レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八重の桜 第6回 会津の決意

2013年02月10日 18時39分55秒 | 2013年ドラマ


『会津の決意』

内容
桜田門外ノ変において大老・井伊直弼(榎木孝明)は、水戸浪士に暗殺される。
幕府では、水戸藩への処分を巡り紛糾。水戸討伐へと向かいかけるが、
会津藩主・松平容保(綾乃剛)の一言で、流れは変わり、討伐は中止へ。

そのころ、八重(綾瀬はるか)は、砲術の勉強だけでなく
薙刀の稽古にも、幼なじみの高木時尾(貫地谷しほり)らと励んでいた。

そんなある日のこと。
幼なじみの山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)の縁談が決まる。
相手は、会津家の名門の梶原平馬(池内博之)。いずれ家老となる重臣だった。


しばらくして、薩摩藩の軍勢が上洛。
その動きを見て、政事総裁職の松平春嶽(村上弘明)は、
京都守護職を置くことを決める。


敬称略


“徳川御宗家と存亡をともにするのが会津の勤め
 皆、覚悟をさだめ、わしに力を貸してくれ”


まあ。。。“結果”は、知っての通り。苦難の道。。。

その決断の刻である。


歴史ドラマとしては、なかなか、いい感じだとは思います。


これが《八重の桜》なのか?

という究極の疑問は、ついて回りますけどね。



楽天ブログ版
第6回 
トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« ドキドキ!プリキュア 第2話  | トップ | とんび 第5話  »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

会津の決意 (義風捫虱堂)
休み前の八重の桜 #6
大河ドラマ「八重の桜」第6回 (日々“是”精進! ver.F)
京都守護職を、拝命… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302100003/ 新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)吉海 直人 角川学芸出版 2012-04-24売り上げランキング : 22625Amazonで詳しく見る by G-Tools
【八重の桜】第6回 「会津の決意」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
八重(綾瀬はるか)の幼なじみ山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)が、 藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)に嫁ぐことが決まった。 江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に将軍の上洛(らく)を...
八重の桜 第6回 「会津の決意」 (青いblog)
松平容保、本物に似ているなぁ~ この写真。 ↓ 実際にこのひとが動いて喋ってるみたいでした。 で、会津が京都守護職を押し付けられる。 守護職についてからの会津の印象が強いので、こ...
『八重の桜』第6回 (悠雅的生活)
会津の決意
大河ドラマ「八重の桜」 #06 会津の決意 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
井伊直弼が暗殺され、京都に天誅の嵐が吹き荒れる。
大河ドラマ「八重の桜」 第6話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
容保、京都守護職へ-----------!!八重の周りは結婚ラッシュ!!縁談話に沸く皆。ついには八重にも!?と思いきや、どうやら八重に針仕事の先生をしないかというお誘いだったよう(^...
大河ドラマ「八重の桜」 第6話 あらすじ感想「会津の決意」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
容保、京都守護職へ-----------!! 八重の周りは結婚ラッシュ!! 縁談話に沸く皆。 ついには八重にも!? と思いきや、どうやら八重に針仕事の先生をしないかというお誘いだったよう(^^) 今は針仕事より鉄砲に夢中な八重。 結婚などまだまだ遠い話の....
八重の桜 第6回「会津の決意」やっぱり途... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
今日も途中から、そして見れたのはいいんですけど隣で子供が「あ、この人今ラストホープに出てるんじゃなかったっけ?」などと聞いてきたりしてあの、西田敏行さんが 時折感情がこ...
大河ドラマ「八重の桜」信念の人6会津の教えに容保は従うしかなく家臣が崩れる中で決死の覚悟を宣言し京へ向かった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第6話は八重は幼馴染の二葉と共にナギガタの稽古に励んできた。その頃江戸では井伊直弼暗殺により攘夷派の勢いが増すばかりだった。そこで幕府は京都守護 ...
『八重の桜』 第6話 「会津の決意」 (英の放電日記)
会津の決断  会津の御家訓(忠誠心)を盾に取り、松平春嶽は容保に京都守護職(厄介ごと)を受けるよう迫る。  頼母をはじめ会津の家臣たちは「京都守護職を受けるは、破滅の道を歩むこと」と容保に進言するが、義を貫く容保の強固な意志を受け入れる。  ………という...
「八重の桜」 第6回、会津の決意 (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第6回、会津の決意。 会津藩の運命を分ける分岐点。 松平容保が京都守護職に任命される。
八重の桜 第6回「会津の決意」 (昼寝の時間)
公式サイト 水戸藩を弁護したことで目をつけられてしまった容保。慶喜は父を助けてく
会津松平(保科)家・家訓、一つ、大君の儀、一心大切に忠勤を存すべし、列国の例をもって自ら処すべからず(綾瀬はるか) (キッドのブログinココログ)
江戸幕府二代将軍徳川秀忠の落胤である保科正之は兄である三代将軍家光によって会津藩祖となった。 この恩に報いるために定めたのが家訓(かきん)十五ヵ条である。 その第一条は「将軍の恩義に報いるために心を一つにして忠誠をつくし、他藩の動向に左右されることがあって...
八重の桜 第6回「会津の決意」~徳川ご宗家と存亡を共にするのが会津の務め。是非に及ばぬ! (平成エンタメ研究所)
 憲法というのは、権力者の暴走を防ぐものなのだそうだ。  たとえば、現在の憲法の第九条。  これによって、どんなに戦争をしたい権力者が現れても、日本は戦争が出来ない。  だから戦争をしたい権力者は憲法を改正しようとする。  会津藩にとっての憲法は<ご家訓....
八重の桜 第6回「会津の決意」 (D☆エディション)
八重も結婚適齢期。  まわりでは結婚話しが続きます。 八重の方は結婚より鉄砲です。 仕事や趣味を優先する現代人みたいですね。 そんな彼女を理解する相手が出来ればいいのです ...
八重の桜 第6回「会津の決意」 (あしたまにあーな)
ここ数回は八重の周辺は落ち着いており、政治の表舞台がクローズアップされています。世の中的な動きは比較的さらっと流れており、薩摩藩を中心とした主導権争いは島津家や西郷などがあまり登場することなく状況描写のみで勧められているのに対して、会津藩の中の様子がこ...
八重の桜第5話(2.10) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
上洛した薩摩藩の島津久光の働きかけにより 一橋慶喜@小泉孝太郎・松平春嶽@村上弘明は 将軍後見職・政事総裁職に就任、 桜田門外の変の際、松平容保@綾野剛が水戸討伐を 反対したことに感銘していた慶喜と春嶽は 京都守護職に容保を抜擢、 西郷頼母@西田敏行らが反対...
【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」 (ショコラの日記帳・別館)
【第6回の視聴率は2/12(火)追加予定】 「会津の決意」 京都守護職という大変
【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」 (ショコラの日記帳)
【第6回の視聴率は2/12(火)追加予定】「会津の決意」京都守護職という大変なお役目、容保、皆の反対を押し切って、受けてしまいましたね。これを受けるまでの松平春嶽(村上弘明)と...
八重の桜「会津の決意」 (blog mr)
 ふむ、京都守護職拝命ってあたり。  北村有起哉、山口馬木也とかっこいいおじさんたちが続々登場。  稲森いずみは、つくづく美人と見惚れる。  国広富之が出てるのは知ってたが見当たらないので、まだ先なのかな、と思っていたら、容保の家老だった。家老をやる年...