鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

会津酒造 金紋会津無濾過純米生原酒

2017年12月19日 | 日本酒
2017 12月
今回は 会津酒造さんの しぼりたて 
 金紋会津 無濾過純米生原酒  のレビューとなります

前回会津酒造さんからは 秋あがりの 凛 をいただきましたが
この凜が とんでもなく美味かったので 期待をこめての しぼりたて生の購入となりました








例によって 植木屋さんの コメントからどうぞ


原料米:好適米60%精米
度数:16度
本体価格:2,600円(1.8L)、1,300円(720ml)

定番純米酒のしぼりたて無濾過生原酒バージョン。冬季限定での出荷品です。

口当たりに感じるわすかな発泡感、南国系の果実を思わせる甘い香りと瑞々しい甘み。搾りたての割にデリケートで落ち着きがあり、出来立ての甘さをクリアーに味わえます。喉越しの良さ、余韻のキレは流石お見事。新酒から非常に良い仕上がり、29BY大躍進の予感を感じさせます。



実は 凛の前に この会津酒造さんからは 山の井70 というお酒を買ったことがあるのですが
これが どうも・・・おっさんの口には合わなかったのですが
秋あがりの凛を飲んでから その印象が180度 変わってしまいました

こんな美味い酒を造るところなのだから この純米の金紋会津は美味くないわけはないだろう
という事で取り寄せたものです


しかして このお味は・・・
無濾過純米生原酒 とあるのですが 全く濁っていませんね
生なのに 酸味をあまり感じませんね

この酒は 美味いです 
甘くて 旨くて 味が濃いですね キレも良い
新酒なのに 落ち着いた旨さがありますね
文句なしの酒でしょうか いや これはいけます

唯一 酸味がもう少し欲しいですね
そこだけが 少しだけ物足りないところでしょうか・・・

力強さと 甘さ 旨さ キレの良さがあります
香りはほどほどですが あまり関係ないですね 美味さには

おすすめします

それでは また
コメント

モエレのオジロワシ 12/19 幼鳥2羽 こいつは・・・

2017年12月19日 | オジロワシ2017
2017/12/19 火曜日 曇り


今年は初雪が早いそうです 数十年ぶりの早い初雪だそうです・・・
が 雪はそれほど積もってはいない様です モエレは・・・
しかし 寒さは厳しい様で 猟場はすっかり雪で覆われているようです・・・

さて きょうはどうだったのでしょうか
モエレに到着すると
ダイサギがいましたが
いきなり







逃げて行きました



いつもの観測ポイントで 待つこと久し
1時間くらい経った頃でしょうか
カラスとトビが遠くの上空を舞う中に
異様な雰囲気の・・・
そうです オジロワシが カラスを引き連れて飛んできました!
近くはないのですが



カラス2羽を引き連れて オジロワシが飛んできます
トビの様な羽をしていますが 尾羽が完全にオジロワシです
幼鳥の様ですが・・・







尾羽に黒い縁ありです
翼の上側は トビのような文様です・・・



そして







翼の下側はかなり白いです
真ん中のラインが2本ある様に見えますね
ラインの付け根は大きな白い塊りがあります
首の下の所も真っ白ですね
尾羽の形からオオワシではありませんね
嘴の先は黒いです

進次郎でも 七郎でもないですね
そうすると 考えられるのは今の所
新子トリオの 五郎 華 ムツオ そして 最後の三冬辺りが考えられますが・・・
華は違うようだし ムツオも色が違う様です
ラインが2本に見えるところは 五郎が近そうですが・・・
翼の上側の紋様がこんなトビみたいではなかったようです・・・

そうすると 首の下の白いところを考えると 三冬かもしれません
とにかく白い印象の三冬でしたが・・・

一応 三冬 五郎 辺りが近そうですが 飛んでいる写真だけなので 何とも・・・
参考程度ですね
しかし この冬羽初めてのオジロワシの幼鳥であることは間違いないようです


続けて



近いのはここまでです











カラスが2羽 びっちり付いていますね
若いけど 三冬は 魚を獲るのが上手だった記憶があります
案外カラスもその辺りのことは分かっているのかもしれません









遠いですね


少し近づきますが・・・

















だんだん遠く離れて行き 見えなくなってしまいました・・・



これは 箸休めの

トビですが


その約30分後に
今度は 違うオジロワシが現れました

やはり カラスが2羽まとわりついていますね







これも幼鳥ですが 先ほどのよりだいぶ年齢が高そうです
七郎ではないですし 進次郎に見えますね
たぶんそんなところかと思うのですが
写真が遠いので はっきりしたことは言えないですね











ここで



すぐに遠くへ行ってしまいました・・・
どちらの幼鳥も 豊平川の合流点付近から こっちの方へ飛んできたようです
今は あの辺りが猟場なんでしょうね
カラスも あっちの方へ飛んで行くので 何処かあの辺りが賑わっていそうです



最後に トビを・・・











トビだけは近くで見れますね


今日は オジロワシのこの冬初めての幼鳥を見ることが出来たようです

それでは また

コメント