レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家族のうた 第6話

2012年05月21日 00時12分02秒 | 2012年ドラマ

『今夜、娘のために走ります!』

内容
突然、正義(オダギリジョー)宅を、
こころ(杉咲花)の母・倫子(中村ゆり)が訪ねてくる。
本当の父親はすでに亡くなり、正義でないと告げる倫子。
こころを連れ帰るということだった。
動揺する美月(大森絢音)陸(藤本哉汰)秀蔵(藤竜也)だったが、
ギターをチューニングしながら素っ気ない態度でつぶやく正義。
「他人がグダグダ言う事じゃ無い」と

そんななか、三木(ユースケ・サンタマリア)が、
子供用のギター教則本の仕事をとってくる。
全く乗り気でない正義だったが、写真が載ると美月、陸が大喜びしたため
渋々引き受けることに。

やがて掲載写真のため“nanja”で写真を撮ることになるが、
そこに、母から遊園地に誘われていたが、それを断ったこころもやって来る。
いつもの調子の正義だったが、
楽しそうな子供たちを写真に撮っていく洋子(貫地谷しほり)
こころをアパートへ送っていく正義は、酔って帰ってきた倫子と鉢合わせ。

敬称略


“後でいくら後悔したって二度と取り戻せねえモノってあるんだぞ”


いきなり『終盤』という扱いの今作であるが、

その決定までの過程、日程などから考えると、
微調整を行おうとしていたのでしょうね。

そういうところが見えた今回。


実は、今回くらいのカタチこそが、
本来の目指すべき部分だったのでしょう。

たしかに、
ロック、ミジンコなど、耳につく言葉をたくさん使い

意外といい話になっていたのは事実である。

が、
それが、万人受けするかと言えば、そうでは無い。

複雑だろうが、単純だろうが、そこではない。

伝わらなければ意味はないのだ。



“子供”という究極アイテムを手にしているにもかかわらず
上手く使いこなせていなかった、“今まで”と違い。

正義と子供たちとの関係を描き、
繋がりの中に発生する問題に取り組む姿が、今まで以上に強調された。

簡単に言えば、対立構造を組み込むことで話がシンプルになった。ということ。

それでいて、セリフ回しも無理をすることなく、
色々とあった無駄を削除しつつ
前回同様。脇のキャラたちが正義たちを支えている姿も描き込んだ。

こうなると、
多少無理をしたところで、ベタな話に見えてくるモノである。

そう。分かりやすく。。。万人受けするようになったと言うこと。

ようやく、色々な部分が噛み合ってきた印象ですね。

、、、って、、時すでに遅し。

いや、秀蔵の言葉通りである。

“後でいくら後悔したって二度と取り戻せねえモノってあるんだぞ”


ってね。




楽天ブログ版
第6話 

トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 連続ドラマW『罪と罰 A ... | トップ | 梅ちゃん先生 第43回 »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

家族のうた (第6話・5/20) (ディレクターの目線blog@FC2)
4/15からフジテレビで始まったドラマ『家族のうた』(公式)の第6話『今夜、娘のために走ります!』の感想。 せめて今回位に“クズだけど憎めない奴”にすべきだった… 何話も前から、もっと主人公・...
家族のうた 第6話の感想 視聴率なんてミジンコだ (オタクと呼ばないで)
フジテレビ系列で放送の「家族のうた」第6話の感想などこの第6話、なかなか良かった。あと2話でどうやってまとめるのだろう。やはり、あの場面が今回の一番の見せ場だったでしょう。一度は大澤こころ(杉咲花さん)を連れ戻すものの、再びダメな男に入れあげて、その男と...
家族のうた #06 (ぐ~たらにっき)
『今夜、娘のために走ります!』
家族のうた 第6話 (ドラマハンティングP2G)
第6話「今夜、娘のために走ります!」2012.5.20.Sun. on-air 早川正義(オダギリジョー)の家に、大澤こころ(杉咲花)の母親・倫子(中村ゆり)が訪ねて来た。倫子はこころを引き取りに来たと言い、松野美月(大森絢音)らに自分勝手な行動を責められると、正義はこころ...
ドラマチックサンデー「家族のうた」第6話 (またり、すばるくん。)
6「今夜、娘のために走ります!」 視聴率3.8%     
家族のうた六話&鍵のかかった部屋六話感想 (NelsonTouchBlog)
■家族のうた六話 早川正義ことオダギリジョーの家の呼び鈴を鳴らしたのは、中学生の女の子・こころの母親・倫子だった。若くて綺麗。だが、男に騙されてはそれでも男に依存し、その度にこころをないがしろにしてきた。そんな背景があり、こころはオダギリの家に転がり込...