Letter of flower * Mauve

小さな庭に咲く花の思い出をブログに…
四季の花便りです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一番花のジャンヌダルク

2016-06-22 14:29:43 | ** 薔薇

 

いつ雨が降ってきてもおかしくないどんよりとした曇り空

梅雨時にしてはあまり湿気を感じない風がカーテンを揺らしています。

 

薔薇の2番花が咲きだしましたが

避難のできない地植えの薔薇の花弁は折角咲き始めたのに茶色く傷んでいます。

 

二番花が咲き始める頃にやっと今年の薔薇が開花した「ジャンヌダルク」

2013年の秋に我が家にやってきて3度目の春を迎えた今年

芽吹きがイマイチ!なんだか調子が悪そう…

他の薔薇が咲き終わる頃にやっと元気を取り戻して小ぶりながら只今開花中

 

 

決して太いステムではないけれどシャキーンと上を向いて開花

気温が高くなっているので咲き進みが早いです。

 

 

 

端正な顔立ち?

 

 

一番花らしくギュッと花弁を抱え込んでます。

 

 

こちらは二番花の「アルカンシェル」

 

この優しい絞り模様を見るといつも「いちごミルク」みたいって思えちゃうのです。

 

 

 

 

 

 

薔薇が二番花に向けて準備中の時に庭に咲いていた花たち

 

 

雨が降るたびに重そうに花首を垂らしていた「アナベル」

 

初開花の去年から比べると花数が増えた「フィリペンデュラ・ウルマリア」



同じような白い花で


白のアスチルベ


ラベンダー色のアスチルベの苗を購入したはずだったけれど

苗を購入して3年目?初めて咲いた花はラベンダーと言うより桃色でした。

草丈が高いアスチルベだったようで(その辺りの確認をせず植え込んでいる)

ぐんぐん成長するアスチルベに完全に覆われてしまった

アストランティアが埋もれています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

カルトナージュ

2016-06-11 10:38:34 | 習い事

着物リメイク教室に通う必需品の裁縫箱

お友達にカルトナージュで作るお道具箱を教えて頂きました。

豊富に用意されている布地やタッセルを選ぶのも楽しいひと時

 

 

コーナーの布の始末に悪戦苦闘しながら出来上がった裁縫箱

 

 

カルトナージュの楽しさを味わって次は袱紗に挑戦です。

 

 

 

そして先日3作目を作ってきました。

 

 

折りたたみの鏡です。

 

100均で購入した鏡が可憐に変身です。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

篠山散策

2016-06-05 11:14:09 | 日々のいろいろ

ここ一週間カラッとした天気が続いていましたが

梅雨入りを迎えた近畿地方…雨が降って肌寒い日曜日です。

 

 

1週間ほど経ってしまいましたが、先日「古布」を探しに出掛けた篠山

篠山市内に入って最初に出迎えてくれたのが

 

 

ユニークな案山子集団でした。

 

今まで遠目で眺めていた篠山城でしたが近づくにつれ石垣の美しさに圧倒されます。

 

 

 

 

 

重機の無い時代にこの高さに積み上げることに驚きです。

野面積みと算木積みの工法を用いて突貫工事で1年足らずで完成

昔の人はすごい!

 

 

爽やかな風が吹いて一段と新緑が美しく感じました。

 

篠山城:関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康が、慶長14年(1609)豊臣氏の居城である

大阪城の包囲と、豊臣家ゆかりの西日本の諸大名を抑える拠点とするために篠山盆地に築いた城

初代城主:家康の実子である松平康重

眼下にレトロっぽい小学校

 

 

 

城を取り囲む堀と遠方に広がる山並み

 

 

青山歴史村:藩士の教育のために版木で多くの漢学書を印刷したその版木が多数展示

 

 

武家屋敷 安間家

 

 

水琴窟

澄んだ音色に心が洗われる思い…

 

 

 

 

 

のんびり歩きながら過ごした篠山…帰る頃には日も傾き

 

 

美しい田園風景…

温度差の激しい盆地特有の気候でお米や黒豆がとてもおいしい

 


この記事をはてなブックマークに追加

着物リメイク

2016-05-28 14:25:33 | 習い事

母の遺品を整理していた時どうしたらいいのか分からないものに着物がありました。

取りあえず和箪笥ごと引き取ってきたものの

この先も着る機会がなさそうな着物です。

箪笥に仕舞い込んだまま2年半が経ったころ

本屋さんで見かけた「着物リメイク」の本を手にして一念発起!

若いころから大の苦手だった「洋裁」でしたが

本に掲載されている先生の教室が春から開講されるのに合わせて習うことにしました。

不思議なことにあれほど嫌いな洋裁が母の着物に息を吹き返すことができると思うと

着物を解く細かい作業すら楽しく思えてきます。

教室では最初に4点(ベスト・チュニックブラウス・ワンピース・ベスト&スカート)を製作します。

その後は着物に合わせて好きなデザインのものを作ることになるようです。

3作目のワンピース(見本)

 

 

手元にこんなデザインのワンピースが出来るような着物が見当たりません。

母の着物をなんとか活用できるように…と始めた着物リメイク教室でしたが

古布を扱っているお店を思い出したら居ても立っても居られない…ホント本末転倒な話ですが

家から1時ぐらいのところにある篠山へ早速行ってきました。

 

篠山へは秋の味覚「丹波の黒豆」を買いに行くことがあって

商店街をブラブラしている時に目にしていたお店でした。

店内には所狭しといろいろな古布が並べられています。

パッチワークや着物リメイクをされる人が多く訪れているようです。

 

 

早速ワンピースになるような上布を探し始めました。

洋裁初心者なので失敗しても諦められる値段のものを奥から探してくださり

目的のものはみつかったのに

見ているうちにこれでコート作りたいなぁ~と先の先のことなのに値段につられて購入

おまけまで頂いて…

 

 

4点+2点のおまけ

これから解いて手洗いをしてからアイロンがけ…どんな風に変身していくのか楽しみになります。

 

せっかく来たことだしゆっくり街並みを散策してきました。

 

 

城下町らしいマンホールのデザイン

 

 

ユキノシタがびっしり花を付けています。

 

 

 

歩き疲れた頃にみつけたお店でひと休憩

 

 

こちらでは岩茶  を頂きました。

 

 

城下町の様子はまた後日upします。

 

雨で一気に散っていく薔薇…雨のあとのお掃除が大変になってきました。

咲いている薔薇が少なくなって徐々に緑一色になっていきます。

 

ひと房がミニブーケになる「ミミエデン」

 

 

花びらがぎゅーっと詰まっているけど厚みのある花弁は雨であまり傷まない

「ユアーズインコンティニュードフレンドシップ」(長すぎる名前で覚えられないデス)

 

 

「ルシファー」と「茶々」が寄り添うように…

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ薔薇も終盤

2016-05-25 11:34:18 | ガーデニング

降り出しそうで降らない今日の雨

雨が降る前に消毒をしようと準備を始めるとポツポツと雨粒が…

急いで済ませたけれど、あれっ?雨が降る気配なし

 

真夏並みの陽射しが続いたので

この曇り空で薔薇もほっとひと息でしょうね。

 

薔薇が咲き始めると毎年気掛かりな「ルシファー」

今年も懲りずに一番花をそのまま咲かせることを選択しました。

相変らずカッチカチに固まったままの蕾でしたが

この暑さが続いてか、外側からふんわりと緩んできました。

 

 

 

長い間蕾の状態tが続き外側の花びらは雨や風に何度もあたって傷んでいますが

きれいなヴァイオレットの花びらがふわぁ~っと出現してきました。

雨にあたらないように軒下へ移動です。

 

手のかからないガブリエルは残りの蕾が開花

 

 

遅咲きの薔薇たちが咲き始めそろそろ終盤になってきました。

 

 

やさしいベビーピンクにコロンとした花姿の「マダム・フィガロ」

 

「ジュード・ジ・オブスキュア」 「シャンテロゼ・ミサト」など

いち時期ころんころんの姿が可愛くって買い求めた時があったなぁ~と思い出します。

 

花色に目が向いてイタミ・ローズ園まで買いに行った「茶々」

 

 

咲き方もクシュクシュとして個性的な薔薇

 

今年は強めに剪定をした「サンテグジュペリ」

大きな花がたっぷり咲きました。

 

 

花数が少なかったけれどゆっくり、ゆっくり咲き続けている「ジュビリーセレブレーション」

 

 

薔薇にばかり目が行っていましたが

半日蔭の花壇でひっそりと咲いていた「アストランティア・マヨール」

 

 

 

コボレ種育ちのタイツリソウに可愛らしい花を発見

 

 

白花やライム色の葉の「ゴールドハート」には種が出来たことが無いのですが

この「バレンタイン」は毎年種を飛ばしているようで春先にオチビちゃんが出現しています。

2年目?3年目?で開花です。

 


この記事をはてなブックマークに追加