レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サキ 第1話 接近

2013年01月08日 23時02分07秒 | 2013年ドラマ

『接近』
「美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒

内容
恋人・野中百合香(黒川芽以)と両親の墓参りをした帰り、
新田隼人(三浦翔平)は、妙な女性(仲間由紀恵)とすれちがう。
何かを感じる隼人。。。。。

雑誌記者をする隼人は、生き別れた姉を捜していた。
あるとき、その事を記事にした隼人。
それからというもの、“姉”を名乗る女性が、編集部に度々やってくるように。
しかし隼人には、“あること”により見分けることが出来ていた。
そんななか、網浜サキという女性が隼人の前に現れる。それは先日の女性だった。
「あなたの姉です」
誕生日を始め、素性を語りはじめるサキ。
そして両親が残したというお守りについても。。。。
まさにそれは、隼人が知らされていた証拠。
戸惑う隼人。。。。

だが、疑問を感じながらも、隼人はサキと会うようになっていく。
そんなとき、中川肇(姜暢雄)という男が現れ、サキを連れ去ろうとするが、
隼人は、それをふりほどき、なんとか逃げる事に成功する。
サキによると、看護師をする病院にいた元入院患者で、ストーカーらしい。
話を聞いた隼人は、知り合いの弁護士・野村康介(萩原聖人)を紹介する。

敬称略


公式HP
http://www.ktv.jp/saki/



2011年01月期《美しい隣人》の。。。サキの復活。

といっても、同一人物なのか?など、詳細は不明のまま。

まあ。。。主人公俳優を同じにして、サスペンスを作っちゃえ!

そんなところでしょう。


だから。。。と言うわけでは無いだろうが、脚本は違う。

今作は、渡辺千穂さん。

その影響も少しはあるのだろうが、
《美しい隣人》に比べると、主人公がサキとなっているためか、

主人公の二面性、いや。。。三面?がハッキリした感じですね。

そのせいもあって、
演出が同じでも、見方。。。視点。。。切り口が違えば、
新鮮味がありますね。

サスペンスとしてのオモシロ味も、違って見えるのが、面白いところだ。

個人的には、堂々巡りをしているようにしか見えなかった状態よりは、
今作の魅せ方の方が好きかな。

。。。好みですけどね。

楽天ブログ版
第1話 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 純と愛 第81回 | トップ | NHKよる☆ドラ『書店員ミチ... »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

サキ #01 (ぐ~たらにっき)
『美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒』
【サキ】第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
人は幸せよりも苦しみを覚えている。 傷つけたことより傷つけられたことを覚えている。 きっと彼らは覚えていないのだろう。 私と会うのが二度目だということを。 サキ 第1話      2011...
サキ 第1話の感想 (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系で放送された「サキ」第1話の感想などこのタイトル、もうちょっと工夫できなかったものかと思いましたが、「美しい隣人」を見ていた人の多くが流れてくると思われるので、これでもいいのかな。さて、第1話からグッと引き込まれました。まだまだ網浜サキ(仲...
サキ (第1話・1/8) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系ドラマ『サキ』(公式)の第1話『美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒』の感想。 柳の下にドジョウはいるか? 3人中2人の演出家は同じだし、音楽も池頼広氏だから、『隣...
サキ 第1話「接近」 (D☆エディション)
『美しい隣人』のサキが帰ってきた!?マイヤーの旧姓が網浜だってことですが、はたして同一人物なのか?小児科の看護師をし、生き別れの姉として記者の新田隼人に近づく目的は。 ...
サキ 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
総合病院の小児科の看護師・網浜サキ(仲間由紀恵)は、天使のような笑顔と仕事ぶりで、患者さんや同僚から頼りにされているようです。 しかし、彼女の住んでいる部屋は、看護師だけの給料でやっていけるも...
「サキ」 第1話 接近 (トリ猫家族)
『人は幸せよりも苦しみを覚えている。 傷つけたことより、傷つけられたことを覚えている。 きっと、彼らは覚えていないのだろう。 私と会うのが2度目だということを』  つい ...
サキ (AKIRAのドラマノート)
初回の感想
「サキ」1 接近  ☆☆☆ (ドラマでポン)
赤ワインを呑む女。 誰かが死ぬと誕生年産ワインを開ける様です。ってことは、冒頭のアワビでワインも誰かが死んだ、取り寄せて残してある牛肉の分少なくともこれから4人は死ぬと ...