鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

おっさんのB級グルメ哲学 その6 山頭火のラーメンについて・・・

2018年01月17日 | おっさんのB級グルメ哲学
2018 1月

おっさんの ラーメンをめぐるお話も とうとう その6 となります
今は 懐かしいラーメンの味の 記憶をたぐりよせながら そのお店とラーメンを思い出しているのですが

その中で 外すことのできないラーメン屋さんがあります
それが 旭川ラーメンの雄 山頭火 のラーメンなんですね

この店 俳人の種田山頭火 から名前をいただいたそうですが 全国どころか 海外にも進出している
世界的チェーン店 なんですね
今は国内の店舗は 縮小したようですが 海外が凄い勢いらしいです


その前に 同じチェーン店で 札幌ラーメンを代表する
味の時計台ラーメン について触れておかなくてはなりませんね

もう30年以上前でしょうか このおっさん ここのラーメンを食べたことがあります
その時は 時計台の横の南北の通りを挟んだ対面のところに あった店舗だったのですが
醤油ラーメンを頼んだところ これが・・・真っ黒で しょっぱくて スープの旨みが全く感じられない
ラーメンだったんですね 
今思うと たぶんアルバイトが作っていたのだと思うのですが
何かを入れ忘れたかのかもしれません とにかくまずかったんですよ
茎わかめは 入っていたんだけどね・・・


それで 味の時計台=まずい店 という風に思っていたんですね
ところが 2000年辺りに もう一度北2条の店で 食べたことがありまして
その時は 普通においしい札幌ラーメンでしたね
醤油はやはり味は濃いめですが まあ万人受けする札幌ラーメンと言うところでしょうか
味噌の方が やはり ここでは人気がある様ですがね

これは

札幌駅の 北口の西側にある 味の時計台の店です



一番人気の味噌と



味の濃い醤油です


この味の時計台ラーメンも 全国展開をしていて 海外にも進出しているそうです
山頭火と 味の時計台 目指す味の方向は全く違いますが
広く海外まで進出している所は同じですね 海外では どちらが生き残るのか非常に興味が
あるところですね



さて 肝心の山頭火ですが 初めて食べたのは やはり 2000年くらいの頃です
よく食べたのが 北14条東7 にあるお店ですね
山頭火の創業は 1988年 この店が出来たのが 1996年 だそうですから 結構古いです



このお店 環状線の南に面して オートバックスの隣りにチョコンと建っています


お決まりのラーメンは

塩の大盛りですね
この山頭火は 塩ラーメンが美味いんですね 豚骨で時間を懸けてとった乳化した
クリーミィなスープに アジやカツオでとった魚の出汁を合わせてあるんですね
このスープが 美味いんですね
あっさりとしていながら 濃厚な深みがあるスープでしょうか
何度食べても 美味いですね 飲み干してしまいます

上にかかっている ゴマが香ばしさを与えていて 小梅もいいアクセントになります
そして チャーシューが 厚いバラのが2~3枚乗っているんですね
小さい丼なので 少なく見えますが そんなことはありません

麺は中細のややウェーブのかかった旭川麺 やや硬めに茹でるのがいいです
茹ですぎは NG
この麺はおいしいですね 

行きやすいのもあり 何度食べたか判りませんが まあ 何時食べても同じ味を維持しています
そこがこの店の良いところでしょうか

ただし 少し スープが甘く感じてしまうところでしょうか・・・
食べ終える頃に 少しくどく感じることがあります そこが残念な所ですか・・・
もう少し煮干しの味が濃い方が このおっさんには良さそうですが
これはこれで 一つの完成系なのかもしれません
バラのチャーシューの脂がきつい時があるので それはいただけませんね


塩ばかり食べているので 

醤油も食べることがありますが 醬油のほうは 少し雑味が出てくるようです
美味しいけどね でも やはり ここは塩ですね

九州の豚骨ラーメンにはない 魚出汁の良く出た豚骨ラーメンですね
おっさんが好きなのは言うまでもない事ですね




この山頭火 12年ぶりに 札幌に新しい店を出したそうです
札幌駅と大通りを結ぶ チカホの北1条の所に


周りのオフィスの会社員さんをターゲットにしているそうです
当然山頭火ですから 塩がメインですが

これは 塩の肉盛りですが



味噌と(810円)


この

醤油が (760円)
他の店と味が違う様です
とくに この醤油は 煮干しの味が濃いみたいです
おっさん好みかもしれません
ちかじか これを 麺かためで いただいてみようかと思いますね
行きやすいのでね・・・

この店 夕方5:00~ 酒も飲めるそうで別メニューがあるそうです
まあ そっちは どうでもいいけどね



山頭火というと すすきのの 南3西3 の所にあった店と
電車通りに面した 山鼻の南19条の店で食べたことがあるのですが

どうも この2店は 営業方針で 本店ともめて 裁判沙汰になったことがあり
結果 今は名前を変えて
有限会社山頭火らーめん 札幌南3条店 と 山鼻店 という名前になったようです




こちらはすすきののお店ですね
味は基本おなじですが 少し違うかもしれません
以前食べたときは 少し脂っこかったかもしれませんね



そんなわけで 長々と 山頭火 について述べて来ましたが
おっさんの中では 何時も味が変わらない 美味しいお店として
位置づけていることはいうまでもありません
特に 塩ラーメンね

それでは また
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 相棒 その1 元旦スペシャ... | トップ | モエレの鳥たち 1/18 トビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おっさんのB級グルメ哲学」カテゴリの最新記事