いつでもMAHALO

渡ハワイ歴、数え切れず。まだまだハワイに恋愛中。
家族と友達とハワイをこよなく愛す能天気なKIYOです。

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~桃園空港で~

2010-12-03 00:28:29 | 2010年5月台湾
さてさて、空港内をグルっと一周して、足りないお土産を買い足して
出発までの時間をラウンジでまったりしましょう。

桃園空港のJALサクララウンジは、小さいながらも意外に充実しておりますです。

          


          

入口を入って、ソファコーナーに行く廊下は、木造りで和風。

          

あのあたりに座りましょうか。

          

おにぎり、サンドイッチ、おみそしるのコーナー。

          

点心コーナー。

          

コーヒーをいただきましょう。

          

で、結局、サンドイッチとお味噌汁とカプチーノ・・・
合ってる?この組み合わせ・・・って思うけど、お味噌汁大好きなんだもん

軽く食事をして、まったりして、機内へ。

          

昨日までの雨の台湾から一転、いいお天気になっているのを見つつ・・・

          

          

映画も見ず、音楽も聴かないくせに、一応チェック。

          

ボーイング747の「安全のしおり」をパチリ。

このあとは、目をつむり、毎度のことなが修行僧の気分で
3時間をひたすら耐えて、成田空港に到着。

期待を裏切らない雨に見舞われたけど、やっぱり楽しい台湾。

また、すぐにおいしい台湾に飛びたちたいナ。

だらだらな旅行記にお付き合いいただいて多謝



P.S.
2010年5月台湾旅行記は終了しましたが、2010年8月にも渡台しております。
こちらは、物件別にレポしてみようと思っております。
コメント (2)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~空港への巻~

2010-11-26 22:24:00 | 2010年5月台湾
さてさて、チェックアウトまで散策&デパートを楽しんだあとは、
慌てて、ホテルへ帰り、チェックアウト。

          

最後にホテルのお水をパチリ。

毎日、補充してもらえます。

          

ルームキーもおしゃれなデザインだけど、使いまわしてるらしく、ちょっとスレてます。

チェックアウトのときも、中国語でのコミュニケーションはできないけど
誠意溢れるフロントのスタッフさんたちの、一生懸命さを感じたので、
「このホテルは想像以上に、快適でした。また、ぜひ泊まりたいです」と英語で言うと
「ぜひ、お帰りください。待ってます」と、笑顔全開で言ってくれた。
ホテルのスタッフは、当然英語が話せるので、
英語でのコミュニケーションはスムースだけど、次回こそ、中国語で言いたいなぁ。

ホテルの外に出ようとすると、年配の長身の支配人らしき男性が
タクシーにダッシュ

と、ホテルの玄関マットにつまづいて、オットトトトトトー
ふー、転ばなくてよかったー。
支配人さんありがとう。どうぞお気をつけて

          

外にでて、振り返ってパチリ。
玄関のガラスに移りこんでいる、黄色いタクシーに乗って、空港へGO

さて、ここからが問題なのです・・・
台北市内から、桃園空港まで、順調にいって、約45分。
道もよくないし、タクシーもピカピカとは言えない状況で
必ずタクシーに酔ってしまうワタクシ。

「どうぞ、酔いませんように・・・」と念じたものの、
やっぱり、走り出して、20分、決まって、大きく曲がる分岐点で、クラ~っと貧血に。
オットに目配せすると「目を閉じて、無我の境地に」と言われ、ここから修行僧に・・・

修行僧として20分、フラフラになりながら、空港について、大きく深呼吸。
5分もすると頭痛、吐き気、貧血もぐっとよくなるから不思議。

          

近代的でこじんまりしている桃園空港は、とっても使い勝手のいい空港。

チェックインも、出国手続きもスイスイで、写真を撮る時間もなったくらい。

          

ちょっとそこの4番
ブランド店に吸い込まれているし・・・
(まぁ、台湾って日本より高いくらいなので買う気はないと思うけど)

そして、今、まさに開催している台北花の博覧会のマスコットが空港に。

          

ガーン
かわいくない・・・・

ちょっとズームしてみましょう。

          

ああ・・・・今はさ、今は、ゆるキャラでしょー
もう、台湾ったら、何やってるのかしらー
なんて、いらだってみたり。

でも、そんな時代に遅れちゃってるところが、台湾のいいところ

さて、あと1回で、旅行記も終わりデス




コメント (4)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~チェックアウトまでちょっと散策の巻~

2010-11-21 00:21:32 | 2010年5月台湾
かなーり忘却の彼方なのですが
とりあえず、最後までやっつけましょう・・・・な、2010年台湾旅行記

おいしい朝ごはんを終え、お部屋で荷造りをしたり(オットがね
まったりしたりして、お時間はほどよく10時ごろ。

11時45分ごろにホテルを出て空港に行けばいいから
デパートに行って金皇マンゴーを宅配してもらえるか聞いてきたいとオットが言うので
ちょっとSOGOまでおでかけしましょう。

SOGO復興館まで徒歩15分くらいだから、今から行ってさっと帰ってくるにはちょうどいいね。

外に出ると、とてもいいお天気になってきて・・・

オットに「ほらね~、帰るころには晴天だよね
いつもそうだよね、ダメだねぇ、雨夫婦は」なんて言ってる。

          

トコトコ歩いて、忠孝復興駅に到着。
SOGOは駅直結なので、駅の中にズンズン。

          

左に見える黄金の広告ポスターは「資生堂 椿(TSUBAKI)」の広末さん。
あらあら、こんなところでコンニチハ~。
台湾女性からすると日本女性って美人の象徴らしく
街のいたるところに「日本女性美」とか「日本風美人」とか、そういう言葉を見かけるの。
いやはや、台湾美女は健康的かつにこやかで、ワタクシは大好きですよ
台湾美人と日本美人、お互いにエールを交換しましょうって感じ。

そんなこんなでエスカレータを上がり、SOGO復興館の入口へ。しかし・・・
ガーン・・・オープンは11時からだって

しかし、ここで悩んでいる時間はないので、徒歩数分のSOGO忠孝店に行ってみよう。
こっちのほうが大きいからオープンしてるかも?かも?なんて淡い期待を抱きつつ・・・

          

げっ、やっぱりやってない

「お茶でも飲んで時間をつぶして11時のオープンとともに入って
マンゴーのこと聞いて帰れば十分間に合うから」と提案するオット。
スタバを目指して、歩いていくと、途中に天仁銘茶があったので、ちょっとお土産を足しに。

え~ここ品揃えがすごくいい
ナニナニ?APECのお土産になった烏龍茶とかも扱ってる。
爆発して、お茶を買っていたら、「座ってお茶を飲んで、ゆっくり選んでください」と
かわいいお姉さんがお茶を淹れてくれて、英語で話しかけてきた。
普通、大きなお店だとカタコトでも日本語ができる店員さんがいるけど
朝早いからか、このお姉さんと、もう一人のお姉さんも日本語ができないみたい。
いいの、いいの、ここは異国。こちらから歩み寄るべき

「英語は話せますか?」と聞くと「簡単な英語なら大丈夫です」と
申し訳なさそうにお返事をしてくれたので、英語でいろいろと聞くと
とっても丁寧に英語で話しつつ、漢字を書きながら、教えてくれる。

どっちゃりお茶を買い込んで、時計を見ると、11時10分前。

慌てて、SOGO復興店に戻っ11時。オープンと同時に地下へ。

とにかく急いで、売り場のおばさまに「金皇マンゴー、送ってもらえる?」と、ジェスチャーで聞いたら
「送れるのはアップルマンゴーだけ。ごめんなさい」ってこれまたジェスチャーで。

デジカメ出して「OK?」って聞いたら「オーケー、オーケー」って。
記念に写真だけでも撮ってこようっと。

          

          きれいな金皇マンゴーたち。

          

          ドリアン発見!

          

          おいしそうなパパイヤちゃんたち。

ってことで、ホテルまで早足で戻りましょう。

さてさて、これからチェックアウトして、空港へ向かわねば

コメント (2)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~最終日の朝ごはんの巻~

2010-11-07 21:31:42 | 2010年5月台湾
さてさて、ショートステイが楽しい台湾だから、今回の2泊3日も、もう終盤。
またしても朝ごはんをいただきに1階に参ります。

昨日と同じ、ヤワラちゃん(似)に、挨拶をすると、テーブルまで案内してくれる。

外はどんより曇りだけど、晴れてくる気配があって、うれしいね。

コーヒーを頼んだら、ビュッフェをいただきに席を立って・・・

          

          

すごーい昨日とぜんぜん違う内容
ビーフンも、白菜の煮たのも、どれもこれもおいしそう。
中華とも洋食とも言いがたく、本当に和洋中MIXな感じで、
どれもこれもおいしそう。
サツマイモのサラダも、マヨネーズで和えてある上に、
中華らしく、ハムとセロリもまざってる。

ひとつひとつがやさしい味で、パンにも、お粥にも、なんにでも合う感じ

          

えへへ・・・パンに、点心に、サーモンに、サラダ・・・
相変わらず「好きなものを好きなだけ」のワタクシ。
オットは、洋食できれいにまとめております

そうそう、このとき、ワタクシ、昨夜と同じチュニックなのだけど・・・
朝、着替えようとしたら「どうせ、あなたは、こぼしたり、汚したりするから、夕べの洋服にして
食べたあと着替えたほうがいいんじゃない?」なんてオットに言われたんだよね~。
ちっ、するどいヤツ

おいしく朝食をいただいて、ヤワラちゃんに「またくるね~」と手を振って。

お部屋に戻る前に、ラウンジで、PCを使わせてもらいましょ。

          

おお~晴れてきた

晴れていると、このホテル、本当にステキなの。
館内全体が、メタリックなデザインで、太陽の光がキラキラ反射。

さて、さて、PCでメールチェックも済んで、
チェックアウトまで、少しお散歩しましょうかね。




コメント (4)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~お部屋で高級マンゴーGOGO!の巻~

2010-10-30 09:40:10 | 2010年5月台湾
さてさて、夜道をガツガツ歩いてホテルに帰ってまいりました。

          

暗がりのホテル前で、ぼーっとするワタクシ。

夜ご飯をお粥にして軽くしたのはワケがあって・・・

お部屋でマンゴーを食べるのだ

日本で買えばひとつおいくらなのってくらい高い金皇マンゴー
これがひとつ500円程度で買えちゃって・・・本当にありがとう台湾

          

ジャジャジャ~ン!!

まぁ、なんと言うことでしょう、このきれいな黄色・・・(ビフォーアフター調で)

          

おおぶりでツルンとしたそのお姿にカンゲキもひとしお。

         

真ん中で割ってみると・・・

あれ?種は?

はい、種と言うか、まさに魚の骨みたいな感じで
真ん中に、ひらべったい白い種がうすーく走ってるの。
魚を三枚におろす方法で、骨・・・じゃなかった種をとり・・・

          

切れ目を入れて、ひとくち・・・

あま~い

トローっとしてる

口の中にツルンと入って、トロン、と溶ける。
口当たりは、プリンみたいでフルーツの繊維のザラザラ感がまったくなくて。

今まで、食べたことのない食感にびっくり。

オットは「このマンゴーに出会えたのは運命だ!」と。
金皇マンゴーは、台湾でもいつもあるものではないとか。

でも、1個が大きくて半分食べるのがやっと。

明日の朝ごはんのあとに、また食べようと冷蔵庫にしまったのでした

コメント (4)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~夜ご飯はお粥であっさりの巻~

2010-10-26 00:11:43 | 2010年5月台湾
さてさて、街中をぐるぐるお散歩して、ホテルに戻り、
のんびりだらだらしているうちに、これまた夜ご飯のお時間となりました。

「どうするー?」

「さらっとお粥食べようよ」

「それいいね~」

なんて、話がまとまって。

雨は降ったり止んだりだけど、ホテルから数分の
大安駅と科技大楼駅の間にあるお粥横丁へ。

お粥横丁には、何軒かのお粥屋さん、鍋屋さんなどズラーっと並んでいて
どこに入るか悩んじゃう。

どこもきれいなお店で、入りやすいオープンな感じ。

当然、日本語での「いらっしゃい」なんて皆無で、
元気がよくて愛想のいいおばちゃんたちが、台湾語で「おいしいよー!」みたいな呼び込みをしてる。

今回は小李子清粥小菜に入ることに。

          

          

お店に入ると、地元のお客さんが「席ある?」みたいに聞いてくれて
「プーシー(いいえ)」と答えると、なぜか「ここに座ったらいいよ」と
笑顔で空いている席を探してくれたの。

台湾のジモティさん、いつもどこでも親切にしてくれて謝謝

そして、何を食べようかと、カウンターのほうに行くと、
威勢のいい、やさしいおばちゃんたちが「これおいしいよ」と勧めてくれる。

ぜーんぜん日本なんて通じないから、指をサムアップして「これ、グー?」って聞くと
正直に「うーん、まあまあ」とか「おいしいよ!」なんてジェスチャーで。

          

奥にいるブラザートムみたいな人がオーナーで、いかつい感じだけど
笑顔がやさしいの。

カウンターから適当におかずを取って、そのまま席へ。

          

こんな感じ
メンマ、青菜、ナスの炒め、揚げパン。
うひひ、お芋の入ったお粥は食べ放題
このお芋が焼き芋みたいにおいしいのら~

お粥のお味は、粘り気がなくて、香港や韓国のお粥みたいに、油っぽいこともないの。
純粋にごはんにお湯かけました、な感じのサーラサラな感じ。

お茶漬けみたいな口当たりで、さっぱり。

でもね、そこの奥さん、気づいちゃったかしら?
小皿に盛られたおかずたち、すごい量でしょう?
こんな山盛りのメンマ、10人分かと思っちゃう。

ときどき、おばちゃんがテーブルに来て「どう?おいしい?」って目配せ。
笑顔で「うんうん」と答えると、ワタクシの肩をパンパン叩いてうれしそう。

お粥とおかずを堪能して、お店を後にして、ホテルまでテクテク。

          

電飾が点いてるのがホテル。

          

夜道をガツガツ歩くワタクシ。

          

ほどなくホテルに戻ってまいりました~。



コメント (12)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~スターバックスの巻~

2010-10-23 00:57:53 | 2010年5月台湾
さてさて、雨が強くなってきたので、いったんホテルへ・・・と思いながら
ダラダラと永康街から大安駅方面へ。

途中、ちょっと休憩、と思って、スターバックスへ入ろうと・・・

          

げげげげげっ、満席ですがな。

ま、そやね。こんなに雨が降ってるし、外は蒸すしで、台湾らしくギンギンに冷房がかかってる
スタバで一休みしたいのは、みんな同じか


スタバはホテルから徒歩1分のところにも1店舗あって、
そこはいつも空いているから、そこにしよう、と再び歩き出し10分。

やっぱりこっちのスタバは空いてるねぇ~

          

3階建てのスタバはとてもおしゃれ。
階段を上がって左半分が椅子席、右半分がソファのお席。

          

気になる胡麻抹茶ラテをいただいてみます

          

この気泡に見えるツブツブ・・・実は胡麻です。
ええええええちょっとゴマがツブってますけど~

・・・・飲んでみる。

・・・・・・・・ザラザラザラ~な感触。

ヒャー、ザラザラな喉越しでございます

でも、お味はおいしい
抹茶ラテが超香ばしくなった感じ

初日のディンダイフォンでもゴマ饅頭がザーラザラでびっくりしたけど
台湾の方は、きっとこの喉越しとツブツブを楽しむのね~と思った午後でした。

コメント (2)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~デパ地下でマンゴーを物色の巻~

2010-10-17 00:04:11 | 2010年5月台湾
さてさて、雨がパラついてきたことだし、
慌てて三越に駆け込みましょうか。

デパ地下やスーパーってぇやつぁ、お国柄、土地柄が現れてて
必ずチェックしてみようってのが、世の常ざます。

さて・・・日本と同じく、食品フロアが地下にあるのが普通の台湾。
エスカレータで地下に。
あ、101地区の三越は、とっても高級感があふれ、世界の高級ブランドが軒並み入っております。
もちろんデパ地下も、日本と変わらない雰囲気で、本当にきれい。

日系デパートらしく、フロアは、和菓子ゾーン、洋菓子ゾーンなどに分かれていて
スーパーゾーンは、奥にある。

          

ほら、日本と変わらない雰囲気でしょ。

          

生鮮コーナー。

          

ジャムコーナー。

おっと、こういう普通のコーナーを見ている場合じゃない
一目散にマンゴー売り場へ。

          

すごい種類のマンゴー。お値段も日本では2000円はしそうな大きさが500円くらい。

その中に金皇マンゴーと言う、名前からしてありがたいマンゴーを発見。
黄色く熟していて、おいしそう
きれいに個別パックされていて、1つ500円くらい。
こりゃあ、買うっきゃないでしょ。

とりあえず、お目当てのマンゴーをGETしてMRTでホテルに戻ろうかと・・・
するとオットが「もう一回、胡椒餅食べたい」と。
「昨日食べたじゃん」と言うと「もう一回食べる。小腹すいたし」なんて。
MRTで最寄駅まで行って、また歩く、歩く。

ディンダイフォンなどのある永康街は、とにかくアクセス不便で、
いくつかある最寄の駅から、いずれも20分程度。
もうすぐ近くにMRT駅が新設されるらしいけど。
嗚呼、その新しい駅、心待ちですぅ。

雨の中、トボトボ歩いて、胡椒餅1つを買いに永康街まで。

買ったと同時に土砂降りに。

軒下をお借りして、オットは満足そうに食べておりました。
 
          

雨の中、ホテルまで歩きながら、のんびり戻ります。
台湾は、雨、灼熱の太陽などを少しでもしのぐために
アーケードがずっと続いているので、日本よりはラクチンかな。

コメント (2)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~101をサラリと流すの巻~

2010-10-13 00:24:03 | 2010年5月台湾
さてさて、昼間だけど臨光街観光夜市を通って、101へ向かってテクテク。
空はどんよりしてるけど、このくらいのほうが歩きやすいよねと、やせ我慢ならぬデブ我慢。

          

15分ほど歩いて、101が見えてくる。
この101地区は、とっても整備されていて、日本で言うところの都庁周りの感じ。
ディープでゴチャ~な台北の中、すっきりした都会的な雰囲気に癒される~。

          

101に入って、上を見上げると・・・・吹き抜け!とてもきれい!

たくさんのブランド店も入っていて、片っ端から見るも、
どれもこれもお安くないし・・・
日本と変わらないか、日本より高いし。
そりゃあ、そうだよね、アジアだもんね。

          

仕方ないので、地下のフードコートで、おやつといきましょう。

          

旅行先ではワックスをつけないので、板さんヘアになるオットが、並び当番。

          

豆花(トーファ)をいただきます。
お豆腐がほんのり甘い感じの豆花は、プリンよりあっさりさっぱり
喉越しツルンで、おいしいの。
冷たい豆花もおいしいけど、ワタクシは温かいのがおススメ

まったりお茶休憩をして、101タワーを出て、ブラブラ歩いて戻りましょう。

          

101タワーの周りには、レンタサイクルができる自転車が。
日本で言うところのSUICAカードみたいなもので借りられるらしい。

          

おじいちゃんとお散歩にきた、お坊ちゃんがチョコンと顔出しててかわいいの

目が合うと手を振ってくれて
台湾の子供って人なつっこいのね~

          

おやっ、何か市場のようなものが・・・?

よく見ると日本の「楽天」さんが台湾でイベントをしているらしい。
チラリと覗くと・・・

          

          

すごい人出だけど、売ってるものは、漢方薬とか、お茶とか、置物とか
食べ物とか、衣料品とか・・・特にめずらしいものはないし
雨で蒸し蒸ししてるところに、テントの中と言うのは暑いぃぃぃ~、のでとっとと撤収

あらら?雨がポツポツきたことだし、目の前の三越に駆け込んでみましょう

コメント (6)

2010年5月 雨夫婦の訪台湾~小籠包と市場の巻~

2010-10-06 00:25:19 | 2010年5月台湾
さてさて、街中をブラブラしながらも、話題はお昼ごはんのことに。

台湾にきたら、1食たりとも無駄にできない・・・否1食でも多く食べなくては

MRTで六張犁駅まで移動して、そこから15分くらいのんびりテクテク。

          

小雨が降ってるけど、まだまだ平気。

          

お目当ては明月湯包と言う小籠包のお店。

小さいお店ながら、すごーい人気店らしい。

並ばないけど、満席。

食するは、当然、小籠包1つ!
お店のおばさまは、嫌な顔せず注文を受けてくれる。

          

おっ、きたきた。おいしそう。
パクッ
「おいしいでも・・・」・・・やっぱりデインダイフォンのほうが
皮が薄くてジューシーかな。
明月湯包のは家庭的なやさしいお味。

たった1個の小籠包で長いは禁物。
入って20分もせず、おいとまします。

そのまま、待ち歩きを続けるワタクシたち。

          

10分ほど歩くと臨光街観光夜市があるので、中をブラブラ。

えええええええ~夜市なのに、昼間から賑わってますぞ

          

          

フルーツが多い印象。

確かに、すごーくお安いんだけど、品物は、現地の人でさえ
吟味が必要なんじゃないかってくらいの感じ。
(ぶっちゃけ、素人にはよさがわかりません)
台湾自体、決して物価は安くないけど、フルーツは、日本の価格に比べると、
デパートでもグッとお得なので、
素人がここで買わなくても、お散歩の帰りにデパートで買おう、と言うことになり、
市場を眺めて歩くだけ。

でも、とってもとっても楽しくて、めずらしくて、
ところどころデイープさもあって、往復しちゃった。
ディープなところが苦手なオットも、かなり楽しんでいたわ~。

MRT雙連駅にある寧夏路夜市は、
昼間に行くとちょっとびっくりしちゃう雰囲気(ちょっと表現あいまいにしておきます)なんだけど
こっちの臨光街観光夜市は、本当に地元の市場っぽくて楽しかった~。


さてさて、さらに徒歩15分歩いて、101タワーを目指しますよ~


コメント (10)