レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あすなろ三三七拍子 第八話

2014年09月02日 21時50分20秒 | 2014年ドラマ

「さよなら山下先輩…“連れ”とは何か?」

内容
新学期が始まり、大介(柳葉敏郎)たちは団室で、野球部の勝利を喜んでいた。
あとひとつ勝てば、ケイガク。
齊藤(反町隆史)は、団員の応援を褒め、焼き肉をおごると言い始める。
が、直後、応援に来ることが出来なかった山下(ほんこん)が現れ、
齊藤は不機嫌になり、“お前なんか連れでもなんでもない”と帰ってしまう。

そのころ、沙耶(剛力彩芽)が入ったコトだけでなく、
徐々に指導部の評判が上がり始めていると事務局長に告げられ原(森口瑤子)
だが、問題が1つ有ると言われてしまう。。。。そう。。。OBだった。

そんななか、山下から誘われる大介。
大阪にいる母の具合が悪く、単身、次の日曜、大阪に帰ることになったと。
どうしても、齊藤に言い出せず、怒っていると言う。
大介は、送別会をしようと齊藤に連絡を入れるのだが、
「あんな奴連れでもなんでもない」と拒絶。
大介たちは、どうして良いか分からなくなってしまう。

同じ頃、チア部では、
練習中に小泉紫乃(長谷川ニイナ)を支えようとした玲奈(高畑充希)が負傷。
自分が悪かったという玲奈に、紫乃は自分のミスを認めた上で、
「私たち仲間じゃ無いんですか?」と。。。。
その言葉にショックを受ける玲奈。

一方、齊藤を説得しようと大介は、齊藤の仕事先へと。
担当する作家・森田幸作(長谷川初範)の新刊発売イベントだったのだが、
会場で、森田と犬猿の仲の原が遭遇してしまい。。。

敬称略



応援団のエールのおかげか。。。。野球部は勝っている。。。。。らしい。


う~~~~~~~~~~ん。。。。。。。。。。。。。。。。

そこを削除ですか!?

たしかに、話に大きな影響は無いと思いますが。

そこですか???

今回の齊藤&山下の言葉で、大介達の成長はわかるんだけど。

せめて、そこを1度でも魅せなきゃ!!!

だって前に団が応援したのって、3週ほど前の、定期戦でしょ?

あれ?2週?

その後、沙耶のこと、大介のことを描いただけだし。。。。

今回までの「繋がり」を、もう少し見たかったぞ!!!

ってか、時間飛んでる!!!

それが一番大きかったりする。


脳内補完出来ないわけじゃ無いから、良いけどね。


大介達の成長があるからこそという話と。

玲奈の。。。。という話が、良い感じで絡んでいるので、

話としては、ホントに良く出来ていると思います。

ベタだけど、完成度が高い。


だからこそ、若干、抜け落ちていることが、残念だよね。

トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 花子とアン 第134回 | トップ | 東京スカーレット~警視庁N... »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

あすなろ三三七拍子 #08 (ぐ~たらにっき)
『さよなら山下先輩…“連れ”とは何か?』
【 あすなろ三三七拍子 】 第8話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
お前、「連れ」はおるか? 友達ですか? 友達なんてそんなふやけたもんと違うわ。 もっと深いんや 「連れ」は。 連れ合いの「連れ」 道連れの「連れ」… 大学 出るとき東京残ろう思うたんは齊藤がおったからや。 連れなんや。わしとあいつは。 けど、連...
あすなろ三三七拍子 第8話 (ドラマハンティングP2G)
9.2 OA #08「さよなら山下先輩…“連れ”とは何か?」 夏休み明け、秋の首都圏大学野球連盟杯の応援に行っていた藤巻大介(柳葉敏郎)たち応援団は、野球部の勝利を喜び、上機嫌で団室に戻ってくる。齊藤裕一(反町隆史)は団員たちの成長を褒めて焼き肉をおごると言い出...
あすなろ三三七拍子「さよなら山下先輩…“連れ”とは何か?」 (のほほん便り)
ヨカッタね、あすなろ三三七拍子。低視聴率ながら、支持層の熱さを記事にしてもらえて… 出演者やスタッフの一生懸命さが伝わってくる分、報いられてヨカッタなぁ、気分になったのでした。どうやら、野球部の試合は勝ち進み、あとひとつで、宿命のケイガクとの対戦の模様...
あすなろ三三七拍子 #08 (昼寝の時間)
公式サイト 山下は具合の悪い母親の面倒をみるために、次の日曜日に単身で大阪へ戻る