レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アリスの棘 第2話

2014年04月18日 22時55分22秒 | 2014年ドラマ

「野心家に悲しみの報復を」

内容
ある日、明日美(上野樹里)に新聞記者の西門優介(オダギリジョー)が接近。
15年前の医療ミスについて指摘する西門。そして書いた記事について謝罪する。
すると明日美は、黙っておいてと。。。。

15年前の手術で指導医をしていた千原淳一(田中直樹)
次期教授候補と目されている医師だった。
しかし、看護師の星野美羽(栗山千明)だけでなく、医師たちの評判も悪く。
そのうえ、患者をまともに診ようとせず、患者より論文だと言ってばかり。
手術も数をこなすため、初めだけ参加するだけだった。

そんななか、磐台教授(岩城滉一)に呼ばれる千原。
多額の寄付をする特別な患者、織部建設会長の手術を任せたいという。

そして手術の前日、
千原は、妻・典子から娘・美久が行方不明になったと連絡を受ける。
直後、千原に脅迫の電話がかかってくる。
1人で手術をしろと。。。。

敬称略



また、すり替えか。

もう少し、決定的な、善と悪を描けば良いのに

主人公の思いだけで、描いている。

“私の父は悪くない!”ってね。

で。

今回も、最後には次の犠牲者を指名する。

完全なワンパターン。

じゃあ、質問をひとつ。

指名された人を、次の週、ターゲットにするわけだ。

最終的に、ラスボスだと思っていたキャラが、

“小山内が!”と。。。指名したら?

今までと同じく、“最期の言葉”として、その言葉を信じるのだろうか???

え?それじゃ、堂々巡りになってしまう?


個人的には、そういうオチの方が、面白いと思いますけどね。

“何のため、誰のための復讐だったの?”って感じで。。。。。。。


ワンパターンに飽きているのもありますが、

復讐と感じられないまま、描いているのが

ホントに意味不明な部分。


主人公俳優に魅了されたり

主人公の言葉が、全て正しいと信じる事が出来るならば、

素直に楽しめるでしょうが。

描いていることだけが、全てだと思っている私にすれば、

今作の描き方は、中途半端すぎます。

ホントに復讐だというなら、主人公が正しいと言うことを魅せて欲しいモノだ。


この記事についてブログを書く
« 金曜8時のドラマ『マルホの... | トップ | 死神くん episode1 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事