鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

日テレドラマ 崖っぷちホテル! Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

2018年06月22日 | ドラマあれこれ
2018年 6月某日

ドラマ好きのこのおっさん ドラマはよく見ます
録画して一気に見るのですが 最後まで見る気になるドラマは 少ない様です
初回を見て それっきりのドラマも多々あります。

人間社会の中の 或る真実のひとかけらを 作品を通して表現するのが
ドラマであるとか映画 あるいは小説ではないかと思います
小説は 読まなくてはいけない という制約があるのですが テレビドラマというものは
簡単に努力しなくても見ることが出来ます、なのでこの年になると 気楽に見れるのが
テレビドラマ ということになります。

いろんなジャンルがドラマの分類にあるのですが どんなドラマであろうと
登場人物の人間性が破綻なく表現されていないと 見るに堪えないところがあります。


さて 今回登場するドラマは くしくも 同じ日テレの 2本のドラマであります
どちらも放送は終了していて 結局最後まで見ているので 
面白かったのかもしれません・・・。
そのドラマとは
 崖っぷちホテル!
 Missデビル 人事の悪魔・椿眞子

この2本です
最後まで見ておきながら こういうのもなんですが どちらも最初の期待を裏切られた
残念なドラマであったという事は否めません。
何の感動もないドラマでしたね・・・。

どちらのドラマも ストーリィが 破綻しています 全く・・・
細かいところをああだこうだと言うつもりはないですが 辻褄が合わない所ばかりで
頭がおかしくなってきます だから登場人物の人間性が書けている訳もなく
最終的に何も残らないドラマといわざるを得ません。
日テレっさん しっかりしてよ・・・。


崖っぷちホテル!
このドラマ 昔見た 王様のレストラン を 思い出したものです
こちらは 三谷幸喜さんの脚本のドラマで 松本幸四郎さんが主役でした
 
あるいは 高原へいらっしゃい という 山田太一さんのドラマで
最初が 田宮二郎さん 後に 佐藤浩市さんが主役をやってましたが どちらも見ています。

脚本家がどちらも素晴らしいので 実におもしろかった記憶があります。
どちらも人間がよくかけていたようですね。
前者は やはりコメディタッチですが 凄腕の松本幸四郎さんが 潰れかかったレストランを
そこで働く従業員の 意識改革によって立て直すというお話しですね。
こちらの方が似ていますが・・・。

後者の方は 色んな問題を抱える主人公が やはりそこで働く従業員とともに 成長し
難問を解決して行く というお話です。

どちらも 登場人物が生き生きと描かれていて 共感を呼ぶいい作品に仕上がっていました。
しかるに この 崖っぷちホテルは・・・

主題歌である フランクシナトラの 夜のストレンジャー が素晴らしかったですね
子供の頃によく聞いた歌ですが フランクシナトラって こんなに良い歌を歌っていたんだ!
と 思わず気持ちが良くなりましたね。いい選曲だと思いました。

でもそれだけ・・・肝心の内容は お粗末極まりないですね
だいたい 主人公の考えていることが理解不能・・・最後までわからんかったね
だから 親しみが全く起こりません。
ホテルが流行って行くエピソードもなんだかな・・・手抜き感が否めないですね

役者さんの演技が悪いなどと言ってるわけではないですが ドラマの作りがひどい
という話ですね。 




もう一つのドラマ Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
本作の主人公は 二人います 一人が菜々緒さん演じる 椿真子
もう一人は 佐藤勝利さん演じる 斉藤博史 というわけですが

こちらは最初 入社したての 斉藤博史君が 椿真子の厳しい指導のもとに
成長して行き 会社の持つおかしな部分を改革してゆき 会社を 立て直して行く
という話かと思いましたが。さにあらず

この椿真子 リストラ対象者を追い詰めたのち
 あなたには会社を辞める権利があります
などという 殺し文句を並べ立て リストラを行って行くのですが 
リストラ対象者は いずれも 本人にもあるいは会社にとっても
様々な問題を抱える人たちで 
斉藤博史がその事をとおして 成長して行くのかと思いましたが
斉藤博史君はいつまでたっても 成長せず 主体性は全く無しのまま・・・
椿真子の前では
いつもおどおどした演技を繰り返すだけ・・・。
それでも 最後には などと甘い期待を描いてみたものですが、結局最後までこのまま
いったいなんなの このドラマ・・・。

リストラされていった人たちが 新しい世界で今までと違う人生を始める という
ドラマかと思ったものですが 途中からドラマの人格が変わります

殺人事件を含む とんでもない話に・・・
主役を含め 会社の社長 会長 斉藤君の家族 
もう何考えているのか これまた 理解不能・・・・・・
袴田吉彦さんが出てきた辺りから このドラマのプルフィールが変わってしまいます

あとはもういけません 何やってんだかわからんなこのドラマ
役者さんは良いんだけどね・・・話がね 完全に破綻してますね

未解決の伏線は残ったままですが 続編はないでしょうね
あっても もう見ないですね。


ジャンルはといませんが もっとキッチリ人間を描いたドラマが見たいですね
そう思いました

それでは また
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 円山公園のオシドリ 6/20 ... | トップ | モエレの鳥たち 6/21 木の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマあれこれ」カテゴリの最新記事