レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ST赤と白の捜査ファイル FILE01

2014年07月16日 23時06分20秒 | 2014年ドラマ

「オレ様刑事と弱気な警部が難事件をズバリ解決!最高の相棒刑事ドラマ誕生」

内容
捜査一課の菊川吾郎(田中哲司)筒井桃子(柴本幸)らが
現場検証をする妙な遺体の現場に。ズカズカと踏み込んでくる男がいた。
騒然とする一同。男は警視庁科学捜査班“ST”の赤城左門(藤原竜也)だった。
赤城は、死体を一瞥して、殺人だと断言する。
困惑する菊川達に、
“税金泥棒”と罵った上で、殺人と断定するに至った理由を説明する。
死因は、毒殺だと。
「以上。反論のある者は?皆無!」
そこへ、慌てて赤城の上司の百合根友久(岡田将生)がやってくる。
自分勝手すぎる赤城に注意しても、一切、聞く耳を持たない赤城。
そんな赤城に、ホトホト困り果てる百合根だったが、
それ以上に、百合根を困らせていたのは、
“ST”設立に関わった三枝俊郎(渡部篤郎)が、警察を辞めたこと。
そのうえ、幹部から“ST”の存続理由を問われていたことだった。
能力は認めながらも、成果は少ないと。

そんななか、被害者の笹本雅彦だけでなく、
その直前に、杉田英吉と言う男が、同じような殺され方をしていたと分かる。
ただし、ゾンビのように動き出したらしい。
捜査会議が開かれるのだが、百合根の横には“ST”のメンバーはいなかった。
しばらくして青山翔(志田未来)結城翠(芦名星)黒崎勇治(窪田正孝)
そして山吹才蔵(三宅弘城)の4人のメンバーが、
我が物顔で、会議にやってくる。
いきなり、山吹が調合したという毒を黒崎が飲み、ゾンビを再現する。
騒然とする捜査会議。
するとそこに、捜査本部長の松戸紫織(瀬戸朝香)理事官が現れる。
山吹たちの毒物の説明に、納得する松戸たちだったが、
青山が、“ぼくらの指示どおりに捜査をしろ”といったため、
監査役の松戸ににらまれ、捜査会議を閉め出されてしまうのだった。
百合根は、愕然とするしか無かった。

だが、独自に捜査をする赤城は、街中に百合根を呼び出し、
近くに居る篠崎治という男を聴取しろと、いきなり命じる。
事件の第一発見者だという。
やがて、被害者2人が、
八神秋子(加藤夏希)というモデルに付きまとっていたと分かってくる。
笹本は、パパラッチ。杉田は、ストーカーだった。

敬称略


原作は未読。

昨年の4月に放送されたスペシャルドラマの。。。続編、連ドラ化。

脚本は、SPに続き、渡辺雄介さんのようだが。

連ドラとなると、リレーになるかな?


さて、お話は。

若いがエリート警部の百合根が

天才的な科捜研の分析官だが、対人恐怖症で、傲慢な赤城左門

と。。変人刑事たち。。。“ST”を率い、

振り回されながらも、事件を解決していく。。。


そんな感じかな。


キャスティングが若すぎるので、そう言う意味での違和感はあるが。

登場人物のやりとりも含めて、若干軽めなのが“魅力”なので。

逆に、若さが、いい感じで効いていると考える方が、適切でしょうね。



天才分析官だが、対人恐怖症で、ひきこもりの赤城左門。

天才プロファイラーで犯罪心理学のエキスパートで、ちょっと不潔好きの青山翔

化学の専門家で、異常な嗅覚、格闘も秀逸だが、先端恐怖症の黒崎勇治

化学の専門家で、不眠症の僧侶、山吹才蔵

物理の専門家で、異常な聴力、閉所恐怖症の結城翠

それぞれが、トリプルAの能力を持ちながらも、
集団行動が、全く出来ない人たち。。。。

たしかに、変人だらけ。


だから、面白いし、。。。凄いのである。

コミカルなところも、良い感じだし。

それでいて、真面目な捜査も描いているし。

それぞれの活躍の場もシッカリ描いているし。

音楽が上手くはまっていて、

メリハリを生みだし、結構楽しかったと思います。

事件も、捻りがあって、面白かったしね。




この記事についてブログを書く
« 警視庁捜査一課9係(9)第2話 | トップ | 若者たち2014 第2話 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事