レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マッサン 第53回

2014年11月28日 07時50分51秒 | 2014年ドラマ
内容
家主・野々村(神尾佑)に化学教師を薦められ、悩む政春(玉山鉄二)
皆から、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)のためにと言われるが。。

そのころ鴨居(堤真一)も悩んでいた。

そんななか、教師になって働くとエリーに告げる政春。
するとエリーは。。。

敬称略


これを言っちゃオシマイだけど。

結局、鴨居。。。。。もちろん、あの人が、

魅力的だからこそ、面白いんだよね。

その魅力を、堤真一さんが引き立てている。

そのため、

登場するたびに、主人公夫妻が食われるという始末。


まあ、マッサンもってのも分かるんだけど。

今作、いろいろな意味で、政春を利用しないからね。もちろんエリーも。

“朝ドラ”だから、ニュートラルな印象にすることで、

実際は、クセ、個性があっても、

視聴者に受け入れやすくしているつもりなのだろう。

それで、周りに引き立ててもらうってのが、パターン。

物語も。。。そして、個性も。


でも、それって、魅力さえ失っていると言うことの裏返し。

物語のオモシロ味を失わせてしまっていることを、

そろそろ。..本気で考えるべきじゃ??

“朝ドラだから”は。。。そろそろ捨てないと、

今は良いだろうが、パターン化されてしまっていることが分かりはじめると

時計化が加速すると思いますよ。

まあ、そのほうが。。。。面白くない方が、数字があがるんだけどね。

朝ドラだから

もし、そういう作戦なら、視聴者をバカにしていると言わざるを得ない。

今作に限ったことじゃないんだけどね!!

この数年の作品は、皆同じ。

トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« ディア・シスター Page7 | トップ | Nのために 第7話 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

マッサン (第53回・11/28) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第9週『虎穴に入らずんば虎子を得ず』【第53回】の感想。 【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。 月給百円の化学教師の仕事をエリー(シャーロット)のためにも引き受けるべきと周囲に促され...
熟成>『マッサン』第53話 (もう…何がなんだか日記)
遂に…というかやっと…というかダンジョンを抜けたね、マッサン!…ひじゅにですが何か?「ワテにはお前が必要なんや」by鴨大将「メンドクサイ」マッサンが「メンドクサ...
【マッサン】第53回(11/28金)と第8週視聴率最低 (ショコラの日記帳・別館)
第8週「絵に描いた餅」の関東の週間平均視聴率、初めて20%の大台を切ってしまい、
【マッサン】第53回(11/28金)と第8週視聴率最低 (ショコラの日記帳)
第8週「絵に描いた餅」の関東の週間平均視聴率、初めて20%の大台を切ってしまい、19.3%(関東)で最低でした(汗)2013年度後期の「ごちそうさん」、14年度前期の「花子とアン」は、...
NHK朝ドラ【 マッサン 】 第53回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
月給百円の化学教師の仕事をエリー(シャーロット)のためにも引き受けるべきと 周囲に促され思い悩むマッサン(玉山鉄二)。 お金がないと生きていけないと、キャサリン(濱田マリ)らも引き受けるべきと言うが、 鴨居(堤真一)と一緒にウイスキーづくりをして欲しいエリー...