レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

江~姫たちの戦国~ 第三十七回

2011年09月25日 18時47分12秒 | 2011年ドラマ

『千姫の婚礼』

内容
わずか3歳で次女・珠が前田家に嫁ぎいでから1年あまり、
江(上野樹里)は、夢で度々うなされ、、、いまだに立ち直れずにいた。

一方、大坂では、秀頼(武田勝斗)に年賀の挨拶に来ない家康(北大路欣也)に
不満を感じる。。。。大野治長(武田真治)
ようやく2月になり、新年の挨拶にやって来た家康は、
秀頼、淀(宮沢りえ)に対し、忙しかったと白を切ってみせるのだった。
そんな家康に対し、関ヶ原の合戦での転封の不満を述べる大野。
また京の二条の城普請に対しても言及し、問いただすが。。。。聞き流す家康。
すると家康は、朝廷より征夷大将軍に任ぜられたと報告をする。
“最も肝要なのは、諸大名を束ねること”であり、
秀頼が関白を襲名するまでの“仮の将軍”であると言ってのける。
「違えることは断じてない」と。


やがて、家康が将軍となったという知らせを受けた江は、疑問を呈するが、
秀頼に繋ぐための“繋ぎ役”であると本多正信(草刈正雄)は説明する。
それとともに、秀忠(向井理)は、長女・千(芦田愛菜)が、
秀頼の元に輿入れすることになったと告げる。
それは、淀を押しとどめるためでもあるとも秀忠は語るのだった。
これが“和平の証し”となってくれれば良いと秀忠は、江に話すが。。。。
本心では、、、違った。父・家康の策略であると考えていた。

同じ頃、大坂では、千の輿入れに対し、大野は家康の策略と読むが、
淀は、考えた末。。。受け入れると宣言。

そんな折、江は、千の輿入れに大坂に行きたいと秀忠に懇願。
身重であるため、大姥局(加賀まりこ)は反対するが、
秀忠は、、、了承する。


そして、、、輿入れの準備が進む中。
知らせを聞いた初(水川あさみ)は、苦悩していた。
徳川、豊臣両者に反旗を翻した夫・高次(斎藤工)
姉妹2人に顔向けが出来ぬと。。。

やがて、伏見の家康の元に到着した江は、
なぜ千が嫁ぐことになったのかと、、、、問いただすのだが。。。。


敬称略



あいかわらずの政治好きではあるが、
まあ。。。今回は、娘を輿入れしているし、

ようやく、悪くはない“政治好きの江”になったとは思います。

ただまあ。。。そこは許せるんですけどね。

どうしても違和感があるのは、

今作、、、家族だ、、娘だ..とか言っているわりに
主人公の江は、関心を向けている印象が、あまりないことだ。

そう。

もしもそこに江の“母の愛”が描かれていれば、
ここまでの違和感は感じなかったはずなのだ。


今作の場合、ホームドラマを一方で語りながらも、
その描き方は中途半端で、どうしてもそれが
のちのち。。。。今頃になって、違和感となってあらわれてくるのだ。

それは、千に対してだけではない。当然、、、完に関しても同じ。

今回だけを見れば、
悪くない物語であっても、納得出来ないのは、

やはり今作が、約1年にわたる連続ドラマ。。“大河ドラマ”であるからである。


物語がバランスの良い描き方が為されるようになり、
悪くない雰囲気になりつつあるだけに

ほんと、、、おしいことをしている。。。。。。それだけである。


楽天ブログ

第三十七回 
トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 青の祓魔師 第二十四話 魔... | トップ | バラ色の聖戦 Stage.4 »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

【江~姫たちの戦国~】第三十七回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
家康(北大路欣也)が征夷大将軍に任じられ、淀(宮沢りえ)と大野治長(武田真治)は警戒を強める。 不安を覚える江(上野樹里)に、秀忠(向井理)は、長女・千(芦田愛菜)の秀頼(武田勝斗)への こし...
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第37回 (日々“是”精進! ver.A)
子を、託す・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109250003/ NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 Blu-ray BOX 第壱集 posted with amazlet at 11.09.22 アミューズソフトエンタテインメント ...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37話... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
徳川と、豊臣の架け橋に-------------!!前田家に輿入れしたという千の妹の珠の夢を見たという江・・・。・・・で、珠はこれだけの扱い?うわぁ、薄いなぁ。まぁ今回はメインが千姫だ...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37話 感想「千姫の婚礼」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
徳川と、豊臣の架け橋に-------------!! 前田家に輿入れしたという千の妹の珠の夢を見たという江・・・。 ・・・で、珠はこれだけの扱い? うわぁ、薄いなぁ。 まぁ今回はメインが千姫だから仕方ないか。 はい!! 今回から愛菜ちゃん再登場♪<emoji co...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆37家康ついに征夷大将軍に!千姫と秀頼の婚礼で三姉妹最後の対面となった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37話は征夷大将軍に任命された家康は江の娘千を秀頼に嫁がせる事を決める。それを心配した江は自ら千の輿入れについて行くと言い出し、江は ...
江 姫たちの戦国史 第37話 (昼寝の時間)
公式サイト 「千姫の婚礼」の通りの内容でした・・・と、今回の感想はこれで終わりた
大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.37千姫の婚礼 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第37回「千姫の婚礼」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、次女・珠を政略結婚で前田家に嫁がせ...
江37話 (しなもにあ 2)
毎週のようにお子をぽこぽこ産んでる江来週も生まれるのかいなー!春日局でるねっしか
「江 ~姫たちの戦国~」 第37回、千姫の婚礼 (センゴク雑記)
大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第37回、千姫の婚礼。 家康が征夷大将軍に任命~秀頼・千姫の婚礼。 久しぶりに江の出番多め?
〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第37回「千姫の婚礼」 完子演じる山本舞香は少女時代の双葉 (しっとう?岩田亜矢那)
完子演じる山本舞香 麗しかったなー! 三井のリハウスのCMの時はもっと おこちゃまって感じだったけど 着物が似合うのかな~、意外とこのコ。 「リハウスガール」と言えば ご存知!初代は宮沢りえ。 は~っはん、その縁で引取って実の子同然に育て上げたか? 山本舞香...
江 -姫たちの戦国- 第37回「千姫の婚礼」 (あしたまにあーな)
ここ数回の江は、子供を授かっては誰かに嫁がせたりして離れてしまうことの繰り返し。見ている方としても、どこかで見たことがあるような場面だとは思いながらも、10秒程度で終わるお産シーンののちに一緒に眠る我が子の構図を、今回も見ることになります。 今回は世の中...
【江】第37回と視聴率「千姫の婚礼」 (ショコラの日記帳)
【第37回の視聴率は、9/26(月)追加予定】今回は、千姫だけでなく、いろいろな娘のことが、盛り沢山でした。千(芦田愛菜)は、7歳で、秀頼へ輿入れしました。でもその前に、3歳で、...
江~姫たちの戦国~第37話「千姫の婚礼」 (shaberiba)
----私は、父上と母上のお役に立ちとうございます---- こんな小さくても自分の立場を理解してる千姫は偉すぎっ!! 演じる愛菜ちゃんの可愛さも手伝って尋常じゃない愛らしさだわ とはいえ母としては---辛...
江~姫たちの戦国~ 第37回「千姫の婚礼」 (平成エンタメ研究所)
 千(芦田愛菜)の婚姻のことで、江(上野樹里)が主人公の物語になっている。いつもこうであってほしいのだが……(笑)。  内容としては、政治の道具にされて幼い娘と別れなければならない母親の悲しみ。  「私は父上、母上の役に立ちとうございます。泣いてはなりま...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第37回... (徒然”腐”日記)
会合から帰って来て眠い目をこすりながらの視聴でしたえぇ、面白かったら眠くなんかならないんですけどねあらすじは江 公式サイトから慶長8年(1603)正月、次女・珠を政略結婚で前田...
江~姫たちの戦国~ 第37話「千姫の婚礼」 (ぷち丸くんの日常日記)
慶長8年(1603年)正月。 大坂では、秀頼(武田勝斗)に新年の挨拶に来ない家康(北大路欣也)に、 大野治長(武田真治)はいら立っていた。 2月になってようやく現れた家康は、近く朝廷より征夷大将軍に任じられるという 驚きべき報告をする。 その知らせは江...
江 姫たちの戦国第37話(9.25) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
「珠に続き千、 娘を政の道具にしなくてよい世は来ぬものか・・・」 徳川家康@北大路欣也が征夷大将軍に就任、 豊臣と徳川の絆を深めるため、 長女千@芦田愛菜が豊臣家に嫁ぐことになり、 江@上野樹里が千や豊臣家の行く末を案じたという話 秀忠@向井理の諦めに似たつ...
江~姫たちの戦国~第37回感想 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
思わず へぇ~~~~~~~~‥‥‥  と 後半見入っておりました。千姫さんが秀頼さんのところに嫁ぐお話でした。ごめんね、やっぱり芦田愛菜ちゃん そんなに好きじゃなくて(^^...