レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最高の人生の終り方~エンディングプランナー~ 第3話

2012年01月26日 23時14分40秒 | 2012年ドラマ

『嫁vs姑バトルと涙』

内容
妹・晴香(前田敦子)から“男祭”への参加を命じられる真人(山下智久)
去年までは、失踪中の兄・健人(反町隆史)が参加していたという。
葬儀屋は地域密着が大切。。。と言われ弟・隼人(知念侑李)と参加する事に。
その祭で花屋の香川夕子(磯野貴理子)忠(小浜正寛)夫婦や、
姑・澄子(草笛光子)を見かける。
あいかわらず仲が悪く、気がつけばケンカをしている夕子と澄子。
さすがに真人たちも戸惑うしか無かった。

翌日。“お清め”をもって長峰(水上剣星)の高円寺署を訪れた真人。
その帰り、優樹(榮倉奈々)のもとに相談に訪れた夕子がいた。
澄子が家出をしたという。
人騒がせだと夕子は呆れかえり、捜索願を出して帰って行く。
店に帰った夕子、、、そこに優樹から連絡が入る。
澄子の遺体が軽井沢で見つかったと言う。

優樹、長峰とともに軽井沢へ向かう夕子に付き添う真人。
霊安室で澄子を確認し途方に暮れるのだが、思わぬ事を知らされる。
同じロッジにいた男性と一緒に一酸化炭素中毒で死んだのだという。
高井良彦(前川泰之)。。。。星矢という名のホストらしい。

家に帰った夕子は、澄子がホスト遊びをしていたことに怒り
「お義母さんがいなくなって清々した」と、、、真人に告げる。
が。。。翌日、葬儀の話で夕子のもとを訪れた真人は、
澄子の前で涙するのを見かけ、ホントの気持ちを知るのだった。

敬称略



前回よりは、マシ。。。かな。

一応、主人公動いているし(←ここ、最も重要)


まあ。。“いい話”にまとめることは、分かっていることなので

それほどサプライズ感などが無いのが、ちょっと残念なのですけどね。

とはいえ、

“いい話”ならば、こんなところでしょう。

ドラマとしては、
主人公の行動にも理由があるし、悪くなかったと思います。


ただまあ。。。そのお話を腰を折るかのように
いろいろと、無駄ネタを挟み込むのが、痛いところ。

どのことかは言いませんが。。。。大人の事情である。

きっと、今後アレコレと繋げるんでしょうけどね。。。

そのときは無理矢理繋げてこないことだけを祈ります。

ただ、、その無駄ネタ。。なんだよね。
明らかにテンポを悪くしてるんですよね。

ネタフリは、良いのだけど
もう少し、ナントカならないのかな。。。


楽天ブログ版

第3話 

この記事についてブログを書く
« 最後から二番目の恋 第3話... | トップ | デカ黒川鈴木 第4話 脱出... »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事