鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

モエレの鳥たち 11/29 旅立ち直前か⁉ カモたちの集結 

2021年11月29日 | 野鳥2021
2021/11/29 月曜日 くもり

雪が降った後のモエレの様子となります
予想に反して まだカモたちの姿は見られるのですが 沼の水はところどころ氷が張っており
いつ飛んで行ってしまうのか予想がつかない状況となります

今日は 中の橋や C-中洲の周りにはカモたちの姿は見られず
B からA にかけてたくさんのカモが集結していました
毎日のようにカモたちの集結場所が変わってゆきますが
いよいよなのか…というところになります

カモたちの大部分はホシハジロになりますので これから本格的に飛んで行くのかと思われます
同時にカンムリカイツブリや ハジロカイツブリ ホオジロガモたちも気になるところになります
カンムリとハジロはおそらくホシハジロと一緒にいなくなりそうなので まだいると思われました。



中の橋に到着すると 西側にはカモの姿は見えませんが
すぐそばの東側に




マガモたちと一緒に






ヒドリガモの群れが見えました
先日見たアメリカヒドリがいないのかと探してみましたが その姿は見えません…



橋の上から 遠くC-中洲の先の方に

まばらにカモの姿が見えるのですが
ミコアイサが2羽見えますね


ここから奥を見ると

B-中洲の右側にカモたちが集結しているのがわかります
ほとんどがホシハジロに見えますので まだ立ち去っていなかったようです
しかし 今にも飛び立ちそうな感じがします


実はこの群れの中に カンムリカイツブリの姿があったような気がしたので
近くで見るために 土手の上を歩いてゆくことにしました



こちらの真ん中に白い鳥が見えるのですが おそらくそれがカンムリカイツブリだと思われます



他のカモたちは全く見えないのですが
まだ氷が張っていない C-D 海峡の中に白い鳥が見えました


パンダアイサになりますが 1羽だけで泳いでいましたね



さらに進んでゆくと ちょうどB-水門を通り越し A-水門との間のところまで来たときに
B-中洲の縁を覗くと



ホシハジロの群れの中に 1羽だけ真っ白く見えるのですぐにわかるのですが



カンムリカイツブリの姿がありました
寝ているので顔が良く見えませんが 
見るからに優雅なその姿は ひときわ目に着きますね



そのカンムリカイツブリの右に白く見えたのは



よく間違える ミコアイサになります


このカンムリカイツブリはこの後眠りから覚め
沼の中を泳いでゆくのですが
その写真は




こちらになります
いつも見るカンムリカイツブリとなりますが
10月にここに現れてからかれこれもう2か月近くになりますので
ずいぶんの長逗留となります
ハジロカイツブリと一緒に来ましたので 立ち去るときも一緒になるかと思われます


そんな誰かを探しているようなカンムリカイツブリですが
A-水門の前あたりに見つけたのが



こちらのハジロカイツブリとなります
小さいので案外わかりやすいのですが 逆光気味なので目の赤いのがよくわかりません…



しかし幸いなことに すぐ近くの岸のそばに来てくれました
そうしますと




ようやく目の赤いのがわかることになりました



すぐに潜ってしまうので

また探すことになるのですが



この姿を最後に







ドボンをしてしまいます…



こちらは
たくさん見ることが出来る

ホシハジロのメスになります
このカモも ホオジロなどと間違えそうになります


カンムリカイツブリはその後

またB-中洲の横に行ってしまいます。



よく目につくのは



羽バタをするミコアイサになります



ハジロカイツブリがまた出てきますが

近づいてはくれません



ミコアイサが2羽見えます



ここは A-水門を過ぎて 中洲岬のこちら側になりますが
先ほどのハジロが近づいてゆくのは




オオバンとヒドリガモになるのですが
どうもこのヒドリガモは アメリカヒドリに見えますね
先日中の橋のそばで見たものかと思われますが


意識してはいませんでしたので




ピントが合っていません…


こちらも同様に

ピントが合っていないのですが
この上に見えるカモが気になりますね…



すると一瞬だけチャンスが訪れました
水から出てきたそのカモを撮ると


ホオジロガモであったことがわかります
この1枚だけですぐにまた潜ってしまいます…


しかしじっと待っていますと
別のところにまた姿を現します









どうやら同じ鳥だと思われるのですが
くちばしの先が橙色のメスだと思われます
先日1年目のオスもいたのではないかという気がしたのですが
ここに写っているのはどうもメスのようですね



ハジロ君もここから

見え


そのそばには先日と同じように

カワアイサも1羽見えます



そのハジロが
 
カモの横に



近づいたとき


こちら側の水の中から出てきたのが




また先ほどのホオジロガモのメスになりますが
これ以上はどうにもならず


拡大してみたところで

どうにもならないようです
しかし またホオジロガモを見つけることが出来たようです。



ここで引き返してゆくことになるのですが
ようやくここで カモたちがA-中洲のこちら側にたくさん集結してきていることに気が付きます


先ほどまでいなかったのですが

たくさんのカモが 奥から集まってきていますね




向こうに見えるのがA-中洲になります



こちらの奥に見えるのは

B-中洲になるのでしょうか…



B-水門のこちら側にも

カモたちが見え
遠く中の橋が見えるのですが その周りにはほとんどカモの姿は見えません



そんな中群れの中を見ると

上の方にハシビロガモのつがいが見えます
右側がオスで左の奥にメスが見えます
以前下ノ橋の右の岸のところで見たつがいかと思われます
彼らもまたここに集結して飛んで行くのだと思われます



そのハシビロガモの手前に見えたのが




2羽の小さなカモになりますが コガモかと思われますね


右側に見えるのが 換羽している

オスになります
こちらのカモも最近見た個体のようです
この沼にいるカモたちが どこからともなく皆集まってきているようです
旅立ちが近いのでしょうね

先ほどのカンムリカイツブリの姿はもうどこにも見えませんが
目につかないのだと思われます


A-中洲の先の方を見ると




たくさんのカモたちが広がっているのですが
カワアイサの姿も複数見えます


それに比べて中の橋の辺りには

もうカモたちの姿が見えません…
黒く光っているのは氷が張っているところになります
いよいよ旅立ちが近いモエレの様子となりますが
皆元気に飛んで行ってほしいものですね

そんなモエレの様子となります
それでは また

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モエレのカンムリカイツブリ... | トップ | モエレのホオジロガモ 11/30... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥2021」カテゴリの最新記事