レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話

2017年11月21日 22時51分44秒 | 2017年ドラマ


内容
板橋吾郎(伊勢谷友介)により、勇介が連れて行かれ、愕然とするしのぶ(夏帆)
カヨ(小泉今日子)たちも“勇介ロス”に陥ってしまう。
しばらくして、
勇介が、吾郎の恋人・西川晴海(乙葉)のもとで育てられていると知る。
憤りを感じるカヨたち。
そんなとき、慰問コンサートが開かれる。

敬称略


演出は、金子文紀さん


もう登場しないと思っていた“小しゃぶ”さんが。。。。

また、伊勢谷友介さんが登場してるし(笑)


そこはともかく。

今回の話。進んでいるようで進んでませんよね。

劇中の時間も。

全体的に楽しいので、不満は少ないけど。

ちょっと、テンポが悪かったかな。


個人的に、気になったのは、“先生”の出番が多さ。

そこが、気になって気になって。

きっと、変化していく姿を表現したのでしょうけどね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 明日の約束 第六話 | トップ | 連続テレビ小説『わろてんか... »

2017年ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話 (レベル999のFC2部屋)
内容板橋吾郎(伊勢谷友介)により、勇介が連れて行かれ、愕然とするしのぶ(夏帆)カヨ(小泉今日子)たちも“勇介ロス”に陥ってしまう。しばらくして、勇介が、吾郎の恋人・西......
【監獄のお姫さま】第6話 感想 (ドラマ@見とり八段)
ウチらの苦労、無駄にしたんだよ。分かる?ここは帰ってくる場所じゃないの。出ていく場所!「ただいま」 も聞きたくないし、「おかえり」 も言いたくないの…
監獄のお姫さま (第6話・2017/11/21) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系・火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(公式) 第6話『奇跡』、ラテ欄『決意と結束』の感想 2017年。「エドミルク本社」では、刑事・池畑(米村亮太朗)がふたば(満島......
監獄のお姫さま 「決意と結束」 (のほほん便り)
監獄の中は、母親の しのぶ (夏帆)のみならず「ゆうすけちゃんロス」親子モノをやってる、テレビのチャンネルを変えると、またまた母子モノで、再度挑戦すると、泥沼シリーズにな......
監獄のお姫さま 第6話 (ぷち丸くんの日常日記)
2014年、女子刑務所では、しのぶ(夏帆)が勇介との別れの日を迎えていました。 しのぶは母・民世(筒井真理子)に勇介を託したはずでしたが、車には吾郎(伊勢谷友介)が同乗し......