レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相棒11 第18話 BIRTHDAY

2013年03月13日 21時49分01秒 | 2013年ドラマ

『BIRTHDAY

内容
甲斐警察庁次長(石坂浩二)に呼ばれた右京(水谷豊)
誕生日にもらった菓子を処分してくれと言う。
息子の享(成宮寛貴)に気づいてもらいたいのかと考えた右京だったが。。。

特命係にいた享は、米沢(六角精児)から、“暇つぶし”として
妙な轢死体の写真を見せられていた。
バイクにはねられたようなのだが、最近雨も降っていないのに、全身ずぶぬれ。
遺留品はジャムの小瓶に入った、妙な白い物体。
白い物体を享に試食させた後、右京がいないと分かると米沢はその場を後にする。

次長室を出た右京は、その後、いつものように“花の里”に立ち寄っていた。
そこで近くの階段に座る少女(中山凛香)を見つける。
その少女は、自らを“家出少女”だと呼ぶ。
妙なモノを感じ、右京は、享を呼び。。。家出少女を自宅へと送ることに。

そのころ、12歳を迎えた鷲尾隼人(加藤清史郎)が行方不明に。
財務官僚の父・武弘(古川悦史)と母・美鈴(古村比呂)は、警察を呼んでいた。

自宅マンション近くで、車から降ろしてくれと言う少女は、
元気に感謝を告げ。。。走り去っていく。
無事に中に入ったのを確認し、帰ろうとしたところ、
右京は、目の前の一軒家の不審さに気づく。
扉や窓が開け放たれ、声をかけても誰もいなかった。
享の聞き込みで、瀬田江美子(左時枝)というしっかり者の女性が住んでいた。
すると右京は、小学生の男の子がいた可能性について言及する。

そんななか伊丹(川原和久)ら捜査一課は、あるアパートを訪ねていた。
強盗殺人容疑で指名手配されている大場三郎(榊英雄)を
かくまっていた恋人・咲子宅だった。

敬称略


↑もう、どこまで書いて良いか分からなくなってしまった。



今回は、古沢良太さん


これは、凄いですね。

まあ。。。単純に並べれば、ただのベタな事件ですが。

一捻りふた捻りしながら、魅せ方も凝っているため、

かなり秀逸な物語に仕上がっていますね。


それだけでなく《相棒》として魅せるため。

多くの登場人物に役割を与え、
主人公の右京&享を中心に、見事に構築。魅せている。


シリーズ上でも、同様の魅せ方のエピソードは、いくつかあるが。

今回が、一番かも知れませんね。

捻り方が凄い!!

練りに練ったエピソードだったと思います。


まさに“誕生日”である。

傑作ですね


この記事についてブログを書く
« 純と愛 第136回 | トップ | シェアハウスの恋人 第9話... »

2013年ドラマ」カテゴリの最新記事