ぱんとちわわとラン生活♪

★ぱん好きな管理人がチワワと過ごす、もふもふランニング生活♪

18切符のプチ旅行(お城巡り編)

2019-01-05 23:59:30 | 日記
18切符3回目〜🎫今回は滋賀県のお城巡りランですJR北陸本線の河毛駅(かわけ)で下車改札すらない無人駅でした向かうは、小谷城〜🏯







駅に隣接している、コミュニティハウスで行き方を確認し、ランで向かいました浅井長政とお市の銅像






寒い上にパラパラ小雨






郡上の信号機を渡り、まもなくです






駅から2キロ位で、小谷城戦国歴史資料館に到着







知善院跡






長浜市街にある天台真盛宗のお寺で、本尊は阿弥陀如来。浅井長政が領主の時代にはここ、小谷城の清水谷入口にあったそうですが落城後、羽柴秀吉が長浜城の鬼門である丑寅(うしとら:東北)を守るために、長浜の城下へと移したそうです。






資料館でおススメのコースなどを教えていただきました資料館を見学する場合は有料です





ここから登っていきます






獣除けの柵を超えると、、、







ステキなトレイル〜





今回は他もまわる予定であまり時間がとれないので、基本コースで本丸跡まで行く事にしました地図が見にくいですが赤いラインのコースです






真柄峠〜ここは、六角高頼が小谷城を攻めた際、浅井亮政を助けるため、越前から朝倉金吾教景が来援。その際に従ってきた武将・真柄備中守がここを守ったことからその名がついたそうです。






雪が残ってます❄️






だいぶ登ってきました❗️琵琶湖まで見渡せますお天気よければサイコーだったのに残念






御茶屋跡〜ここでお茶会でも開いていたのかと思いそうですが、御茶屋は主郭の最先端に位置する軍事施設だったそうです。





こういう案内板がそれぞれの箇所に設置されているので、当時の様子がわかりやすいです







御馬屋と馬洗池〜






こちらが馬洗池〜🐴




御馬屋跡〜🐴
三方を土塁で囲まれた曲輪で、本丸跡の前面にあり、まさに、本丸を守るための曲輪であったと考えられています。






こちらの右側の石は、首据石〜
浅井亮政が六角氏に攻められた際、家臣の今井秀信が敵方に内通していたことを知った亮政は、神照寺で今井を殺害し、ここに首を晒したと伝えられています。






信長に攻め入られた際に浅井長政が自刃した赤尾屋敷跡







桜馬場〜





大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の撮影ロケも行われた所です。






黒金門跡






大広間跡






大広間跡は千畳敷とも呼ばれており、建物跡と井戸跡も出ているそうです。正面奥には石垣が見えてきました









本丸跡





本丸には2層の天守があったと推定されています。

この先の大嶽城跡までめちゃ行きたかったのですが、時間がないので今日はここまで来た道を少し引き返します







ここまで戻って来ました。右下にクマ出没注意の看板がありますが、ここは本当にクマが目撃されているそうです







帰りは舗装路を走って下りますこの道をシャトルバスが走っているようです。






約2キロ走って下りて来ました







戦国ガイドステーションに到着〜
巨大兜のモニュメントがありました❗️







お昼ごはんはコンビニで済ませて、次は安土城に向かいます🏯一旦河毛駅から、安土駅まで戻ります

駅に隣接している安土城郭資料館こちら入館料200円かかりますが、100名城のスタンプが、安土城と観音寺城と2つ分押せるそうです






まずは安土城に向けてGO〜





こちらも駅から2キロ弱ほどで到着〜






楽しみです












さぁ、行くぞー❗️と思ったのですが、入場料がなんと700円見てみたかったですが、今回はパスしました







来たという証拠に石碑だけ写真撮って、次の観音寺城に向かいました







変わった建物が見えてきました






博物館、資料館のようです






ここを上がっていくと、瓢箪山古墳






そして、坂道







しかし、この先通行止めになっていて結局観音寺城に辿り着けませんでしたどうやら、こちらから登る道は3月まで閉鎖されていて、表参道からは行けるようでしたが、表参道まで行くのには時間がなかったので本日のプチ旅行はここで終了〜

残念ですが、安土駅まで引き返し帰りました走った距離は17キロでした


この年末年始で18切符を3回利用してプチ旅行を楽しむ事が出来ましたやっぱりお得ですよね〜また夏にもプチ旅行ランしたいと思います








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 18切符のプチ旅行(名古屋城編) | トップ | 第66回 信太山クロスカントリ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事