レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軍師官兵衛 第二十四回

2014年06月15日 18時39分37秒 | 2014年ドラマ

『帰ってきた軍師』
「“帰ってきた軍師”地獄の使者に変身?」

内容
有岡城の陥落で、播磨で残るは、三木城と御着城となった。
その三木城は、織田軍による兵糧攻めにより陥落寸前。
そんななか、使者として官兵衛(岡田准一)がやって来て、
城主・別所長治(入江甚儀)に決断を促す。
「家臣をまもるは、領主の勤め。歯向かう物は容赦はせぬ。それが織田のやり方」
官兵衛の説得に応じ、長治は開城を決断する。

秀吉(竹中直人)の陣に戻った官兵衛は、城に酒肴を贈るよう勧める。
それにより、播磨を治めやすくなると。
ただ、官兵衛の変わり様に、秀吉たちは、困惑気味だったが。。。
やがて、長治の自刃により2年にわたる三木城攻めは終結する。

そのころ、残った御着城では、
政職(片岡鶴太郎)を捨て、逃げ出す家臣らが出始めていた。
中には、職隆(柴田恭兵)を頼ってくる者も。
重臣達も、次々と小寺家を離反。
ついに政職は、御着城を放棄し、逃げだし。。。御着城攻めは終結した。

一方、幽閉から解放され、療養を終えて間もない官兵衛は、
亡き半兵衛に後を託されたこともあり、焦りを感じていた。
そんな夫・官兵衛を見て、光(中谷美紀)は心配するが。。。

そんな折、善助(濱田岳)ら黒田家臣団により、政職、斎親子が捕縛される。
職隆らは、政職の行いにより官兵衛が追いつめられたと怒りをぶつける。
すると、官兵衛は、助命懇願する政職に。。。。

敬称略



三木城攻め。。。かなりアッサリでしたね。

描かないよりは、マシかな。

ただ、個人的には、

政職への裁き。。。出来れば。。。小水くらい。。。。

あくまでも、個人的な好みですけどね。



ちなみに、“秀吉様の軍師”という言葉の方が、引っかかりましたが(笑)

いつから軍師になったんだ?

いつから秀吉と仲良しになったんだ?

ってね。


とはいえ。

どうでも良い信長部分は、今までになく抑えられ。

その一方で、

ホームドラマ風ではあるが、官兵衛部分が増えたのは喜ばしいことだ。

それだけで

“誰が主人公か?”が良く分かります。


っていうか

秀吉がいても、官兵衛がいないんだから、

信長のくだり。。。。必要無いだろ!!

全く不必要だとは思いませんが、必要とは思えません。

ナレーションか、秀吉が官兵衛に伝えるか、秀吉がおねに語るか。
官兵衛の家臣が官兵衛に伝えるか。

それで十分だと思いますよ。

歴史物として考えると、理解出来なくも無いが、

あくまでも、主人公は官兵衛ですので


トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« ハピネスチャージプリキュア... | トップ | ルーズヴェルト・ゲーム 第8話 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

大河ドラマ「軍師官兵衛」第24回 (日々“是”精進! ver.F)
地獄からの使者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406150000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込)
【 軍師官兵衛 】第24回 「帰ってきた軍師」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と 三木城の別所氏のみとなった。 官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような 冷徹さに秀吉(竹中直人)ら周囲は驚く。 一方、政職は城を放棄し逃げ出すが、善助...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術24ついに播磨平定!官兵衛は小寺から晴れて独立し一大名として再出発した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話は戦線に復帰した官兵衛は早速2年間籠城戦をしている三木城の別所長治の降伏に成功させる。一方裏切った小寺政職は御着城を逃げ出し、途中で官 ...
軍師官兵衛 第24回「帰って来た軍師」こち... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
と言いますか、今公式サイトも見たんですが せっっっっっかく半兵衛さん特集もありましたしあとは村重さん、だしさんについても2週間前から少し書きたいと思っていたのでまた後で...
軍師官兵衛 第24回「帰ってきた軍師」 (あしたまにあーな)
今回は播磨に残った反信長勢力が次々と破れていく様子をさっくりと描いています。三木城の兵糧攻めは世に知られた残酷な場面だと言うことで、上月城以上のもの凄い様子が映し出されるのかと思っていたのですが、兵士が飢えに苦しんでいる様子は1場面のみで、その後は別所...
「軍師官兵衛」 第24回、帰ってきた軍師 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第24回、帰ってきた軍師。 秀吉の下へと帰ってきた官兵衛は、半兵衛の代わりを努めるべく 軍師としての働きに奔走する。
軍師官兵衛第24話(6.15) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
織田に敵対した三木城の別所長治@入江甚儀は降伏して自害、 御着城の小寺政職@片岡鶴太郎は城を捨て逃亡、 逆に播磨平定に功のあった黒田官兵衛@岡田准一は一万石の大名になったと 播磨騒動始末編といったところでしょうか。 官兵衛は有岡城幽閉を機に雰囲気が変わる...
今はただ怨みもあらじ諸人の命に代わる我が身と思えば・・・と別所長治(岡田准一) (キッドのブログinココログ)
説明不要の責任者が自己犠牲に酔った辞世である。 二週連続辞世かよっ。 主君が家臣に名前の一部を与えることを諱と呼び、ある種の褒美にあたる。 別所長治の長は織田信長の長である。 信長は臣従した別所の総領に諱を与えて厚遇したのである。 しかし・・・情勢判断を誤...
軍師官兵衛~第二十四話「帰ってきた軍師」 (事務職員へのこの1冊)
第二十三話「半兵衛の遺言」はこちら。 前回の視聴率は16.0%。ほお、思ったより
軍師官兵衛 第24話「帰ってきた軍師」~憎い敵を斬らずして逃がす、それこそが官兵衛じゃ! (平成エンタメ研究所)
 地獄からの使者・官兵衛(岡田准一)はやっぱり良い人だった。  小寺政職(片岡鶴太郎)を逃がして、秀吉(竹中直人)に謝る。 「斬れませなんだ。それがしの甘さでございます」  これに対して秀吉。 「それで良いのじゃ。  憎い敵を斬らずして逃がす、それこそが官...
大河ドラマ「軍師官兵衛」第24話 (またり、すばるくん。)
第24回「帰ってきた軍師」  
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #24 帰ってきた軍師 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに政職との決別。 黒田家の発展のためには避けられない出来事です。
軍師官兵衛 #24「帰ってきた軍師」 (昼寝の時間)
公式サイト 播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と
軍師官兵衛 第24回「帰ってきた軍師」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
【軍師官兵衛】第24回感想と視聴率好調♪「帰ってきた軍師」 (ショコラの日記帳・別館)
「帰ってきた軍師」 第24回の関東の視聴率は、前回の16.0%より大幅に上がって