レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南極大陸 第10話(最終話)

2011年12月18日 22時22分39秒 | 2011年ドラマ

『終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!』

内容
昭和34年、星野(香川照之)氷室(堺雅人)の計らいで
第三次観測隊に参加する事になった倉持(木村拓哉)
“奇跡”を信じて、“宗谷”に乗り込むのだった。

やがて南極圏に到着し、白崎(柴田恭兵)は“宗谷”で目指しつつ、
空輸で越冬隊と物資を運び込む作戦を立て、
天候が回復し、安全な距離になったとき、偵察へ向かうよう倉持に命じる。

敬称略


すでに知っていることを見ているだけですし、
どんな描き方をしても、奇跡は起きるため、

そういう意味での期待感は、全く無いのだが。

まあ、、、なんていうか。。残念なくらい?
今までと同じく主人公を立てて、物語を描いたと思います。



さて、もう今までに、総括気味で、何度も感想を書いているので、
特に書くことがない最終回なのだが。

しっかし、、、、

犬、犬、犬。。。って、それが登場人物たちの中心になっている描き方をして、
犬の擬人化を、“これでもか!”と描くならば、
なぜ、もっと、そういう物語作りにしなかったんだ??

それに尽きます。

回想で混ぜたり、セリフで混ぜたり。
必死に補強しているのも分かるけどね。

ここ2回ほどで描いて来たように、
犬たちが人間のことを思っているほど、人間はそれほどでもないんじゃ?

そういう見え方になってしまっている。

いまさら、一部の回想で絆だと言われてもね。。。。


回想で何かを感じることが出来るのは、
そこに、ホントの意味での物語が描かれているときである。


最後に。
あまり言いたくないのだが。
それこそ、某映画を完全リメイクした方が良かったんじゃ?

3時間前後編くらいの合計6時間くらいのドラマで。


これまた言いたくないけど。
某映画のほうが、必死に生き抜こうとしている姿は伝わってきましたよね?

人間ばかり描写してるから、こんな事になるんだよ。

え?主人公は人間だから仕方ない?

そのとおりである。

でも、奇跡を起こしたのは、あくまでも、犬でアリ、
人間ではないんですよね。

奇跡で感動させたいなら、奇跡を起こした犬を描かなきゃ!



念のため、最後の最後に書いておくが。

俳優が誰であろうが、こういう作りにしたら、
結局、同じ印象にしかならなかったと思います。

犬より、俳優。。。いや、、、芦田愛菜ちゃん!?

なんか、いちばん印象に残ってしまった。。。。タロジロよりも。。。


楽天ブログ版
第10話(最終話) 


TBが飛ばない場合は以下のURLへ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3153.html

トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« スペシャルドラマ『坂の上の... | トップ | マメシバ一郎 第12回(最... »

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

「南極大陸」未知なる世界への挑戦は続く奇跡の再会に岳志は犠牲になった犬たちを見送りこれからの未来へ希望を託した (オールマイティにコメンテート)
「南極大陸」最終話は再び南極大陸へ向かった岳志は犬たちが生存しているわずかな希望を持って向かった。2度の航海で様々な対策が取られ空路で岳志は昭和基地へ降り立った。そし ...
南極大陸 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!』
TBS「南極大陸」第10話(最終回):終幕 ~時を超えて… 52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!! (伊達でございます!)
  「52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」の「結末」が、よくわからない最終回でした。10話を費やしながら、この時代において日本が、そして世界が、国策という名のもと、南 ...
『南極大陸』 最終回 (美容師は見た…)
90分も要らないと思いながらも、長く感じませんでした。ほとんど泣いてましたから。・゜・(*ノД`*)・゜・。 タロ・ジロより、リキーーー!やっぱり死んじゃうのーーー(ノ゜ο゜)ノ これは人間と犬の物語。人も犬も同じ命。生きる。。。生きる。50年経った今、スカイツリ...
ドラマ「南極大陸」第10話(最終回)感想... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
奇跡-----------!!再び南極へ向かった宗谷と倉持。仲間の想いも乗せて------------------!!激しい揺れを感じた後、目の前には白夜が広がり、ついに宗谷は北極圏へ!!想いを馳せるのは犬...
ドラマ「南極大陸」第10話(最終回) 感想「終幕~時を超えて…」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
奇跡-----------!! 再び南極へ向かった宗谷と倉持。 仲間の想いも乗せて------------------!! 激しい揺れを感じた後、目の前には白夜が広がり、ついに宗谷は北極圏へ!! 想いを馳せるのは犬達の事。 「もう少しだ!!」 続きを読む
「南極大陸」最終話 (日々“是”精進! ver.A)
生きる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112190001/ 南極大陸 Blu-ray BOX TCエンタテインメント 2012-04-11 売り上げランキング : 245 Amazonで詳しく見る by G-Tools 日曜劇...
南極大陸 (FULL OF LOVE)
 ども。長っ!長っ!とにかく長いっ!と思ったすももです。 さて、犬を発見するまでが長くて長くて・・・。1時間半の延長にする意味がどこにあったのか、と思ってしましました ...
「南極大陸」 (AKIRAのドラマノート)
最終回の感想
南極大陸 (第10話・最終回 12/18) 感想 (ディレクターの目線blog@Seesaa)
10/16からTBSで始まったドラマ『南極大陸』(公式)の最終回『終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!』の感想。本作とは直接無関係だが、高倉健主演映画『南極物語』は鑑賞済み。 犬、主人公、台詞、CMばかりで、余韻無し! ★記事の続き(詳細)...
南極大陸 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
倉持(木村拓哉)は犬たちが生きていることを信じ、その思いを乗せた南極観測船・ 宗谷は南極へ出発した。 暴風圏を無事に抜け南極圏に入ると、観測隊はブリザードと氷に阻まれた前回の 反省を踏まえ、宗谷での上陸を目指しながらも、空輸で越冬隊と必要な物資を運搬 ...
南極大陸 最終回 (のほほん便り)
あと少し早かかったら、再会できたかもしれない、まだ温かいまま雪に埋もれかけてたリキ… って、それは知らなかったので、うるうる…(;_;) 本当に、タッチの差、だったのですね。サブタイトル「終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」  ...
南極大陸 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
最終話「終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」2011.12.18 O.A 30分拡大スペシャル 昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「 宗谷 」 の修理が完成した頃、氷室 (...
南極大陸【第10回(最終回)】TBS日9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
終幕~時を超えて…52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!  ごめんじゃね~っつ~のっ!!!人間の都合で勝手に南極まで連れてきておいて、人間の都合で南極に置き去りにされて、オレたちがどんな思いで過ごしてきたかわかってね~だろうがぁぁぁぁぁぁっ!!! と...
南極大陸 最終回(第10話)の感想 (オタクと呼ばないで)
TBS系列で放送された日曜劇場「南極大陸」最終回(第10話)の感想など。公式サイトよりあらすじを引用します。~~~昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、第三次南極観測隊への参加を一度は断念したが、「 宗谷 」 の修理が完成した頃、氷室...
南極物語#10.(最終回) (色・彩(いろ・いろ))
「終幕 ~時を超えて… 52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!! 」 タロとジ
【南極大陸】最終回(第10話)感想と視聴率... (ショコラの日記帳)
「終幕~時を超えて...52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」先日、近所の「ゲオ」が「準新作・旧作1週間レンタル50円」のセールをやっていたので、それで借りたキムタクの『宇宙...
【南極大陸】最終回(第10話)感想と視聴率有終の美♪ (ショコラの日記帳・別館)
「終幕~時を超えて...52年前の真実と新たな奇跡が起こす結末!!」 先日、近所
南極大陸 第十話 最終回 (昼寝の時間)
原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫) 公式サイト 危ない、危
南極だが想いは熱い (笑う学生の生活)
ドラマ「南極大陸」を見ました。 TBSにて 日曜9時にやってました 開局60周年記念ドラマということで さすがの大作感がありましたね キムタク主演 出演者たちも豪華で やはり、香川照之は役的にも良かったですね ニヒルな堺雅人も好演でした いろいろ言われてました....