鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

モエレの鳥たち 9/20 カイツブリに3羽目の成鳥が…よくわからん…

2021年09月22日 | カイツブリ類
2021/9/20 月曜日

おそまきながら この日のモエレの様子となりますが
カイツブリの様子となります
下ノ橋の北側のスポットにはこのところ3羽のカイツブリが過ごしていました
1羽の幼鳥と 2羽の親鳥がずっとここで姿を見せていましたが
この日は新たな展開が見られました…。

つがいと思われた2羽の親鳥の他に もう1羽別の親鳥が姿を見せ 
それ以前にいた3羽の親鳥と幼鳥たちと仲良く過ごしていましたので
いったい彼らの関係はどうなっているのか…? という疑問が浮かび上がります


下ノ橋の南側




シジュウカラの姿が見えます


こちらはモズですが




朝の光がまぶしくて






しっかりとは色が出ません…
尾羽が短いような気がします




下ノ橋の北側のカイツブリエリアになりますが
まず最初に見つけたのは 以前浮巣があったところの後ろ側の草の前のところに
じっと動かず休んでいるカイツブリが2羽見えました





以前もこの辺りで見たような幼鳥1羽と 成鳥が1羽見えます
奥に見えるのがいつもの幼鳥で 手前の方が親鳥のようです
幼鳥とお母さんかと思いましたが どうもこの成鳥顔の色があまり赤くないように見えます
冬羽に変わってきているのかと思うのですが…
この時点ではさしたる疑問も持たなかったのですが……



しばらくしてこのカイツブリたちが動き出します


沼の中ほどまで進んだ

幼鳥になります これから活動を始めるのでしょうか



ここで 遠いところ S-中洲の公園側の対岸の草の根元に
カモたちに混じって

ポツンとカイツブリの姿が見えました
左下のカモの少し奥になります




成鳥に見えますが 先ほどのとは違うのがわかります



先ほどの幼鳥のところには

先ほどの親鳥がいて そのそばには



幼鳥もいて






2羽でだんだん 遠くのカイツブリの方へと泳いでゆくのが見えましたから
いつものように 2羽の親鳥と幼鳥が1羽の組み合わせかと思っていたのですが…



S-中洲の向かい側の草の突き出ているところをよく見てみると

少し影になりますのでわかりずらいのですが
草の根元のところの暗いところに



2羽のカイツブリの親鳥の姿が見えました
さっきの親鳥がもうここまで来たのかと思ったのですが…




こちらはその付近を泳いでいる

換羽している最中のヨシガモのオスだと思われます




先ほどのところをよく見ていると




なんと カイツブリの姿が4羽いることに気が付きます!


右に見えるのが いつものお父さんとお母さんだと思うのですが
幼鳥と一緒にいる成鳥がよくわかりませんね
あまり顔の色が赤くないので 幼鳥なのかとも考えましたが
顔にまだらはなく くちばしはやはり親鳥のように黒くくちばしの根元に◯がみえます
なので 成鳥なのだと思いますが いったい誰?   ということになります

右の2羽の成鳥は

こちらになり
顔の赤い方がお母さんで 右の方が幼鳥と一緒にいたダークグレー成鳥かと思われ


左の2羽は

幼鳥といつものお父さんかと思われます
お父さんの方も顔の色の赤味が薄くなっているように見えますが
ダークグレー成鳥の方がより赤くないようです



どう見ても 3羽の成鳥が見えますので
2羽のペアの親鳥の兄弟なのか あるいはさらにその親どりなのかもしれません…
私の妄想かもしれませんが この3羽目の成鳥も以前この辺りで見たような気もしますから
全くよくわからなくなってしまいましたね



この成鳥 顔の色があまり赤くないので 別の2羽の親鳥とは区別がつきそうです

幼鳥と最初に一緒にいたのがこの成鳥だと思われますが
この成鳥大きな魚を獲ります



しかしこの成鳥 その場で食べないで



右奥の草の影の方へと

魚を運んでいって そこで食べる習性があるようです
のちにまた 草の影に魚を運んでゆくシーンがありますが
どうもこの鳥の癖なのだと思います



残ったのは幼鳥と2羽のいつもの親鳥ですが



3羽で仲良く過ごしています



右に見えるのは




換羽しているコガモのオスだと思います







右岸の陰の方でカイツブリたちが






岸のそばに集まってきているカモたちの周りで
活動しているのですが 暗い部分でもあってよく見えません…



しかしここでまた




4羽のカイツブリが集合しました
左端のカイツブリがよくわからないカイツブリの成鳥となります



こちらの左のカイツブリですが おしりがあまり厚くないように見えます
体の色も少しダークなように見えます
顔の色も赤くないのが比べるとよくわかるようです


ここでこの成鳥
右端の幼鳥の横に移動してゆきます



幼鳥のような顔の色ですが 光が当たるとやはり赤味があります



右手前には 草の出っ張りがあるのですが



こちらの場所を右側に近づいてみてみると 草がせり出してきますので
この様に
 


草のすぐそばに4羽のカイツブリが休んでいるように見えますね
どうもこの辺りが彼らの現在のお休みどころなのかもしれませんが
橋の上からは見ずらくなるようです



ここでまた動きがあり
幼鳥がその草の出っ張りのこちら側へやって来ます
草の根元の暗いところに幼鳥がいるのですが
その幼鳥に続いて色のダークな成鳥もやって来ます





ここから幼鳥がさらに南下して




こちら側に 幼鳥と成鳥が見え


左の奥には

2羽の親鳥の姿が見えますから




こんな感じになるのですが
先ほどよりも 橋に近づいてきているのがわかります




こちらは幼鳥です




2羽の顔の色のまだ赤い親鳥も姿が見えますね



ここでカイツブリたちは 草の根元から離れて沼の中央へと出てきます


 
どれがどれやらよくわからないのですが
今度は活動的で すぐに潜るのでなおさらよくわかりません
食事の時間なのかだと思われます


こちらは

お母さんでしょうか



右に幼鳥と



左は

ダークグレー成鳥かな…?



お母さんと幼鳥



ダークグレー成鳥





お母さんと …?



ヨーチ


右端が

幼鳥かな


この左のが






ダークグレー成鳥かと思います



お母さん



右がお父さんかな…?



潜って

出ているのが



ダークグレーでしょうか


お父さんがその左にまた

姿を見せましたね
どちらも顔の赤みがあまり強くはないようです






お母さんとヨーチになります



ヨーチが真ん中になります



ヨーチとお母さんが


左奥のお父さんを

見ているの図かな



少し離れたところで
ダークグレーがそれを見ています



ここでまた4羽が接近しますが

右上が多分ダークグレーになりますが


ここでダークグレーが潜って出てきたときに

大きな魚を咥えていましたが



このダークグレー成鳥は魚を持ったまま

右へどんどん泳いでゆき



右岸の先ほどの草の前影のところで

この大きな魚を呑み込んでいたようです

どうやらこのダークグレー成鳥は
大物を草の影で食べる習性があるようです
それは先ほどもやっていたので 雛でもいるのかなと思ったものですがどうやらそうではなく
単純にこの個体の習性なのだと思われます



沼の中にここった3羽の親子はいつものように仲良く









3羽で過ごしていたのですが


あのダークグレー成鳥は岸辺で

1羽だけでじっとしていました

あの親子とこの成鳥はいったいどういう関係なのか気になるところになります
またその他の幼鳥が姿を見せるのかも気になるところになりますね
そんなカイツブリのお話となります
それでは また

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モエレの鳥たち 9/18 そろ... | トップ | Charles Fairmorn - Lancer's... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カイツブリ類」カテゴリの最新記事