レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リバウンド 第1話 やせられない女

2011年04月27日 23時17分31秒 | 2011年ドラマ

『やせられない女』

内容
6歳の時、ケーキ屋で、運命を感じた大場信子
“ケーキ屋のお嫁さんになる!”

が。。。その後、岐阜で一番の豚カツを揚げる父・睦己(石塚英彦)
岐阜で一番料理が美味い母・智恵(伊藤かずえ)
“デブ”が、中学で人気だったこともあり、いつのまにか。。。。。デブ!!!

そして22歳で78キロ!
そんな信子(相武紗季)でも、好きな“彼”風見研作(勝地涼)ができる。
が!。。。。が。。。。が。。。。“デブ”だったことが問題でフラレてしまう。

一念発起。

33キロのダイエットに成功し、憧れのファッション誌“エデン”に就職!
“スリムになったら運も向いてきた!”

そんなある日のこと、ひょんな事から、
鬼編集長・森中蘭(若村麻由美)に
人気ケーキ店“アンジュ”の取材を命じられる信子。
主治医の神谷貴之(半海一晃)に“ケーキ依存症”と診断されていることもあり、
一口でも食べれば、リバウンドの可能性があり、絶対にケーキはダメ!
そこで親友の三村瞳(栗山千明)に頼み込んで、一緒に行ってもらうことに。

が。。。その“アンジュ”。。。
なんと、その店は、子供の頃、運命の出会いの店だった!!
“スイーツ王子”と呼ばれるオーナーパティシエの今井太一(速水もこみち)
彼によれば、信子が食べたケーキは、、父のケーキのよう。
試食は、瞳に任せたはずだったが、
つい、、、、つい、、、、太一に勧められ、信子は食べて、、。。。

が。。。。が。。。。違う!!

信子の批評で“感動が全く無い”と雑誌に掲載され、
“アンジュ”の評判は“イマイチ”とガタ落ちになり、
店は閑古鳥が鳴くようになってしまう。

蘭は、
“良いモノは、良い。ダメなモノは、ダメ。”と言いきるが、
どうしても気になり、信子は、再び“アンジュ”を訪ねるのだった。

なぜだか、ケーキ作りに協力をすることに。
ただ、、、太り体質の信子にとって、ケーキは厳禁。
それどころか、蘭の方針で、太ればクビになってしまう。

信子は、断ろうとしたのだが。。。。断り切れず、試食の毎日。
当然、ぶくぶくと太りはじめ。。。。。

敬称略


公式HP
http://www.ntv.co.jp/rebound/


太っていた女性が、ダイエット!

憧れの職場にも就職出来て、順風満帆!
と思っていたのだが、、、
取材に訪れたケーキ屋が、散々で。。。。

負い目もありケーキ作りの協力をすることになるのだが、
食べればすぐに太ってしまう信子は、悪戦苦闘!

太れば会社をクビになってしまう!!


そんな感じらしい。。。
コメディ。。。っぽいが、そこは“オマケ”で。


デブで人生を挫折しかけ、
ようやく、痩せて成功。...かと思われたが、再びデブになり挫折。
一方で、その女性のおかげで、挫折するパティシエの男。

挫折の中から、“何か”を見つける。。。

そんな、、ちょっと軽いヒューマンドラマ。。。のようだ。


基本的に、相武紗季さんのキャラ、、、というか
コミカルな演技だけで、半分支えている印象ですね。

ま、そこは、先ほども書いたように“オマケ”

今回は、
“つかみ”ということもあり、キャラで楽しく魅せよう!
なんていう感じが優先されているため、

ドラマとしては、正味。。。20分程度。。。かな。

ただ、
“はじめ”が無ければ、そのあとの“変化”も見えないわけで。

好みはあるだろうが、初回だから、この程度でも良いのかもね。

次回次第。。。。かな。



最後にヒトコトだけ。
見ていて、どうしても気になったのは。
ドラマの方向が、良く分からない。。。のだ。

コミカルにドタバタとするのは良いが、
そこが優先されすぎて、何をしようとしているのかが見えないのだ。

最終的に色々なことを天秤にかけて、
道を見つけるという感じになるのだろうが、

今回を見た限りでは
主人公の信子に、、、モノローグをてんこ盛りにしている一方で、
もう一人の主人公だろう太一が、前に出すぎている感じがします。

そら、二人三脚だとでも言いたいのでしょうが、
太一の人生に乗っかっているようにしか見えず、
そのうえ、恋バナにしても、どうも、、、イマイチで。。。

これは、主人公として行動していると言えるのかな??

太一が主人公で、信子がオマケに見えている感じなんですよね。
モノローグで訴えているのは分かっているけど、
もう少し信子の意志があれば、違うのだろうけど。....



TB出来ない場合は以下へお願いします。

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2457.html


楽天ブログ
第1話

トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 遺留捜査 第3話 12402歩 | トップ | おひさま 第22回 »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

絶対減量~完全無欠の恋人パティシエ~(リバウンド#1) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2011春ドラマ、何見よう?『リバウンド』優香というより麦芽・小出真保 特殊メイクより相撲取りみたいな声が(爆)岐阜県一番と評判のみそカツ屋「トントン亭」の娘で、静かにして ...
ドラマ「リバウンド」 第1話「やせられな... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
デブデブデブ--------。そういわれ続けた人生。ケーキ依存症で、やせられない女・大場信子登場----------!!うお!!これは面白そうな予感♪「絶対彼氏」コンビの復活♪また縁のあるパテ...
ドラマ「リバウンド」 第1話「やせられない女」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
デブデブデブ--------。 そういわれ続けた人生。 ケーキ依存症で、やせられない女・大場信子登場----------!! うお!! これは面白そうな予感♪ 「絶対彼氏」コンビの復活♪ また縁のあるパティシエですけど、それはそれ。 特殊メイクの相武ちゃんはすっか...
リバウンド 第1話 感想 (オタクと呼ばないで)
日本テレビ系ドラマ「リバウンド」第1話の感想など。相武紗季さんと速水もこみち さんで思い出すのが、ドラマ「絶対彼氏」。あのドラマも、バカバカしくてなかなか面白かった。さて、太っている状態の大場信子が、代役ではなくて相武紗季さんだとしたら特殊メイクの技術...
リバウンド 第1話「やせられない女」 (Happy☆Lucky)
第1話「やせられない女」
リバウンド~ハチャメチャなドタバタコメディを見たい! (平成エンタメ研究所)
 信子(相武紗季)のキャラクターが面白い。  美味しいスウィーツを食べると頭の中で鐘が鳴る。イマイチだと鐘ひとつ。  あらゆる食べ物のカロリー計算を瞬時に出来る。  デブの頃のクセかガニマタで歩く。  高校の時、ソフトボール部で、鬼編集長・森中蘭(若村麻由...
リバウンド (Akira's VOICE)
初回の感想 
リバウンド 第1話 (ドラマハンティングP2G)
「やせられない女」 6歳の時、あるケーキ屋で運命的なショートケーキに出会った大場信子(相武紗季)は、その後ひたすら“食べることが生きがい”なデブ人生を歩み続け、22歳で体重は78キロ。 しかし恋人・風見研作(勝地 涼)にフラレたことをきっかけに、1年で30キロ以...
リバウンド 第1話 (昼寝の時間)
公式サイト 脚本:遊川和彦/音楽:池頼広/チーフプロデューサー:田中芳樹/プロデ
リバウンド(第1話 4/27) 感想 (ディレクターの目線blog)
4/27から日テレで始まったドラマ『リバウンド (公式)』の第1話 『やせられない女』の感想。 あらら、意外に速水もこみちさんが… 自慢にもならないが、私は今井太一役の速水もこみちさんのドラマって『ごくせん』しか観た事ない。そこで本作も相武紗季さん...
リバウンド第1話(4.27) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
ケーキ依存症の主人公大場信子@相武紗季が ケーキ屋の今井太一@速水もこみちと知り合ったばかりに体重が変動する話 ぽっちゃりした女の子が男の子に恋をして、痩せようとする話かと思ってた。 そうかそうか、『ダイエット』じゃなくて、『リバウンド』だもんな。 『絶対...
「リバウンド」第1話の感想 (本とTVとDVDの感想日記)
 リバウンドの第1話を観ましたが、面白かったですね。主演の相武紗季さん、本来はスタイルが良いですが、太ってメイクをすると随分イメージが変わるんですね。  人間って、同じ人でも、痩せている時と、...
《リバウンド》#01 (まぁ、お茶でも)
なんと言っても見ものは、信子の太った特殊メイクです。 スマスマの「ゴロクミ」をほうふつさせる凄さです。 太るとこうなるのだとすると、痩せさせて見てみたい人は沢山出てきますね( ̄○ ̄;)!