸 第31話「終焉」 (昼寝の時間)
公式サイト 秀吉(小日向文世)の死期が近づく。遺言状をめぐり対立する三成(山本耕