レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

八重の桜 第3回 蹴散らして前へ

2013年01月20日 18時40分43秒 | 2013年ドラマ

『蹴散らして前へ』

内容
安政4年。帰国した兄・覚馬(西島秀俊)から、覚悟を決めるよう促され、
ついに八重(綾瀬はるか)は、砲術の勉強を本格的に始める。

ある日、八重が木の上で砲術の本を読んでいたところ、
毛虫に驚き、本を落としてしまう。
そこに偶然にも覚馬の友人・尚之助(長谷川博己)が通りかかる。
尚之助は、覚馬が進めようとしている蘭学所に協力しようとやって来たのだった。
象山(奥田瑛二)に話をしてきた尚之助は、
“蹴散らして前へ進め”という象山の言葉を覚馬に告げる。

覚馬は八重に砲術を教えつつ、蘭学所開設の準備を進め、ついに許可が下りるが、
どうしても尚之助の教授方就任の許可が下りない。
そんななか、鉄砲について馬鹿にされた覚馬は。。。。。。

その後、藩重役に呼び出された覚馬は、禁足を命じられてしまう。

敬称略


主人公が八重。。。の物語としては、どうかとおもうが。

時代を表現し、主人公の周りを表現しようとすれば、

ある程度、仕方ないのかも知れません。


ってか。。。。完全に、覚馬が主人公だよね。。。これ。


楽天ブログ版
第3回 

トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« スマイルプリキュア! 第4... | トップ | とんび 第2話  »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

大河ドラマ「八重の桜」第3回 (日々“是”精進! ver.F)
一人でも、やり続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301200005/ 八重の桜 一山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2012-11-27売り上げランキング : 1709Amazonで詳しく見る by G-Tools
蹴散らして前へ (西徂庵)
八重の桜 第3話 覚馬の回だった。。。
【八重の桜】第3回 「蹴散らして前へ」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
桜の木の上で砲術本を読みふける八重(綾瀬はるか)。毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまう。 すると、そこへ一人の青年武士が通り、本を拾い上げる。 それは江戸から覚馬(西島秀俊)を支えにやって来た...
大河ドラマ「八重の桜」信念の人3八重は自ら見様見真似で実弾を作り見事的を狙って実弾を命中させた (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第3話は八重は裁縫よりも砲術本を読む事に夢中になっていた。そんな中若い武士が通りかかり本を拾い上げる。その人こそ後に夫となる尚之助だった。尚之助 ...
『八重の桜』 第3話 「蹴散らして前へ」 (英の放電日記)
「何かを始めようとすれば、何もしない奴が必ず邪魔をする。  蹴散らして、前へ進め!」(象山)  確かにそうだ。  文化的、産業的には革新は必要である。  「変わらなければならない」  しかし、それが地球的となるとどうなのか?はなはだ疑問に感じてしまう今日こ...
八重の桜 第3回 「蹴散らして前へ」 (青いblog)
今日はなんといっても覚馬ですわな。 よく俳優さんが上半身裸になるので撮影までに鍛えて来ることがありますけど 想像以上の鍛え方でびっくりました@@ 覚馬 「鉄砲は腰抜けの使う道具でねえ」 ...
大河ドラマ「八重の桜」 #03 蹴散らして前へ (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
鉄砲を学ぶことが決まった八重。 それを教える覚馬も緊張の面持ち。
NHK大河ドラマ「八重の桜」 第3回「蹴散らして前へ」感想 (空色きゃんでぃ)
開国か否か!日本が揺れている! ぷるんぷるん! 八重もおにいちゃんに鉄砲を教わることに! かっちょいい(*´∀`*) 撃つとき目瞑っちゃう八重。わかる~撃ったことないけどw 目玉くりくり可愛いw 覚馬お兄様は失礼な侍と決闘! 鉄砲撃ちは下に見られてたん...
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
今日は八重さんが尚之助さんと出会う回ですね。桜の木で砲術の本を読んでいたら、毛虫が本の上に落ちて来た。八重さん、毛虫は苦手だったのですね(^^)驚いて本を落とすのですがえっ...
大河ドラマ「八重の桜」 第3話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
開国か否か-----------!?揺れる日本。その時代に夢をみた兄妹。会津で蘭学所を開くことにした覚馬。準備は着々と整ったよう。兄の指導を受けることになり、女子としての針仕事もあり...
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 (昼寝の時間)
公式サイト 落とした本を拾う・・・なんという少女マンガチックな出会い(笑)。 覚
〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 徳川家定はインパルス板倉ではありません (しっとう?岩田亜矢那)
この時点で八重は12~13歳。 綾瀬はるかは比較的童顔とは言え、さすがにちょっと無理がありますな。 これが大河ドラマの悩みどころ、 いったいどこまで子役で引っ張るかと。 まあ、それよりも今回の一番強烈な印象を残したのは 江戸幕府第13代将軍の徳川家定。 確...
『八重の桜』第3回 (悠雅的生活)
蹴散らして前へ
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 (あしたまにあーな)
始まって3回目を迎え、ようやく物語としても落ち着いてきてストーリーの組み立て方が分かってきたように感じます。八重の周辺、会津藩の様子、そして世の中の動向という3部構成で成り立っていて、今はまだ大きな変化がない八重の周辺を他の2つの内容で補っているという構...
「八重の桜」 第3回、蹴散らして前へ (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第3回、蹴散らして前へ。 何かを始めれば必ず邪魔する者が現れる。 蹴散らして前へ進むのだ。 今回は、邪魔をされた話。
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」~「古い。あなた方は世界を知らぬ。まるで井の中の蛙だ」 (平成エンタメ研究所)
 尚之助(長谷川博己)は言う。 「会津は頑固ですから」  頑固なうえに、会津は葵紋の使用を許された御親藩の保守。  東北の地にあり情報も入りづらい。  だから、江戸で新しい世界を見てきた覚馬(西島秀俊)と衝突するのは当然であろう。  新しいことをしようとす....
マッチョ、マッチョマ~ン、だけんじょ、凝視せねばならぬものはならぬのです(綾瀬はるか) (キッドのブログinココログ)
現在の銃には弾丸があり、弾丸には薬莢がつきものである。 しかし、そうした形式が発明されたのは天保七年(1836年)頃であり、実用段階に達したのが弘化七年(1847年)頃で、普及したのは安政五年(1858年)頃になる。 これによって坂本龍馬はガンマンになることが可能になった...
八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 (D☆エディション)
何かを始めようとすれば何もしないやつらが必ず邪魔をする。 蹴散らして、前へ進め――。 今回、象山が語った言葉です。 先を進む者は理解されず、それでも進まないといけない。 今 ...
【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」 (ショコラの日記帳・別館)
20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました
【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして... (ショコラの日記帳)
20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました。当選番号の一覧はこちらです。 第3回の視聴率は、第2回の18.8%より下がって、18.1%でした。続落...
泣くな、はらちゃん第1話 & 八重の桜第3話(1.19-20) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
・泣くな、はらちゃん第1話 私生活の鬱憤を漫画にぶつける越前さん@麻生久美子、 そんな越前さんの鬱屈した気持ちを直撃し、暗くなっている漫画の中の世界を救おうと、 漫画の登場人物はらちゃん@長瀬智也が活躍する話らしい 岡田惠和脚本だったか。小説か漫画が原作か...