レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真田丸 第14回

2016年04月10日 18時43分18秒 | 2016年ドラマ


「大坂」

内容
徳川軍に勝利した真田家であったが、
その戦いの中、信繁(堺雅人)は、妻・梅を亡くしてしまう。

思わぬ大敗に怒り心頭の家康(内野聖陽)
新たな手を打ち始めるさなか、家康に衝撃的なしらせが入る。
重臣の石川数正(伊藤正之)が出奔。
敵対する羽柴秀吉(小日向文世)のもとに走ったのだ。
そのことで、家康の真田攻めは中止、秀吉への対応を迫られることに。
だが、地震の発生により、秀吉も家康攻めを中止し。。。

直後、家康は、人質にしている昌幸(草刈正雄)の弟・信尹(栗原英雄)を
召し抱えてしまい。。。。

そんななか、天下をほぼ手中にし、“豊臣”を名乗るようになった秀吉は、
諸国の大名に上洛を命じる。

上洛を命じられた昌幸は、信幸(大泉洋)らとの議論の末、先送りを決断。

一方、同じく上洛を命じられた上杉景勝(遠藤憲一)は、苦渋の決断。
信繁、兼続(村上新悟)を引き連れ、上洛することに。

敬称略

 

情報量が多いね。

いや、正確には、色々と盛り込みすぎていると言った方が良いか。

っていうか、

アレも、コレもと、描きすぎだよね。

とりあえず、そのあたりは、きりも含めて、横に置いておくが。


気になったことが、ひとつ。

石川数正と信繁の部分だ。

数正の言では、昌幸の策略がある事になっている。

正直、それが事実かどうかなんて、どうだって良いコト。

重要なのは、その“策”を見せて、魅せなかったことだ。

あまり言いたくないが。。。

信繁と景勝が、度々話し合う場面を作るならば、

そういう“真田家”こそが、今作が描かなきゃならない場面じゃないのか??

そう、今作は《真田丸》なのである。

意味が分からない。


そのうえ、頭が痛いのは、あまりに信繁を画面に出し過ぎていることだ。

たしかに、主人公なのも分かるんだけど、

物語がないがしろになっている印象が強い。


全体的に、悪くないと思うんだが、

紹介を盛り込みすぎですね。

 

トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 動物戦隊ジュウオウジャー9... | トップ | とと姉ちゃん 第7回 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」 #14 大坂 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
家康を撃退しものの、天下は秀吉のものになろうとしています。 歴史の表舞台に登場する人々がたくさん出てきます。
大河ドラマ「真田丸」第14回 (日々“是”精進! ver.F)
信繁、大坂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604100001/ 歴史秘話ヒストリア 徹底解明!これが“真田丸"だ ~地中に残された幻の城~ [ 渡邊あゆみ ]価格:3,078円(税込、送料込)
真田丸 第14回「大坂」 (あしたまにあーな)
これまでの息をのむ徳川との戦が一段落し、落ち着きを取り戻した後の大坂編。前回までがはらはらドキドキの展開であったのに対して、今回はややまったり感が出てしまっているという印象をどうしても持ってしまいます。それは昌幸の采配とか明日はどうなってしまうのかわか...
【真田丸】第14回 「大坂」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
物語の新たな舞台は大坂。 天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が、全国の大名に服従を求めていた。 上杉景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛。信繁(堺雅人)も景勝に付き従う。 徳川家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も強大な秀吉の前に決断を...
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い14昌幸は秀吉からの上洛の要請を断るも信繁が景勝の上洛に同行した事で信繁が代理を務める... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第14話は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、景勝もまた秀吉に服従していた。そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由 ...
真田丸 第十四回「大坂」 (事務職員へのこの1冊)
第十三回「決戦」はこちら。前回の視聴率は18%超えとはいかなくて17.5%にとどまった。朝ドラの「あさが来た」最終回は27.0%まで駆け上り、ネットではヒロインが死んだのかどうかという「タイタニック」のときと同じような騒ぎになっているとか。番組改編期ということ...
真田丸 第14回「大坂」~秀吉登場! 秀吉は昌幸、景勝に続く三番目の父親になるのか? (平成エンタメ研究所)
 信繁(堺雅人)は石川数正(伊藤正之)に言う。 「先が読めないのは皆同じです。  だから必死に生きているんです。  人を騙したり裏切ることもあるでしょう。  でも、それは善とか悪で計れるものではないと私は思うのです。  石川様、とりあえず先に進みましょう」 ...
私の罪を若さだと云う人もいれば私の魅力を若さだと云う人もいるのね(長澤まさみ) (キッドのブログinココログ)
物語の中で人が感じる世界のカタチはそれぞれである。 たとえば・・・世界というものが・・・人を矯正するというイメージを抱く人がいる。 その遠因を徳川幕府による長い平和体制によるものだと推察する人もいるだろう。 きりという登場人物のキャラクターはそういう考え...
真田丸 第14回「大阪」とか その他ちょこ... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
まずは またしてもブログでもプロフでもお返事、本日は書く時間の余裕がなくてですねm(__)m、今少しそのままにしてしまうのをお許し下さいませ。昨日はブログをお休みしたのですが ...
大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」 (架空と現実の雑記帳)
上杉家の人質になっている信繁(堺雅人)が景勝と一緒に大坂に行くと知った”大名でもない”昌幸父さん(草刈正雄)は、秀吉を知る絶好の機会と大喜び。おまけに、人に好かれる才能を持つ信繁を褒めちぎり。
真田丸 第14話「大坂」 (昼寝の時間)
公式サイト 物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が
【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」 (ショコラの日記帳・別館)
「大坂」 第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でし
【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」 (ショコラの日記帳)
「大坂」第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でした。関西の視聴率は金曜か土曜、北海道の視聴率は次の日曜辺りに追記予定です。 上杉景勝(遠藤憲一)が秀...