鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

ほっぺや 和風塩ラーメン大盛りチャーシュートッピング+鳥そぼろめし

2018年01月12日 | ラーメンレビュー
2018/1/12 金曜日 晴れです

ラーメンレビューとなりますが またまたほっぺやですね
今回は 久々に塩ラーメン 大盛り チャーシュートッピングとなります 
鳥そぼろめしはサービスです

12時頃に行ったので 店内は大変混みあっています 待ち時間が結構ありました・・・
店内に入った時 いつもの店主がいません
ここのところずっと店主の下でやっていた方が 麺をゆでています
そして 新顔の女の方が 接客をしていますね
いったいどうしたんでしょうか?
もしかして 他に店を出したのかもしれません・・・
気にはなったのですが まずはラーメンを ですね
今回は 塩ラーメンにします ズット醤油ばかりだったので・・・
でも ほとんど塩をたのむ人はいないんだよね・・・
みんな 今なら醤油ばかりなんですね つけ麺とね

この店の客サバキは 実に気持ちがいいもので 間違いは無しですね
あまり待つことはないですね
ラーメンの到着です

これが和風塩ラーメンです トッピングは醤油と変わりません
大盛りにしたので 麺がもっと多いです(写真は食べログからお借りしました・・・)


これは

サービスのとりそぼろめしです 自家製のマヨネーズをかけていただくとまた旨いんですね


チャーシュートッピングで 厚いのが3枚増えます  200円/3枚 これってかなり安いですし
厚いし美味いです! コスパは最高ですね

この写真は 醤油のチャーシュートッピングですが・・・同じ感じです


いつも思うのですが ここのラーメンは実に安定した美味さがあります

メンマは太く柔らかいのが きっちり3本
チャーシューは バラのよく油を抜いた柔らかく しかも分厚いのが1枚 
カッキリ のっています

どちらも 美味いです 言うこと無しです
海苔と ねぎと三つ葉がいいアクセントになっていますし 
またこれが 良い味を出している

全く変わりませんね
しかし 今回は塩です スープの味はどうでしょうかね・・・
前回塩を食べたのは 2年ほど前ですが・・・

うん 前回よりいいですね 脂の香が抑えられていますし
グッと味に深みが出ているようです
塩は 煮干しよりも 帆立の貝柱や スルメなどの 出汁が前面に出ているようです
もちろん豚骨はベースにあるのですが
これも美味いです ややとろみもアリ しかも脂っぽくはなく
醤油とあまり路線の離れていない感じで いいですね
これはなかなか美味いです

函館などの塩ラーメンとは一線を隔す 感じで あまりコンソメの様なさらっとした感じではありません
むしろ 山頭火のような こってりとした感ものこした ほっぺやの塩 という感じです

醤油に負けず劣らず 美味いラーメンでした
麺もうまいです 中細のストレート麺で シコバツ の旭川麺タイプでよろしいですね

しかし ここのチャーシューは 素晴らしくボリュームがあります
7mm位の厚さのが 4枚乗ると 満足感は半端ないです 箸でちぎれるほどの柔らかさで
油抜きも丁度良しです スープも 脂分がほどよく さっぱりとしてコクがある
申し分ないですね



聞くところによると どうもここの店主 北10条東4 のところ スーパーの生鮮市場の前の所に
新しい店を出したようです 去年の12月に
斗香庵 というのだそうですが
和風のラーメンと トッピングで丼物が食べられる 新しい形態のラーメン店をだして 
この店はお弟子さんにまかせて 
店主はそちらでやっているようです

ラーメン 550円 どんぶりが各種390円 で こちらはあくまでトッピングという事の様です
近いので 一度行ってみなくてはなりませんね


しかし このお弟子さん 客サバキもうまいし 仕事も早く
なにより 味に何の問題もありません 逆に美味いと思った次第です
いい人を見つけましたね これならば店主も安心して そちらで腕を振るえるんではないでしょうか

また一つ楽しみが増えたようです

それでは また
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンマでっかTV の あなたはどっち派? について・・・

2018年01月12日 | ちょっとしたことですが・・・
2018 1月

一昨日見ていた ホンマでっか? TV 
この番組 面白いので 毎週録画して見ているのであるが
その中で あなたは どっち派? というコーナーがある

この前は 一人焼肉OK か 出来ない派 かという問題でした
まあ おっさんは OK派なんですが 
基本 一人で物を食べることに 違和感がないということでしょうか

焼肉の場合は 少し異なるようですが だいたい 一人の時は焼肉という選択はないようです
それって 焼肉を一人で食べられない・・・という事でないのか と突っ込まれそうですが
そうではないですね 気分次第で それもあるということです
一人の時は なるべく簡単な選択をする という事なのではないでしょうか
ですから 気が向けば一人で焼肉を食べることはあります 気になるわけではありません。

人といるのが好きな人 というか いつも人が周りにいないと淋しい人が 出来ない派
なのではないでしょうか。
何故か? という事は難しいのでよく分かりませんが・・・


で この話は お終いですが
一つ気になったことが・・・ありました

それは 以前のこの番組で 大泉洋さんが 出た時ですが
タコ焼きの 熱いのすぐ食べる派 冷ましてから食べる派? という問題

この時 大泉さんかなり突っ込まれていましたが・・・
だいたい この番組は 大泉洋を 否定するつくりになっている様ですので
それも仕方がないかもしれませんが


この番組スタッフの不理尽さを 感じたものです
それはどういうことかというと
おっさん 大泉洋が 猫舌であるということはしっています

それは 札幌のテレビ局の STV かなんかのワイドショー (たぶん道産子ワイド)で
かなり前になりますが 小樽の運河沿いの倉庫に 小樽運河食堂 という ラーメンの
テーマパークが出来たおりに
大泉洋が ゲストレポーターという役どころで ラーメンを食べていたのですが
気になったのは ラーメンを食べる時に 必ず 一旦 レンゲの上に麺を載せて 冷ましてから
食べていたのですね これは どのラーメン屋さんへ行っても同じことを繰り返します

実は このおっさんも 鍋焼きうどんを食べる時に そうして食べるんですね
今は流石にラーメンぐらいでは そうしないで フーフーして食べるのですが

鍋焼きうどんは ダメです 熱くて舌がやけどをしてしまいます
おっさんも猫舌なんですね 子供のころから・・・
だから 大泉洋さんの気持ちが分かるのですよ

タコ焼きも出来立ての熱いのは直ぐに食べられません これも同感です

ところが 大阪の人たちは 熱いのを食べるのが当たり前の様です
食べ方も上手で 美味く口の中で転がして 舌に触れないように食べることが出来るそうです

そのアツアツのやけどをしそうになるくらいのが 美味いそうでタコ焼きの醍醐味がそこにあるそうです
熱くないのは 美味くないそうです・・・

ここです ここなんです 
おっさんが ホンマかいな? と思うところは・・・

そりゃ 冷たいのより ある程度熱い方がタコ焼きは美味いですが
舌がやけどするほどに熱いのが 本当に美味いのか? ということなんですね
どんなものでも 食べるもんで 熱すぎるものは 舌が麻痺して 味が分かりません
ただ雰囲気だけを食べている様な物です

こう言っては言い過ぎでしょうか?
ある程度の温度でなくては 味が分らないのがどうも このおっさんのようです
おそらく 大泉洋さんもそうだと思うのであります

このおっさん ものを食べる時 よく噛むんですね
普通の人の倍くらいは噛んでいるのではないのかと思う時もあります
そうしないと 味がよくわからないんですね

パンでも ラーメンの麺でも 蕎麦でも よく噛みます
そうすると味が分るんですね というか 美味さが出てくるような気がします
そこを 味わわないで 呑み込んでしまっては もったいない話です
江戸っ子は 蕎麦は噛まないでのむもんだ なんて粋がって見ても
噛まなくては 蕎麦の本当の美味しさは分からないと思うのであります
犬と猫の食べ方の違いに通ずるものがあるかもしれませんね・・・

で 話を戻すと
タコ焼きを味わうためには よく噛む必要があります
そこで タコ焼きの熱さが問題なのです
だから 少し冷ましてからよく噛んで食べる訳です
大泉さんの食べ方に 一票です

そこの所を あの番組では詳しくやらないから
こちらが気になってしまいます
笑いでごまかして それでお終いなんですね

だいたい アツアツのタコ焼きが美味いという幻想があっての話題となっているのであります
噛めないほどのね・・・
そこに 番組スタッフの一方的な押し付けを感じた次第であります

半分お笑いの番組ですから そうなるのでしょうか
そんな事を感じました

あくまでこれは おっさんの独り言ですから 突っ込まないでくださいね

それでは また
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

McClelland British Woods 100gTin

2018年01月12日 | パイプタバコ
2018 1月 

前々回 仕入れたバルクタバコも とうとう底をついてきました

右端の Lancer's Slices はとっくに無くなり
左の マクレのバルクの #5100 と #2020 もあと数回分を残すのみです

ところで この真ん中の #2020 ですが Matured Cake という オリエンタルのブレンド
なのですが ここへ来て 俄然美味く感じるようになってきました

最初は 味がかたくて 旨みも甘さもさほど感じなかったものですが
熟成と 乾燥の具合でしょうか 味にまろみが出て 単体でかなり美味いです

オリエント葉の Xanti が まろやかな甘みを出しているように思えます Yenidje みたいな・・・
ラタキアは 控えめですが やはり適度な重厚感をだしていて 
穏やかなVa が それを支えている様で 
とても深い味わいを感じるようになりました 落ち着いた旨みを感じるタバコです

やはり バルクタバコは 湿度管理が重要であることを再認識したものであります
乾燥しすぎは良く無いですが 長期保存を除いては ヒュミドールなどで 加湿しない方が
美味く喫えるようです 心配ですぐ加湿してしまうんですよね・・・
だいたい 8オンスくらいが 加湿しなくて良い上限の量でしょうか

このタバコも 暑いブロウクンフレイク状になっているのですが
終いの方では クランブルケーキみたいに やや硬くなって来て
指でつぶすと ペキペキと細かく砕ける感じになりましたが これくらいが
美味しく喫える状態なのかと思いました



さて 前回仕入れた
P,S の Luxury Twist Flake.
     Turkish Blend
が まだほとんど手つかずで 残っているのですが・・・



これですが

前者は キャラメルの着香がついていて 甘ったるくていけません・・・
そして 後者も 味が薄っぺらくて 途中で飽きて来ます・・・バーレーがはいっているのか
喉にも辛いです

なので どうも喫う気になりません・・・まいったね これは・・・


そこで マクレの缶入りを開けてみました
今ある在庫の中から





100g の缶入りですね

缶がシンプルなデザインで いろいろ種類があるようですが
分かりにくいのも 今まで手が出なかった原因でしょうか
しかし 評価を見てみると なかなか高いものが多いんですね
これは English タイプですが 主に Va のが多かったのも手が伸びなかった原因でしょうか
最近になって Va タバコをやり始めたので・・・

British Woods とありますが がちがちの English でしょう

ラタキアの量は多いみたいで マケドニアのオリエントを使っているようです
熟成した Va がそれを支えている様ですね そう書いてありますね

だいたい マクレには ○○ウッズ というタバコが多いみたいですね
この British Woods とか
   Black Woods
   St.James Woods
   Virginia Woods
など たくさんあり どれも美味そうで評価も高いです
最後のだけは着香みたいなので やりませんがね
ないのは Tigar Woods だけだ なんて 書いてあるほどです




こんな感じになっています 丁度よさそうですが 少しだけ乾燥させたほうが良いみたいですね
やや大き目のリボンカットですが
どこか ダンヒルを思い出させますね


なので

ダンヒルで やってみます


そのまま詰めたので 途中ですぐ火が消えてしまいましたが・・・
再着火すると そのまま 静かに燃えて行きました 底の方までね

着火する也
ラタキアが全開ですね! ああ これですこれです これこそイングリッシュですね!
久々だな・・・しかし 良い香りです ちょっと安っぽくないリッチな香りと味ですこれは
いきなり 森の中に引き込まれるような 幼い頃の昔の遊び場を思い起こさせるような
錯覚に陥ります・・・
マケドニアのオリエントのせいなのか ラタキアのせいなのかは よく分かりませんが
アーシーで ウッディな 清涼感が来ますね 仁丹の様なスパイシーな味もします
そしてです 甘味が・・・来るのですが この甘味が凄いです

熟成した甘みとでもいうのでしょうか 醗酵した果物の甘味とでもいうのでしょうか
酸味を含んだ 甘酸っぱい香りがずっと流れ出します・・・う~む これは凄いな
醗酵した山葡萄のかおりと コクワの様な甘味が 最後まで続くのです・・・・・・
強いわけではないですが しっかりと はっきりと
その やや酸っぱさを含んだ甘味が 最後まで感じられます

いや このタバコは 中々うまいです 味がリッチですが 喫い終えてもすっきりと
後味が良いですね ラタキア好きには 堪らんタバコですね

この味 前に味わったことがあるような気がするのですが・・・それも大昔です・・・


レビューを読むと フロッグモートンの Across On The Pond. On The Town に 似ている
という人がいますが・・・そうは思いません もっと強烈な味がしますね


また ある人は Lancer's Slices に オリエントを加えた様な味だと言ってる人もいました
しかし それもまた違うような気がします
ベースにあるのは あのマクレ独特の ケチャップのような Va かとも思います

さらに Blackhouse と これと どちらが好きかという問いに
こちらの方が良い と答えた人がいました 味のグレードが高いんですねこれは



そして
こんな事かいてる人は誰も居ませんが
このおっさん 大昔に喫った バルカンソブラニーを思い浮かべたような気がします
味はあまり覚えてはいませんが ラタキア感満載の中に 甘酸っぱい味と香りのするところが
そう思った理由です あの頃感じた懐かしさがあるんですね・・・
なので 次回は 丁度バルカンブルーが 1缶あるので それと喫い比べてみようかと思っています

ちょっと味が濃い感じもするので 常喫にはきついかもしれませんが
ラタキアジャンキーの このおっさんには 何の問題もなし
ですね
Woods シリーズを 試してみたくなりました


それでは また

コメント
この記事をはてなブックマークに追加