レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

怪盗山猫 第1話

2016年01月16日 22時07分19秒 | 2016年ドラマ


「土曜の夜をいただきます。義賊か悪党か!?天才怪盗、山猫参上」

内容
卑劣な手段で金儲けする会社から、金を盗み出し。
同時に、悪事の証拠を入手するという怪盗山猫(亀梨和也)
ある夜のこと、振り込め詐欺を行う政治団体に忍び込び、
大門忠道都知事との繋がりを暴くデータ入手を試みたのだが、
“魔王”と呼ばれるハッカーに邪魔をされてしまう。
直後、
山猫捜査班の刑事・関本修吾(佐々木蔵之介)霧島さくら(菜々緒)らが到着。
追いつめられてしまった山猫だったが。。。。。。

その後、山猫は、自身を雑誌記事にした記者・勝村英男(成宮寛貴)に接近。
「俺は、怪盗山猫じゃねえ。怪盗探偵山猫だ!」
山猫は、勝村を連れて“アジト”へ。
そこには、宝生里佳子(大塚寧々)細田(塚地武雅)がいた。
困惑する二人に、山猫は、勝村が“魔王”の正体を知っていると告げる。
女子高生の高杉真央(広瀬すず)こそが“魔王”だとわかる
ハッキングを行い顧客情報などを盗み出しては、
データを個人情報を扱う会社社長の父・直哉(勝村政信)に流しているという。
かつて、父の不倫を暴いたことで、
家族不和を招いて、母・阿佐美(伊藤裕子)は自殺未遂。
会社も業績悪化。母の治療費のため、父の悪事に協力しているようだった。
話を聞いた山猫は、直哉の会社を狙うと宣言。

敬称略

原作は未読。

脚本は、武藤将吾さん

演出は、猪股隆一さん


話は

企業の悪事などを暴く怪盗。。。ってことのようだ

「義賊でも何でもねえ、ただの犯罪者なんだよ!」

だそうだ。


キャラが、かなり風変わりなので、

それを特徴と捉えて、気にならなければ。。。。意外とイケルかも。


個人的に気に入ったのは、いろいろな意味で“天才”っぷりを

キッチリと表現していること。

そして、視聴者と同じポジションに、勝村を置くことで、

ツッコミまで。。。。。

おかげで、テンポが良いだけでなく、キレまで良い感じ。

そのうえ、意外と人情モノ。

チームも人数が増えたようで、ネタも作りやすくなったし。

もしかしたら。。。。もしかするかも

 

この記事についてブログを書く
« わたしを離さないで 第1話 | トップ | 手裏剣戦隊ニンニンジャー4... »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事