レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平清盛 第26回 平治の乱

2012年07月01日 18時41分45秒 | 2012年ドラマ

『平治の乱』

内容
信西(阿部サダヲ)に不満を抱く藤原信頼(塚地武雅)と義朝(玉木宏)は結託。
信頼らが、後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)を内裏に幽閉後、
義朝の軍は、信西の館・三条殿に火を放ち、攻め込んでいく。

わずかに早く脱出した信西は、難を逃れたが、
頼りの清盛(松山ケンイチ)は、熊野詣での最中であった。

信西の危機を知った清盛は、義朝の挙兵を嘆き、即座に京へとって返すのだった。
「義朝に、信西殿を殺させてはならぬ。
 これ以上取りかえしのつかぬ事をさせてはならぬ」と。

一方、山城の山中に逃れた信西は、穴を掘るように師光(加藤虎ノ介)らに命じ、
他の者たちに逃げるようにと告げていた。
穴に身を潜めた信西は、師光に“西光”と法名を与え、
最後まで見届けるようにと。。。。

やがて内裏を乗っ取った信頼は、義朝らに褒美を与えはじめる。
また東国より到着した義朝の子・義平(波岡一喜)は、清盛を迎え撃たんと画策。
そのウワサにより、清盛は京へ入ることが出来なくなってしまう。


敬称略



まあ、こう言うことになってしまうのではないかと、
少し不安を感じていたが、。。。。。。仕方ないかな。

乱の始まりですし。


たしかに、ドラマとしては、回想を交えるなどして

“主人公”清盛と、信西の関わりを描いているのは悪くない。

まさにドラマらしい演出だと言えるだろう。

やはりドラマが展開するにあたって、“背景”というモノは大切であり

連ドラにとって、ドラマの根幹であると言って良いモノであるからだ。

個人的には、良い盛り上がりになっていると、
かなり好意的に見て取っているが。。。。。。


が。。。。。これを言っちゃオシマイなのだが、あえて書いておく。

適切な演出で、物語を盛り上げようとしているのは理解する。

だが、今作は、“それ以外のムダ”を描きすぎているため、
回想を無理矢理にかき集めている印象も、少なからず存在するのである。

これを感じた瞬間、無駄の多さが、、、、もったいなかったなぁ。。。。。と。

頭の中はそればかり。


ホントは、もっと盛り上げることが出来たハズなんですけどね。

楽天ブログ版
第26回

トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 機動戦士ガンダムAGE 第... | トップ | ビューティフルレイン 第1話 »

2012年ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第26回 (日々“是”精進! ver.F)
源氏と平氏の、対決へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207010002/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男26俺は平清盛なり!義朝の焦りに嘆き己は誰だと教えてくれた信西の死に清盛は義朝との対決を決... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第26話は義朝が信西の強引な政治で冷遇された事で藤原信頼らと結託し後白河上皇並びに二条天皇を幽閉し謀反を起こした。信西はこの謀反を察知して逃げるが ...
平清盛 第26回 「平治の乱」 (青いblog)
まだ信西死んでないのに回想入れない方がいいのでは… 先週も回想回だったから、今日は時系列のみで勢いで押した方がいいのでは… …なんて思いましたが、残酷な結末の前フリとしては、親切だったかな。 可...
大河ドラマ「平清盛」第26話 (またり、すばるくん。)
第二十六回「平治の乱」   
【平清盛】第26回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と 二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野詣で 中の清盛(松山ケン...
平清盛 ♯26 (しなもにあ 2)
最近劇中で毎回テーマ曲が流れますね。私これ最初聞いたときは盛り上がりがないなぁー
平清盛 第26回「平治の乱」 (みはいる・BのB)
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
平氏か、源氏か-----------!?ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。義朝は...
大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ感想「平治の乱」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
平氏か、源氏か-----------!? ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。 信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。 熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。 義朝は藤原信頼と結託し、ついに三条殿と信西の館を襲う手段に。 後白...
NHK大河ドラマ『平清盛』第26回「平治の乱」 (よくばりアンテナ)
うむむ・・・ 清盛が熊野詣へ行った隙に兵を挙げるとは!! やっぱ、信西は悪左府並みの賢さで、 ビシバシ役立たずを罷免してたから恨みをかっちゃいましたね。 義朝は武士の世にするためには坊主の政...
平清盛 #26「平治の乱」 (昼寝の時間)
公式サイト 1159年、信西(阿部サダヲ)のもとで不遇にあった義朝(玉木宏)は藤
「平清盛」 第26回、平治の乱 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第26回、平治の乱。 藤原信頼・源義朝が信西を急襲。 平治の乱、始まる。
「平清盛」第26話。 (Flour of Life)
低視聴率で話題の「平清盛」第26話を見ました。いろいろ言われてるけど、ケンイチさん主演のドラマが視聴率獲れないのはいつものことだから、もう気にしないことにしたの…
教えて新しい時代を、聴かせて君の詩を、君よ君こそが反逆の天使(阿部サダヲ) (キッドのブログinココログ)
まさか・・・彼が大河ドラマのタイトルを飾る日がこようとは・・・。 出世したなぁぁぁぁぁぁぁぁっ。猫田のくせにぃぃぃぃぃぃっ。 しかし・・・信西は見事なまでの存在感。 かくて藤原頼長とともに急進的な改革者が時代の悪魔に葬られるシンボルとなったのである。 日本...
平清盛 第26回「平治の乱」~「平氏は断じて友を見捨てぬ!」 (平成エンタメ研究所)
 平治の乱の前哨戦。  清盛(松山ケンイチ)、信西(阿部サダヲ)、義朝(玉木宏)の思いについてはしっかり描かれていたので省きます。  面白かったのは的確に登場してくる脇役の存在。  クーデターの知らせで揺れる清盛不在の平家。  「ここは藤原信頼(塚地武雅....
【平清盛】第26回感想と視聴率「平治の乱」 (ショコラの日記帳・別館)
「平治の乱」 第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%
【平清盛】第26回感想と視聴率「平治の乱」 (ショコラの日記帳)
「平治の乱」第26回の視聴率は、前回の10.1%より大幅に上がって、13.2%(関東)でした♪最低視聴率だった前回より3%以上も上がって、すごいです(^^)第19回(5月13日...
平清盛、戦を待っていた義朝!! (函館 Glass Life)
鬼のいぬ間に一方的に始まった平治の乱、最大の武士集団・平家が いないのですから義朝が勝つのは当たり前 ドラマでは重盛も清盛に同行していた様に描かれていましたが、実際 は六波羅に重盛は居たのです。 そもそも熊野へ行くのに大軍を擁する必要がありません。 棟...
平清盛 第26回 途中から見ましたm(__)m (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
やっぱり大河、間に合わなかったですが(^^;)途中からですけど 今日はリアルタイムで見ました!って・・・ こういう状況では視聴率アップの助けにはなりませんかね(^^;)信西さんが今...
『平清盛』 第26話「平治の乱」 (英の放電日記)
今回は平治の乱の前半部分だが、私が日本史に疎いせいかその背景がわかりにくかったが、それはさておき、今回の主題は信西の最期。 1信西と清盛の友情……「おれは誰なんだ?」「誰でもよ~い」  信西(阿部サダヲ)の窮地に、「平清盛は断じて友を見捨てぬ!」と駆け...
平清盛「平治の乱」 (blog mr)
 唯ちゃんの必死の表情がグッド。でも、さすがに今週で出番終わりかな。がんばって来週というところか。  京都に戻ることを決心するときの清盛の表情がよい。  後白河もなんか見透かしてそうな感じはする。 「俺が今少し昇るまで、何故待てなんだ」  ま、そりゃ無理...
平清盛【第26回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
平治の乱  「おそれながら、信西入道を救い出したところで、平氏にとって益があるとも思えませぬ。あの賢きお方は、平氏と源氏を使える限りに使い、うまく手綱を操ってあの地位までのぼり、思うままに政を行ってまいりました。すなわち、信西殿がおられる限り、武士が頂...