レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南極大陸 第1話

2011年10月16日 23時05分36秒 | 2011年ドラマ

『戦後日本復活への愛と命の感動物語~
 56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』

内容
昭和30年代。。。まだ、戦後が終わっていない頃。。。。。

地質学研究者・倉持岳志 (木村拓哉) の前に、白崎優(柴田恭兵)教授が現れる。
南極観測のための国際会議が行われる事になったという。

「外国が手を付けていない場所が、まだ沢山残っている。
 日本が世界と肩を並べることが出来る唯一の場所
 我々の手で戦後を終わらせてみないか」

その後、ブリュッセルで行われた国際会議でアメリカなど戦勝国の中に
日本は、唯一、敗戦国として参加していた。
負け犬と揶揄され、失笑の嵐で馬鹿にされる中、
なんとか、参加だけは受け入れられることに。

帰国後、予算獲得のため大蔵省に訴え出るが、却下。
旧知の氷室晴彦(堺雅人)に訴えても、、現実を見るべきと言われてしまう。
何とか資金を獲得するため、帝都新聞記者・内海典章(緒形直人)に打診。
新聞の第一面に南極探検の記事が掲載されることに。寄付金を募っていると。

やがて日本の観測場所は、プリンス・ハラルド海岸と決定される
が。。。調べると、接岸不能の場所。。。。。
資金が集まらないだけでなく、観測場所にさえ行くことが出来ないと分かり、
呆然とし、絶望感を感じる倉持。
そんな折、知り合いの子供たちが、わずかなだが募金してくれ。。。。。
その後、全国の学校に募金箱が設置され、広がり。。。街頭でも設置。
そしてついに、国の事業として認可されることに。


白崎が、観測隊の隊長に任命され会議が開かれるのだが、
問題が1つ上がってくる。日本には砕氷船が無いと。
それでも、観測が「戦後の諦めなかった日本の象徴になる」と訴えるのだった。

その後、詳細を詰めていき。。
京大の南極研究者・星野英太郎(香川照之)の提案で、犬ぞりの利用を決定。
そして戦時中「奇跡の船」と呼ばれた「宗谷」が、
戦艦大和の設計者・牧野茂(加藤剛)の設計により改造されることに。

そして隊員の募集も始まり。。。。南極観測隊員が決定されるのだが、
その中に、倉持の名はなかった。
ただ星野の提案で、犬ぞりの係を任される倉持。
隊員に選ばれた犬塚夏男(山本裕典)と北海道へと向かうことに。

樺太犬の研究者・古館智大(山本學)から説明を受けたあと、
倉持は犬集めを始め。。。


敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/nankyokutairiku/



言わずと知れた物語なので、

特に、アレコレ言うような部分はない。

あとはまあ。。。。感動的な結末を待つだけである。あ。。。最終回ね。




ツッコミどころと言えば、唯一。。。主人公を立てすぎていることだけ。

ほんと、どんだけ瞬間移動させれば気が済むんだよ!!!

それくらいでしょう。


感想になっていませんが、



実際、次回以降、どのような『物語』が描かれるかが、最も重要であり。

初回なので、こんなところ。。。。でしょう。


個人的には、もっと盛り上げること出来たと思うんですけどね。

犬にしても、宗谷にしても、それ以外にしても。

ただ残念ながら、全編がドラマティックであるため、
印象としては、盛り上がっているという感じではなく、

平坦に見えてしまっているのだ。

こういうの、かなり勿体ないこと。


2時間SPなんてせずに、20分弱くらいの延長で
盛り上がりを1つくらいに絞っておけば良かったろうに。

だって、今作って、1クールだよね?

ならば、
最終回あたりは、年末になるわけで。

オキテ破りの2夜連続や、3夜連続SPなんてことをやっても良かったんじゃ?

今作だって、『記念番組』なんだよね?


ドラマに不満はないけど、
最終回まで、もったいないなぁ。。。なんて感じにならなきゃ良いんだけど。


楽天ブログ
第1話

コメント (1)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« BS時代劇『塚原卜伝』 第... | トップ | 俺の空 刑事編 第1話 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒガシ)
2011-10-17 19:45:53
初回から長過ぎて、最終回まで引っ張るのが心配なんですよ。

http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11049116572/bd73d694

2011年ドラマ」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

南極大陸 (Akira's VOICE)
初回の感想 
南極大陸 #01 (ぐ~たらにっき)
『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』
南極大陸 第1話 (青いblog)
南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) 解説 『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』 出演:木村拓哉、綾瀬はるか、堺雅人、柴田恭平、芦田愛菜...
「南極大陸」未知なる世界への挑戦1国際復帰プロジェクトの窮地を国民が後押しして未開の地南極へと出発した (オールマイティにコメンテート)
「南極大陸」は1955年戦後から10年が経た日本で初の南極観測隊を発足させ第1次南極観測隊として南極へ向かって未来への第一歩を踏み出したストーリーである。 戦後敗戦国 ...
「南極大陸」第一回の感想 戦後の人には見えない木村拓哉さん (今日も何かあたらしいドラマ)
「南極大陸」第一回、そんなに長くなくてもいいんじゃないか、っていうほど長いスペシャル。 木村拓哉さんは相変わらず、何をやっても木村さんで、とても戦後の日本人には見えない。 敵役?の堺雅人さん...
【南極大陸】第1話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
たぶん、今期一番の「鳴り物入り」で始まった「TBS開局60周年記念番組」。 「南極大陸」第1話。え~・・・・・簡単感想で。 とりあえず~・・・ この時代、日本が南極に行くってことが、どんなに大変...
ドラマ「南極大陸」第1話感想「戦後日本復活... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
敗戦国、日本----------。そんな戦後の日本で、夢を持つ男がいた------------倉持岳志。って、OPはJINだったなぁ(^^)あの音楽が思い出されたわ。記念作品と呼ぶにふさわしい1話だ...
ドラマ「南極大陸」第1話 感想「戦後日本復活への愛と命の感動物語」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
敗戦国、日本----------。 そんな戦後の日本で、夢を持つ男がいた------------倉持岳志。 って、OPはJINだったなぁ(^^) あの音楽が思い出されたわ。 記念作品と呼ぶにふさわしい1話だったんじゃないでしょうか。 映画感覚で見れたし、映像も綺麗だった...
日曜劇場『南極大陸』 第1話「戦後日本復活への愛と命の感動物語~ 56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す」感想 (空色きゃんでぃ)
キムタクが南極に行く! 犬も一緒に行く! 南極のシーンのロケは北海道なんですね。 史実が題材で、真面目な雰囲気の話ですね( ・`ω・´) 「いつになったら戦後っていう時代は終るんですか?」 昭和30年代。 日本の南極観測実現のために奔走する倉持岳志(木...
南極大陸 (第1話 10/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
10/16からTBSで始まったドラマ『南極大陸』(公式)の第1話『戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す』の感想。本作とは直接無関係だが、高倉健主演映画『南極物語...
新ドラマ「南極大陸」第1話 (日々“是”精進! ver.A)
南極観測へ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110160005/ 荒野より posted with amazlet at 11.10.16 中島みゆき ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2011-11-16) 売り上げランキン...
南極大陸 第1話の感想 (オタクと呼ばないで)
TBS系列で放送された日曜劇場「南極大陸」第1話の感想など。初回2時間スペシャルということで、ぶっちゃけ、冗長で退屈してしまうのでは?という疑念を持ちました。ですが、見始めるとそんな疑いもどこへやら、最後までチャンネルを変えることなく見続けました。毎日が...
南極大陸~この作品は現代日本に活力を与えることが出来るか? (平成エンタメ研究所)
 前半は『プロジェクトX』  南極観測を実現するための倉持岳志 (木村拓哉)と、白崎優(柴田恭兵)の奮闘話。  ブリュッセルでは敗戦国として差別を受け、大蔵省では「成果の出せないものに予算は出せない」と突っぱねられる。  おまけに日本に割り当てられた南極大陸....
『南極大陸』 第1話 (美容師は見た…)
南極には、この世界が誕生した秘密がいっぱい隠されてる。神の住むところ。。。南極観測って、一体何を観測してるのか深く考えたことがなかったんですけど、あれから50回以上も観測隊を送り込んで来たんですね~。『ぴったんこ・カンカン』で見た、「南極・北極科学館」へ...
南極大陸 第一話 (昼寝の時間)
原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫) 脚本:いずみ吉紘/演出
南極大陸 第1話 (ドラマハンティングP2G)
「戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す」 10月16日スタート日曜よる9時 初回2時間5分スペシャル 昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、日本は失いかけた自信を取り戻すべく、人々はがむしゃらに働き、経済を立て直していた。...
熱かった!「南極大陸」 (徒然”腐”日記)
いや~~~~熱いドラマですね「南極大陸」初回2時間あっという間でした主演のキムタクがめっさ熱くて格好良いでもな~~~茶髪はなーーーー柴田恭平さんの髪型も今風・・・・・・...
ドラマ『南極大陸』 #1 (よくばりアンテナ)
TBS開局60周年記念 日曜劇場って銘打って、 ずいぶんと大がかりなドラマになっているようですね。 その甲斐あってか、初回の視聴率も良かったようですね~。平均22.2%だって! 戦後の日本があん...
《南極大陸》★01 (まぁ、お茶でも)
昭和30年8月、 八ヶ岳。 ハーケンを打ちこむ音。 東大理学部・助教授 倉持岳志。 切り立った崖を足を滑らせながらも登り、12年前事故で遭難した、友人のために手を合わせた。 そこに白崎名誉教授からの無線が入った。
南極大陸 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
昭和30年代、人々はがむしゃらに働き、経済を立て直そうとしていたが、世界からは 「真似をする国」「敗戦国」とレッテルが貼られていた。 そのころ各国では、地球観測の動きが活発になり、米国など戦勝国を中心に国際 地球観測年特別委員会が設置された。 未知の大陸...
【新番組】 TBS「南極大陸」第1話:戦後日本復活への愛と命の感動物語 ~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す (伊達でございます!)
  いよいよ始まりましたね、木村拓哉さん主演のTBS開局60周年作品「南極大陸」。56年前の史実を題材とした、決して諦めることのなかった時代の日本の象徴もいうべき、オリジナルド ...
【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪ (ショコラの日記帳)
初回視聴率は、22.2%(関東地区)でした♪勿論、この秋、始まった連続ドラマの中で、今の所、最高視聴率です♪瞬間最高視聴率は、午後10時37分の時点で、25.5%でした。これは、欠陥...
【南極大陸】初回感想と視聴率好発進♪  (ショコラの日記帳・別館)
初回視聴率は、22.2%(関東地区)でした♪ 勿論、この秋、始まった連続ドラマの
「南極物語」1 ☆☆☆ (ドラマでポン)
熱い男達の物語。昭和の香りに、「華麗なる一族」や「不毛地帯」を思い出します。豪華キャスト、大作の貫禄十分!なんだかんだで犬も揃って、南極に向けて出発までで2時間。あっ ...
「南極大陸」1 ☆☆☆ (ドラマでポン)
熱い男達の物語。昭和の香りに、「華麗なる一族」や「不毛地帯」を思い出します。豪華キャスト、大作の貫禄十分!なんだかんだで犬も揃って、南極に向けて出発までで2時間。あっ ...
南極大陸【第1回】TBS日9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
戦後日本復活への愛と命の感動物語~56年前に起きた犬と人間の奇跡が今、動き出す  「よし行こう。タロ。ジロ。ほら。怖くないから。おいでタロ。よし、おいで。なにもしない。おいで。よ~しジロ。よ~しよしよしよしよ~しジロ。タロ。よろしくな」by倉持岳志(木村拓...
南極大陸第1話(10.16) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
敗戦で自信を失いかけた日本に夢を与えるため、 倉持岳志@木村拓哉らが南極探検に挑む話 TBS開局60周年記念作品 北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』が原案で 映画『南極物語』が以前公開されたことがあるそうですが、 原案も映画も観たことはありません 初回は、無...
南極大陸 (のほほん便り)
やはり、時代の気分。復興に「国をあげて、一致団結」「夢をもつ」って部分がリバイバル企画につながったのかな? 「華麗なる一族」じゃないけれど、記念番組として、キャスティングといい、セットといい、御馳走みたいな贅沢さ そのトップにたつのは、やはりキムタ...