レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平清盛 第40回 はかなき歌

2012年10月14日 18時34分25秒 | 2012年ドラマ

『はかなき歌』

内容
承安4年、福原の大輪田泊が完成。
清盛(松山ケンイチ)の夢みた日宋貿易が本格化する。
そして清盛は、後白河法皇(松田翔太)と建春門院滋子(成海璃子)を
厳島神社へと招くのだった。
そこで清盛の思い描く国造りを聞いた法皇は、
自身との違いを痛感し始めるのだが。。。滋子は、役割を語り。。。

そのころ、法皇は、今様を集めた“梁塵秘抄”を編纂していた。
今の世には役だたぬが、後の世に残すことは出来ると。
それこそが、自分を慰め、楽しませてくれると滋子に告げるのだった。

一方で、西光(加藤虎ノ介)や成親(吉沢悠)は、平家の慢心を感じていた。
それを見てとった滋子は、法皇と平家を取り持ってくれと。。。。

敬称略


完全に、フラグ。。。。ネタフリの回ですね。

ま。いろいろとあります。

これからである。

そう。。。“これから”なのである。


ただ、それであるが故、
ドラマとしての盛り上がりは、イマイチな部分もあるのだけど。

そのあたりは、仕方の無いことであろう。

ほとんど無関係、、、だとか、。。。無関係なことを描いているわけでは無く。

これからにとって重要なのだから。


楽天ブログ版
第40回 

TBが飛ばない場合は以下へどうぞ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3844.html
この記事についてブログを書く
« スマイルプリキュア! 第3... | トップ | TOKYOエアポート~東京... »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事