レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

警視庁捜査一課9係シーズン2 第6話 ニュー青柳登場!

2007年05月30日 22時17分55秒 | 2007年ドラマ
内容
加納係長は、警視総監北田丈晴から直接の依頼を受ける。
自分の息子を捜して欲しいと。
余命3ヶ月の母を残し、3日ほど前から失踪。
その女性藤村一枝は、北田が一番愛した女。
でも、妻ではなかった。
そんな北田を尊敬できない浅輪は、係長に気持ちを伝える。
僕たちは最低だと。
一方、失踪した藤村義明を調べるウチに、
半年前、勤めていた運送会社の社長嶋野が、
謎の溺死をしていた。
その後、羽振りがよくなっていた藤村。
関連性を考えながら、捜査をはじめる9係。
だが、多額の保険金を受け取っていたはずの妻嶋野由梨も
何者かに殺されるのだった。。








なるほどね。
ナゼだろう、とずっと思ってましたが、

やられちゃいましたm(__)m


北田警視総監が、ウソをついていた!!
そのうえ、
そのウソを見抜いていた、加納係長!



今回、初登場の警視総監だったが、
昔から、何らかの関係があるらしく、
その上今回のこの関係は、

2人の関係を端的に表現してますよね。

2人のシーンが、かなり少なかったにもかかわらず



そして、内容も、結構感動的。
その感動を導くために、警視総監のウソ。

だが、その気持ちはもっと深いモノがあった。
北田『今、僕が一番愛している女性が同じ病でね
   今月末で、警視総監を退く、彼女の看病をする
   残りの人生全て、彼女に捧げるつもりだ
   どうだ、うらやましいか

まさか、人情を人情でかぶせるとはね(^_^)b

やられちゃいましたよ。ほんと。




内容自体は、普通の保険金殺人でしたが、
やはり、捜査を盛り上げたのは、ニュー青柳の存在。

前回、妙子がいなくなった。
そして、
青柳なりに考え出した結論が。

『人の痛みが分かる人間になれば、
 妙子が戻ってくると


極端すぎる青柳らしい結論。
そのため、完全にキャラが変わってしまっています!!

ついでに、『主任の器』とまで(^_^;

本気で普通にカッコイイ、やり手の刑事です!!
あの、青柳が。。。




でもでもでも。
犯人逮捕で、犯人の態度が気に入らなくて。

復活、青柳!!!!

コレでこそ、彼でしょうね。



ホント、今回は、
青柳がいなければ、普通すぎて。。(^_^;



でも
こういう話も、おもしろいものです。

ドラマが終わるまでに、妙子は帰ってくるのかが注目でしょうね。

意外と、矢沢の妻、早苗が知ってたりして。。




それにしても、
青柳役の『吹越満さん』ホントスゴイですね。

あまりにも違いすぎて(^_^;
スゴイとしか言いようがない。



1つ気になるのは、
警視総監北田、津川雅彦さん。
コレで終わりかな。。。
もったいないなぁ。。

まぁ、総監を辞めても、加納と関連づけることはできるんだろうけどね。
30年前が、、どうとか言ってたし




これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

この記事についてブログを書く
« 愛の劇場 砂時計 第58話... | トップ | バンビ~ノ! 第7話 少し... »

2007年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事