鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

味噌汁の配膳位置について・・・ケンミンショーからの興味深いお話し

2018年01月05日 | ちょっとしたことですが・・・
2018/1/5 金曜日 

昨日の夜の ケンミンショー の4時間スペシャルを見ていて
非情に興味深いことがありました・・・

取るに足りないことではあるのですが このおっさんにとっては 
かねてより疑問に感じていたことでもあり 納得のゆかない不合理なこととして普段から
そう思っていたことであったので わが意を得たり! というところでありました

では そのケンミンショーで明らかになったこととは 何だったのかと言いますと

和食の配膳の違いです
関東と 大阪では ご飯と 味噌汁と おかずの配膳が違うという事であります
関東では ご飯が前の左側 右側に味噌汁が置かれます おっさんもその配膳で育ちました

しかし 大阪では・・・



その前に この関東の配膳で育ったおっさんですが どうも食べにくくてしょうがない・・・
右手でおかずを箸でつまむときに 味噌汁のお椀が邪魔なんですね 手がぶつかるのです
更に お椀を左手で掴む時にイライラするんですね・・・やりにくくて

そこで このおっさんは 何時のころからか分かりませんが 
多分 札幌に出てきたころだと思うのですが 定食などを食べる際には
一旦味噌汁をどかして そこに メインのおかずをずらして置き
メインのおかずがあった所に 小さなおかず(例えば漬物とかサラダとか利用頻度の高いものを真ん中にして・・・後は適当に)をずらします
そして これが一番大事なことですが 味噌汁は必ず ご飯の後ろに置きます
そこが 必ず味噌汁の場所に決めたのですね

何故かっていうと
そこの位置が一番取りやすいし ご飯のお椀を置いたときにすぐに手に取れる位置なんです
そして 手がぶつからないんですね
実に合理的な配膳配置であると 考えたんですね

だから お店で定食や とんかつなど 味噌汁がつくものは
食べる前に 必ず自分で配置を変えてから食べます
もう その配置でないと 食べられなく感じてしまうようになったのです・・・

その事を 奥さんや他の人に説明したこともあるのですが
どうも理解されないようでした・・・
料理の作法の一つとして みなそんなことはアリエン という感じなんでしょうね・・・
いつしか このおっさんも そんなことにこだわるのはどうでも良くなって忘れてしまっていたのです
もちろん おっさんの配置で食べるのですが・・・



ところがです
先ほどの 昨日放送の ケンミンショーで その事について触れてくれたのですね
おっさんにとっては 非情に興味深い話題でありました

大阪の 配膳の場面で ご飯以外の所が 秘密の文字で
隠された場面が出て来た時が 最高にテンションが上がった瞬間でした!

そして ご飯のすぐ後ろに味噌汁が出て来た時には
このおっさん テレビを見ながら 無意識に大きな声を出してしまいました!

自分と同じ感覚の人たちが ここにいる!
と 思ったものです ここまで同じ考えとはね・・・

わが意を得たり とは このことか
このおっさんは 大阪の流れを汲んだ出身なのか・・・と思ってしまいました

しかし おっさんの子供の頃は 親もその親も やはり右側に味噌汁を置く配膳で
ご飯を食べていたし それが正しい置き方だと教わりました
みなそうして食べていたんですね 何の疑問も持たなかったのです


みなさんにとっては 取るに足らないことでも
このおっさんにとっては とても嬉しい事であったことは
いうまでもありません

楽しい瞬間でありました

それでは また


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加