レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天皇の料理番 episode1

2015年04月26日 23時33分51秒 | 2015年ドラマ

「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…」

内容
福井県、武生。明治37年、正月。
秋山周蔵(杉本哲太)のもとに家族が集まっていた。
東京の大学で、弁護士を目指す長男・周太郎(鈴木亮平)も帰郷。
そこへ。。。。仏門に入っていたはずの次男・篤蔵(佐藤健)が、
僧侶らに運び込まれる。破門だという。
酒に酔い、坊主墓を倒すという、愚行を働いたらしい。
わずか3ヶ月。。。
周太郎、三男・蔵三郎(森岡龍)そして母・ふき(美保純)は呆れかえり。
父・周蔵は、篤蔵を怒鳴りつけて。。。。庭の木につり下げてしまう。
そんな篤蔵に、“コレというモノを見つけろ”と諭す周太郎。

何をしても長続きしない篤蔵を、さすがに心配する周蔵。
そこで周蔵は、鯖江の昆布問屋“松前屋”の婿養子を取りつける。
祝言は十日後だという。
さすがに相手の顔が見たいと、四男・耕四郎(佐藤和太)と松前屋へ。
すると。。。店から美しい女性(石橋杏奈)が出てきたことで大喜び。

そして十日後、祝言の日を迎える。
が、初めて顔を合わせた高浜俊子(黒木華)に固まる篤蔵。
そこへ、先日の女性。。。俊子の妹・光子が現れ、ようやく間違いに気付く。
祝言の途中逃げ出そうとする篤蔵を捕まる蔵三郎。
そして周蔵が懐から薬を取り出し。。。

篤蔵が目覚めると布団の上。
すると、近くに居た俊子が告げる。
「うちから、お断りしましょうか」
よく妹と比べられ、間違われることがあると言う。
その言葉に、兄とよく比べられる篤蔵は、俊子に素直に謝罪。
俊子に対し共感を覚え。。。。。。

早速、主人の高浜金之介(日野陽仁)のもとで働きはじめた篤蔵。
はじめは、仕事だけで無く、俊子との生活も楽しんでいたのだが、
徐々に、篤蔵の本当の顔が現れ始める。
そんなある日のこと。鯖江連隊に配達に出掛けた篤蔵は、
厨房から漂ってきた嗅いだことの無い匂いに惹かれていく。
そして厨房を任されている田辺祐吉(伊藤英明)と出会うのだった。
牛肉を料理するという田辺がつくり上げたカツレツを、
勧められるがまま口にした篤蔵は、衝撃を受ける。

敬称略


脚本は、森下佳子さん

演出は、平川雄一朗さん

そして、プロデューサーは、石丸彰彦さん

と。。。この局じゃ、黄金コンビですね。

だからと言って、間違いは無いとは言いません。

でも、原作が原作。。。そして描く物語が物語なので。

そう。オリジナル作品では無いので、

ほぼ間違いは無いと言っても過言では無いだろう。


ひと昔、そしてふた昔前に、作品は作られているが。

それはそれ、これはこれ。


実際、金を使って、シッカリ作っているのが分かりますしね。

俳優も揃えているし。

丁寧に作っているのも分かるし、間違いないだろう。


トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 花燃ゆ 第十七回 | トップ | まれ 第25回 »

2015年ドラマ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

天皇の料理番 #01 (ぐ~たらにっき)
『~時代を超える人間の愛と命の感動物語~   どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…』
【天皇の料理番】第1話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
篤蔵。 お前は、いっつもそうだな。 学ぶということができぬ。 できぬことがあるとすぐに我流を押し出す。 癇癪を起こし、揚げ句の果てにはできぬことをつまらぬと言いかえ、強弁する。 相場師でも坊さんでも、つまらぬと思わず続けていく人は大勢いる。 その人達...
「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人1篤蔵は料理と出会った事で運命を感じ家を飛び出して東京で料理人としての一歩を兄周太郎の紹介で... (オールマイティにコメンテート)
「天皇の料理番」は実在した料理人秋山徳蔵をモデルとしたドラマで地方の大地主の次男として生まれた男が破天荒な人生を歩みながらも天皇の料理番になるまでを描いた実話のストー ...
天皇の料理番 (第1話・4/26) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系『天皇の料理番』(公式) 第1話(初回2時間スペシャル)『~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 ...
天皇の料理番「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てな… (のほほん便り)
原作、『天皇の料理番』は、1979年に出版された、杉森久英による小説。過去、3度にわたりテレビドラマ化された名作なのですね。個人的には、エネルギー過剰すぎるのか、最初は不良というか、規格外だった個性が、「これぞ!」な道を見つけて、のぼりつめていく軌跡は、な...
天皇の料理番 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
1904年(明治37年)の正月、福井の秋山家では、父・周蔵(杉本哲太)の元に弁護士を目指す長男・周太郎(鈴木亮平)も帰郷して、家族で祝いの膳を囲んでいました。 唯一の心配の種が、仏門に修行に入った16歳の次男・篤蔵(佐藤健)でした。 その不安は的中して、祝...
天皇の料理番 第1話 (ドラマハンティングP2G)
「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てなき夢…」 4月26日 日曜よる9時 初回2時間スペシャル 明治37年 (1904年) 正月。 福井の秋山家は、父・周蔵 (杉本哲太) を筆頭に、弁護士を目指す長男・周太郎 (鈴木亮平) も帰...
天皇の料理番~俊子役の黒木華さんの静かな演技が秀逸 (平成エンタメ研究所)
 高浜俊子役の黒木華さんが上手いんですよね。 ・篤蔵(佐藤健)が美人の妹を結婚相手と勘違いしたことを知った時のリアクション~彼女はそれを受け入れる。 ・変顔。 ・篤蔵が自分との結婚の喜びを語ってくれた時のうれしそうな顔。 ・のめり込みやすく、飽きやすい篤....
天皇の料理番第1話(4.26) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
杉森久英原作だそうですが、原作未読 天皇の料理番にまで上りつめた秋山篤蔵@佐藤健の修業と成長を描くドラマ 初回は、寺で修行するも破門され、 結婚して婿養子になるも仕事に精を出さなかった篤蔵が 初めて食べたカツレツの味に感動、料理人の道を志し家族を捨て出奔、...
【天皇の料理番】初回(第1話)感想と視聴率好スタート♪  (ショコラの日記帳・別館)
「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への
【天皇の料理番】初回(第1話)感想と視聴率好... (ショコラの日記帳)
「~時代を超える人間の愛と命の感動物語~どうしようもない男が百年前に見た料理への果てしなき夢…」初回(第1話)視聴率は、15.1%(関東)。「アイムホーム」(初回16.7%)に次ぐ第2位...
天皇の料理番 第1話 簡単感想 (昼寝の時間)
公式サイト 原作:杉森久英 「天皇の料理番」脚本:森下佳子/演出:平川雄一朗、岡