鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

Samuel Gawith - St. James Flakeの 第二印象とある試み

2018年07月17日 | パイプタバコ
2018年 7月

前回は Samuel Gawith - St. James Flake の感想を述べたのですが
その後喫煙を繰り返しているうちに あることを発見しました。

このタバコ 甘さ控えめのペリクの味が素晴らしいたばこ であると
前回のレビューで述べたものですが
どうも この甘さ控えめ と言うところが気になりました。
というのも その後の喫煙で とんでもなく甘く感じたからなのですね・・・。

それも 少しグラッシーな香りの中に 花びらの甘い蜜 とか ハチミツを連想させるような
甘い味がぐいぐい押してくるのですね。
甘みの添加というのではなく バージニア本来の甘味が ペリクにより増幅され
ストレートに その甘さが口の中に広がってくるのです。

この甘みは 
ほぐし方によって 出方が異なる様ですが
普通に解した時には ボウルの中位からが顕著で 強い煙とともに 甘味も
バージニアのスモーキィさと伴に 口の中いっぱいに広がるのですね
もちろん ペリクの レーズンっぽい甘酸っぱい味も健在です。


今回は そんなことを検証するための 或る実験をしてみました
まずは
  
このように ハサミで切ってから 空き缶に詰めた フレイクを
ほぐすのですが
2個のサンプルをつくってみました


そのサンプルは

この2個ですが
左の方が 粗めに というか普通に解した感じになります
右の方は それをさらに念入りに 細かくほぐしたものです

粗い方は 30分位 細かい方は 20分位の乾燥となりました。

こちらが

粗い方です


こちらは

細かい方なのですが
わかりにくいので


さらに拡大すると

粗い方



細かい方ですね
これならば その感じが分かると思います。
細かい方は ほぐしているうちに 乾燥してきます それで 20分です

粗い方は ほぐした後も少し乾燥させました そして 30分となります。


これを サシエニの 古いエステートのパイプで喫い比べします
同じ様な味の特性のの2本で同時に比べてみました。


ほぐし方の 粗い方

やや粗目なので 火が安定するまで 2~3回くらいのリライトが必要です
味わいは前回のレビューの通りになるのですが
ボウルの中盤から バージニア葉が熱で温まるせいなのでしょうか 甘味が強く出て来ます
レッドバージニアの あの甘さが強く感じられます
強く喫えばスモーキーな味と伴にあのエッジの効いた甘さが強調されるようです。
終盤まで それは続きますが、穏やかに喫えば まろやかな上質の甘味が続いて行きます。

実に心地よい甘さのたばこ ということになるのですが
乾燥の度合いが少なすぎれば あまり甘味が出ないようですし
前半の穏やか過ぎる甘さが少し物足りなく感じるかもしれません。


お次は
細かく揉み解したもの 

じつは これだったんですね 何て甘いんだ! 
と思った原因は・・・。

かなり細かくほぐしたので 着火は楽ですが それでも2度ほど点火します。
点火してから すぐに 甘い味が来ます
ここが 違うところですね まず。

古い年代物のワインが デカンテーション
相棒シーズン5 第9話 殺人ワインセラー:ゲスト 佐野史郎 を参照しました)
により 蕾が花開くように 
香りと味が全開します。
このタバコで言えば 甘味がいきなり立ち上ります
その甘みは強いです 甘さ控えめなどではなく 何て甘みの強いタバコなんだ!
と思うほど。
レッドバージニアの甘さでしょうか
少しグラッシーな香りも来ます キーンと来るような甘さでしょうかね
しかし 熟成感はたっぷりで スモーキーさたっぷりの中に その甘さはまったりと
口に感じられます。
密のような 強い甘さと伴に時間が流れて行くのですが
多少問題があります
それは 少し雑味が出てくるという事でしょうか
粗くほぐした時には そんな雑味は出なかったのですが
この様に細かくほぐすと 燃焼温度が上がるのでしょうか やや雑味が出て来ます
この場合は あまり強く喫わない方がいいようです、それでも充分甘いです。


このことを踏まえると このタバコ 実にバージニアの甘味を存分に味わえる
タバコであると言わざるを得ません。
素晴らしいタバコなのではないのでしょうか。深い味ですね。

この二通りの中間辺りのほぐし方が いい塩梅なのかもしれません
しかし どちらにせよ 味わいは変わって来ますが
どちらも 素晴らしい味わいになりますね。

私的には  やや粗目の方が雑味が出ないという点で 好きかもしれません
しかし あの全開の甘さは捨てがたいものがありますね。


この試みは 他のフレイクタバコにおいても なにがしかの影響を及ぼすと思われます
色々試してみるのも面白いものですね

それでは また
コメント