鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

国権 特別純米夢の香

2017年11月22日 | 日本酒
2017 11月

国権 特別純米夢の香

このお酒 何度も飲んでいるのですが レビューは 初めてです
何度も飲んでいる という事は 美味いということですね








例によって 植木屋 さんのコメントをどうぞ


使用米:南会津産 夢の香60%精米
日本酒度:+2
酸度:1.4
アミノ酸度:1.2
アルコール度数:15-16度



福島県が開発した好適米「夢の香」を同じく福島県が開発した「うつくしま夢酵母」で仕込みました。

夢の香は比較的軽やかで酸味のイキイキしたタイプが多いかと思いますが、こちらの國権は正しくその代名詞。
お淑やかな吟醸香の清清しい香り、優しい酸味と共に広がる旨みは絶品!
後味のキレも良し!オススメです



うん まさにその通りに感じます
最初口に含むと よく熟れた りんごの香りがします が すっと消え
少し酸味の効いた旨みと甘みがひろがり すっと消えて行きます
キレが良く しつこく無し 
いいんではないでしょうか のみやすい酒です

ささまさむね の特別純米と 並んでの立ち位置かと思います
どちらも お勧めの美味い酒です

ただ 敢えて言うならば 味の深みはささまさむね
            さわやかさとキレの良さは 国権純米夢の香 というところでしょうか

いくらでも飲めてしまう というのは困りものですね すぐなくなってしまいます・・・

そろそろ ネタも尽きてきたので また違う酒を仕入れなくては・・・
それでは また
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モエレのオジロワシ 11/22 カモたちのいなくなったモエレで この幼鳥は・・・

2017年11月22日 | オジロワシ2017
2017/11/22 水曜日 曇り時々晴れ

雪も止んで 昨日から良い天気になったモエレですが
一昨日見たカモの群れはどうなったのか気になります
昨日は来れなかったので・・・

さて 公園の南口を歩いていると



トビは元気に活動しています


ガラスのピラミッドを 南側から通り過ぎ
一昨日カモたちがたくさんいた D-水門の向かい側を捜しますと

水門が見えますが 今日は 氷が沼に張って無いですね
沼は開けているのですが まったく 鳥の姿は見えませんね・・・


しかし さらに進んでゆくと

ああ やっと見つけました・・・カモたちがいますが
その数は激減です あんなにたくさんいたのに
今は 簡単に数えられるほどに減っています
みんな 何処かへ飛んで行ったのでしょうね・・・淋しいですね




この写真の 左の方ですが



右上の鳥は・・・
カイツブリに見えますね・・・





これの
真ん中より少し左の上の方に



やはり カイツブリが1羽だけいます
なんか嬉しくなりますね
ここで見たのは ほとんどがオオバンと ヒドリガモ その中にマガモのつがいと このカイツブリですね

すぐいなくなってしまうかもしれませんね


もう一度

トビが飛んでいます トビとカラスと 時々ノスリが 空を飛んでいるようですが・・・


中の橋を過ぎ 公園の北側の歩道を歩いていると
R1-ポイント辺りでしょうか
沼側の 木立の陰から 黒い鳥が飛び出してきました!
最初 カラスか トビ かと思ったのですが・・・





えっ! なんか違うぞ!







なんと オジロワシじゃあ ありませんか!
それも 尾羽が白くないですね! 幼鳥ですね
でも 翼は 成鳥の様に見えます!
こいつは 幼鳥の中でも年数の経った奴ですね





尾羽は閉じているので黒く見えますが 羽1枚1枚に黒い縁があるんですね
背中の白いまだらが気になりますが・・・





右の翼の下面には 白い筋が1本はいっています 細くね
そして その付け根あたりには 白い大きな点が見えますね
そして この顔! わんこみたいな顔ですね

一目 進次郎に見えるのですが 如何でしょうか 
この夏には 豊平-石狩川の合流点付近と ビトエの茨戸川の裏側の木の枝にとまっていましたが
この辺りは行動範囲に入っているのでしょうか 
富江などとも よく一緒に行動しているのかもしれないです・・・

まあ そんな妄想を抱きながら







遠ざかってゆく姿を追います!









もう一度 拡大



翼の下側の細い白い1本のラインは 先まで伸びていますし
やはり 根元の白い点が 目立ちます

同じ幼鳥でも 歳の若いのは こうはなりません
もっとラインは太く 2本あるのも居ますし トビの様に扇型に入っているのもいますね

進次郎と音松の場合はいたってシンプルです ラインはこんなもの
あと 進次郎の場合は 背中の白いまだらが 上の方は左側に偏っているのですが・・・
その辺が気になるところです・・・


右側に松林が見えて来ます





松林に隠れてしまうのか?


と思いきや

ここで左に向きを変えて







どうでしょうか・・・背中のまだらが左に偏っているでしょうか・・・
よく分かりませんね・・・


そのまま あっという間に



中の橋の左の奥の方へ消え去りました

たった これだけの 瞬間の出来事ですが
興奮します 嬉しくなってしまいますね あは (^_-)-☆


いいことがあったような気になります


L2-ポイントから A-水門を望むと



今は 何もいませんね・・・


こんなで 今日のモエレはお終いですが




日向ぼっこをしている にゃんこがいました


それでは また
コメント
この記事をはてなブックマークに追加