鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

モエレのカンムリカイツブリ 5/24 二郎が幸子を連れてやって来た!

2018年05月24日 | カンムリカイツブリ2018
2018/5/24 木曜日 はれ

4/22を最後に 姿を見せなかったカンムリカイツブリの二郎ですが
今日また その姿を見ることが出来ました。
しかも 今度は 幸子と一緒に またモエレへやって来た様です
幸子の様子を見るに 浮巣に適した場所を物色していたように見えました。
ということは また このモエレで産卵するような気がします・・・。
そんなことを思い浮かべた今日のモエレのカンムリカイツブリです

まずはここからです
オジロワシの姿はありませんでしたが A-水門の前に カンムリカイツブリの姿を発見します。

この段階では このカンムリカイツブリが 二郎なのかどうかは分かりませんね


幸いなことに A-中州の方へ向かってきました。




ここですが 右の首の下の方に 黒い毛の塊があるようにも見えるのですが・・・はっきりはしません
ですが 髪の毛や首の回りの毛の濃さを見るに 二郎でないかと思いました・・・。


この鳥は




中洲の向こう側に近づいているのですが 何度も 低い声で ガァーガァーと啼いています
これは まだほかに仲間がいて呼んでいるように見えるのですが 発見できません

この辺りの行動が 1羽ではないと思った理由になります


ここで この鳥は 中州の陰に隠れて見えなくなるのですが A-中州の右端の先端部分に
出て来ます
それが




これですが すぐに潜ってしまうんですね


そして

こちら側の方へでてきます
ここで 何か雰囲気が違うような気がしました・・・というのは
今こちら側へ出て来た鳥と 向こう側に居た鳥とが違うのではないかと・・・思う訳です
その理由は 頭の毛の濃さと 印象が違う様に見えるのですね


その裏付けとして
またすぐに潜ってしまうのですが すぐその後に




向こう側を泳ぐカンムリカイツブリがいます
この鳥はどうも幸子に見えるのですね・・・背中の色が薄いようだし 髪の毛がペタッとしているようにみえるのですね 顔つきもふっくらやさしそうに見えます。


そのあとこちら側に




出て来たカンムリカイツブリは









どうでしょうか 二郎に見えるんですねこれが・・・。
2羽同時に顔を見せてくれればはっきりするのですが そうはなりません・・・


その1分後に こちら側に現れたのが

これですが どうも入れ替わったみたいです


この鳥はどんどん 中州に寄って行きます 今度は潜りません
 


そして中洲のそばによって




中洲の葦の様子を窺っているように見えるのですが・・・


 
ここで


口を開けて泳ぎます

もう1羽がいるのでしょうか?


しかし

現れませんね・・・


そのあと










中洲をよく見て状態を窺っている カンムリカイツブリがいるのですが


この鳥は幸子に見えるのですが・・・決め手がありませんね
 
ここで 体の右側が見えるのですが















右の首の下の方に 二郎のトレードマークであるところの 渦巻状の巻き毛が見えませんね・・・
ということは やはり このカンムリカイツブリは幸子のようですね

というか 幸子として話を進めてゆくことにします。



この幸子 中州の切れている辺りで


  


潜って消えてしまいました・・・。
仕方がないので 近くで鳴いているコヨシキリを撮ります


ハシドイの先にいた 逆光の










コヨシキリでした


ところが A-水門の手前に オジロワシが泳いでいるのが見えました

最初に見た鳥でしょうか・・・?


  
いや違う様ですね 幸子に見えますね





















また中州に近づいて来て ぐるっと先端を一回りして 先ほどの窺っていた足の所へ行きます
おそらく 浮巣を作る際に 適した場所を捜しているのだと思うのですが。
念入りに調べて居る様子が見て取れますね


ここで おそらくいるであろう二郎を捜しに 中の橋の方へ向かいます


すると B-水門の手前に

カンムリカイツブリを発見します 10分位後のことです


この鳥も こちら側へ泳いできているようです




途中で少しのんびりした後に


チャンスが訪れました
それが

これですね!
右の首の下の方に注目です


無理に拡大したのがこれ

見苦しいですが・・・。

ありますね 渦巻の様な巻き毛が!

という事は 二郎がいた ということになります
幸子と二郎は 二人で来たんですね 
またここで産卵をするように思われます 楽しみがまた増えた様ですね
オジロワシと カンムリカイツブリは 交代で楽しませてくれることになりそうです。


なおも 去年浮巣をつくった S-中州へ近寄って来ます
   



ここで 見えなくなってしまったので
中の橋へ行くと


沼の中程に







元気よく泳いで C-D 海峡へ向かって行く 二郎がいました。


ここで カンムリカイツブリはお終いですが
またまたコヨシキリがいたので・・・。
今度は光がいいです






















強い光を浴びた コヨシキリでした


今日はまた カンムリカイツブリに会えたのが収穫となりました

それでは また


コメント

モエレのカンムリカイツブリ 4/22 二郎の好きな場所で・・・

2018年04月22日 | カンムリカイツブリ2018
2018/4/22 日曜日 曇り時々晴れ・・・昨日より寒いです・・・

まずはいつもの様に下の橋エリアから
いつものヨシガモの姿は無し
沼の上をトビが随分飛んでいます・・・
カラスも何やら騒がしい・・・
もしや と思ったものですが

橋のすぐ脇を トビが飛んでいます




右から 左へと


今度は

逆方向へ飛び回っています 
随分と忙しく飛び回っていました


公園の中の道路の脇を




ツグミでしょうか 何かに追われて飛んで行きます・・・


沼の縁の林の隙間から




オウジュリンが遠くに見えます


ミコアイサのペアが







仲良く泳いでいます
今日は 沼の西側に カモたちがたくさん集まっている様でした
あとで  中の橋の東側を見るのですが カモの姿はあまり無かったようです


その辺りで

ヒドリガモがたくさんいますね



いつものねこやなぎのある辺りに
いつもの




ヒヨドリがいました よく鳴いています


道路際で カラスたちが集結しているのでよく見ると

何やら 白い骨のような物をめぐり 集まっているようです
1羽のカラスが嘴で運んできたものですが・・・

やはり何かあったようですが・・・
でもやはり何も分かりません。


今度はアオジが鳴いています







ねこやなぎにアオジですね



A-中州の右側を

カワウが泳いでいて


中洲の右端には

カワウの3人衆がいます


中州小島の先には
ひっそりと




オナガのペアがいました



C-中州の木の枝に

カワウが2羽とまっています


羽を広げた

カワウも居ます


ただの

ヒドリガモです


中の橋の上は やはり今日も風が冷たくて強いでした
橋の東側にはカモたちの姿はほとんど見られません・・・

D-中州で 獲物を狙っている

アオサギがいました



カンムリカイツブリを捜して
向こう岸の土手の上を歩いていると

灌木の枝の中に オウジュリンのオスがいました



その辺りで カンムリカイツブリの二郎を発見します
C-D 海峡の 丁度中程の所の外側よりに発見です
一仕事終えた後の様です







沼の中央の方へゆっくりと向かっているようです
こちらの方へは近寄っては来ませんね


そこで




羽バタをします



その後で 何やら上空を見ているようです



こっちの方を見て

向こうの方を見ていますね・・・



ヒドリガモも飛んで行くので
何事かと上空を見ると
なんと!

オジロワシがゆっくりと飛んでいるではありませんか!
天気と光が悪くて 黒つぶれしていて
どうにもなりませんが・・・
オジロワシの成鳥の様です
詳しい事は そちらのカテにて。



ゆっくりと旋回していたオジロワシが飛び去った後
二郎の方を見ると

丁度 C-D 海峡の真ん中辺りで 



お休みモードになっていました。



土手を歩いていると
お馴染みの

ヒドリペアとオオバンの 仲良しトリオがいます。
あちこちにこのトリオはいますね 余程相性がいいのですね



ヒバリが飛んでいました
少し遠いのですが
  











ここで 尾羽を立てて 急降下します

一気に落下するので 見失ってしまいました・・・
もう少し綺麗に撮りたいものです・・・


今日もカンムリカイツブリの二郎は元気にやってました
あの場所も二郎のお気に入りの場所の様です
去年も随分あの場所で見たものです


それでは また






コメント

モエレのカンムリカイツブリ 4/21 二郎健在 大物に手こずる二郎かな

2018年04月21日 | カンムリカイツブリ2018
2018/4/21 土曜日 晴れ 夏のような天気です いい気持ちだな (^^♪

今日はカンムリカイツブリの二郎を見ることが出来ました
どうもこの感じでは ずっとここにいたのかもしれませんね ただ なかなか見つけられないのが
今時期 ということなのかもしれません。
とにかく何処にいるのかは その時の気分次第・・・というところでしょうか。


それでは それも含めてモエレの様子を
まずは いつもの下の橋エリア

いつものヨシガモ君がいますね









メスの方もやはりそばにいます






熱心に餌を食べているようでした。


中州岬 の辺りのねこやなぎの木に
ヒヨドリがたくさん来てます
















公園の中はヒヨドリの鳴き声が響き渡っていました。


A-中州の

アオサギと


右端の

カワウでした



カンムリカイツブリを捜して C-D 海峡辺りを見ると

頸の白い



オナガが見えます



カンムリカイツブリは見当たらないので
引き返す途中で
遂に 見つけました

カンムリカイツブリが泳いでいます
ここは D-中州の公園側の所 真ん中位より やや中の橋に近いところです









すこしずつ 中の橋の方へ近づいているように見えます


ここで 中の橋に移動しますと

二郎が見えます 少し光のあたり方が違いますね



ここで この二郎 水に潜って浮かび上がった時に







大きな魚を咥えています
フナの様ですね アジのように光ってますね!
フナは背びれや鱗が固いので 幅が広いと呑み込むのが大変そうです
雷魚のようにヌルヌルで 柔らかそうなのはすんなり呑み込めるのですが・・・



ここから 二郎のこの大きな獲物との格闘が始まります
その様子をご覧ください
二郎は この獲物を










持ち直して お腹が分から縦に持ち替えます



この様に


そして

反動をつけ






呑み込もうとします





うまく行かないので



また

水に落として







持ち替えて呑み込もうとします


しかし

やはりうまく行きません・・・



そこでまた
  
持ち替えて



呑み込もうとします!
先ほどから何回もやってるので 魚の鱗が剥げて何カ所か光っていますね!



ヨイショと 反動をつけてね!




しかし・・・
だいぶいい持ち方に見えるのですが・・・



やはり

ダメですね


しかし もう1回!
  


魚をほぼ まっすぐに 立てて




反動をつけて飲みこもうとします!


が・・・

うまく行かない


もう1回

やりますが駄目ですね・・・


ここで一旦
   
魚を咥えたまま 水に潜りました
そして また魚を咥えて出て来ました!


   
今度は少し持つところが違う様ですが・・・






やはりダメですね
もち方が最初と同じに見えますね・・・
このやり方では どうも呑み込めない様です


おっさん この一連の写真を見ていて気がついたことがあります
それは 魚のお腹側と 背の方では 硬さが違うという事です
つまり 柔らかいお腹側を最初に呑み込むと 後で背の固い部分が引っかかって呑み込めない・・・
のではないかという事です。
つまり 最初に固い背の部分を口の中に入れて仕舞えば 後からは柔らかいお腹の部分は
引っかからないで口の中に入って来るのではないのか? ということであります

ということは 極端な話 背の方を手前に傾けて呑み込めば すんなり呑み込めるのではないのか・・・
ということになります。
果たして その結末は・・・



業を煮やした二郎は

ここで 魚を水に吐き出します!


   
しばし それを眺めて 考えていた二郎は




今度は 背の方を手前に魚を咥えなおします!


そして










背の方を手前側にして 斜めに頭を口元に近づけて行きます・・・
理想の展開ですね・・・



ここで




正面を向いた二郎の 魚を咥えたこの角度
これです これです これが先ほどの理想の角度ですね!
背の方を手前にして斜めに頭から呑み込もうとしています




すると なんという事か!

拍子抜けするほどに 簡単に 魚は口の中に呑み込まれてゆきました!
あっという間の出来事でしたね・・・目を疑いました。



見事に 試行錯誤の上 

魚を呑み込んだ次郎です



そのあと
  
たっぷり水を飲んで 魚を流し込み



達成感溢れる嬉しそうな二郎であります




ここで次郎が近づきます










ここですね
右の首の下側に 渦巻の様なくせ毛がはっきりあります!
紛れもなく二郎ですね そういうことですね。


   



大物を 試行錯誤の上やっと呑み込んだ 二郎でした

のどかなモエレの一日ですが
天気が良いくせに 風が強くて・・・
写真を見れば分かりますが 沼の水も波立っているのが分かるかと・・・

橋の上で撮影するのは大変でした 手振れが酷くてね・・・
風がなければ良かったのですがね


それでは また


 
コメント (1)

モエレのカンムリカイツブリ 4/19 二郎の再来 二郎である証拠アリ

2018年04月20日 | カンムリカイツブリ2018
2018/4/19 木曜日 晴れ

今日は このモエレにまた二郎がやって来たのですが この鳥が二郎であるという証拠と
気がついた面白い癖というか 仕草を紹介します


中の橋の上で 東側 C-水門の前の方に カンムリカイツブリを発見します
このところ方々を捜すも その形跡はまるでなかったので 意外でした
おそらく 再訪かと思うのですが 案外このモエレにずっと居たのかもしれません・・・
そこの所は分からないのですが この前のカンムリカイツブリと同じ鳥に見えます
まずはここからです







前回見たところよりずっと近くで見れました やはり二郎に見えますね
幸子とは違う様ですが・・・

一仕事終えた後とみえ 遠ざかって潜った時に 見失ってしまいます・・・


橋の上からでは分かりづらいので
対岸の土手の上から捜します


するとしばらくしたのちに 発見しました!

公園側の向こう岸近くに 白い首が見えます カンムリカイツブリです
周りを捜しても他には見つからず この鳥1羽のみしかいません。

この場所は 二郎が三男とよく休んでいた辺りで 水の流れが少しあるところ
よく ホシハジロがたくさんいたところです 今は居ませんが・・・



完全なるお休みモードになりました・・・
このあと しばらく時間が経過します


すると
ようやく目が覚めて また動き出しました




中の橋の真ん中辺りの橋げたが見えます
また水門の方へ近づいて行きます



ここで こちらも中の橋に移動します


すると




割と近いところに カンムリカイツブリが見えます


ここで 気がついた癖というか仕草を紹介します
それは 水に潜る直前に 頭の髪の毛がペタッとなり 顔の形が細長くなる ということです
写真を見ていて気がつきましたが 必ずそうなる様です


まずはこれ
2枚一組です




これは潜る直前の写真です


浮き上がって来て

髪が立ってますね



上を見ています



この写真は

髪が寝ていますね


すると

チャプンとなります。 これで 2回目ですね



さて ここもまた重要ですが
水から出て来た時ですが

この時の 右側の首のやや下の方に 渦巻状のくせ毛が見えますね かなりはっきりと


こちらの方がよく分かります

ああ これは以前見たことがありますね 
そうです 二郎にしかない特徴です
すなわち このカンムリカイツブリは 紛れもなしに 二郎であるということです。
前回より持ち越しの疑問がここで解消したわけですね。


さて 二郎の髪の毛が ペタッとしました 

上の写真の髪の毛と全然違います


すると

チャポン です。



もう1回です

これが普通の時


潜る直前は

これです


すると

チャポン となります。
と言うことが分かっただけですが・・・
何の意味があるの? といわれるかもしれませんが
そういうことが分かると 楽しいものです・・・それだけのことですがね。



ここで 珍しく 二郎が 魚を口に咥えて出て来ました
餌やり以外ではめったに見ない光景ですが・・・

少し大きいのでしょうね 水の中では食べずらいのかもしれません



ここで



咥えなおします












ここで 反動をつけて










流石に上手いものですね ミコアイサとは違いますね・・・


水を飲んで




流し込みました


サービス精神の旺盛な 二郎でした

やはり 同じ個体のカンムリカイツブリがまた来てくれるというこたは
実に ありがたい事であり 嬉しいものです だって 前の歳にいた鳥なのですから
感慨も湧きます そこが このモエレの特徴でしょうか
オジロワシの一郎達もそうですが 同じ個体が再訪してくれる 
ということの持つ意味がすばらしい。

ということで また楽しみが増えましたね

それでは また




コメント

モエレのカンムリカイツブリ 4/14 最初に来たのは 二郎か

2018年04月14日 | カンムリカイツブリ2018
2018/4/14 土曜日 曇り 風アリ あまり暖かく無し・・・

昨日は 今年初めてこのモエレでカンムリカイツブリを見たのですが
おそらく 二郎か幸子のどちらかだと思います。

昨日の段階では 二郎とも幸子とも どちらとも取れる感じでした・・・
頸の飾り毛と 頭の毛の質感では 二郎のような気がしますが
胴体の色と背中の翼の部分の色を見る感じでは 幸子のような気もします・・・

そこで 今日は もっと近くで見れることを期待してモエレへ。


期待した通り 昨日とほぼ同じ場所に この鳥はいました。

B-中州と A-中州の間辺り つまり A-B 海峡の奥 向こう岸と中州との間辺りに
このカンムリカイツブリはいました 昨日見たのと同じでしょう









同じ様な場所で 潜ったり浮いたりを繰り返しています



これはカワウですね 潜った時に間違えて撮りました



少し近づきます




背中の色はあまり濃くは感じませんが 頭の髪の毛は濃いですね髪も硬そうですね
ひげの様な飾り毛も濃く感じますね




また潜ったところです・・・



さらに

近づいてきました
中洲の間の 浅瀬の草が見えますね





















だんだん近くなります
しかし やはり 頭の毛と 首の髭が濃いですね 幸子はこんなに濃く無かったような気がします
参考 モエレのカンムリカイツブリ2017 まとめとリスト

これを考えると やはり二郎なのか と思うのですが 決め手に欠けます


しかし 
















少し この場所でくつろいだ後



決定的な場面が訪れます




体の右側をこちらに向けて浅瀬に近づいたとき



この写真の 首の右下の部分に
例のあの 渦巻状のくせ毛が・・・


無理をして拡大すると

どうでしょうか?

このおっさんの心眼には ある様に見えるのですが・・・。
この印があるのは 二郎だけです
なので このカンムリカイツブリは 二郎だと考えました
というか このおっさんはそう思うことにしました。



二郎は
また













広い海へ出て行きました
この後 向こう岸からも 探してみたのですが
今日は見つけることは出来ませんでした


でも 一応 二郎であるという事に確信が持てたので よかったです
幸子の到着を待っているのでしょうかね・・・
おっさんも気長に待つことにします

それでは また
コメント (1)

モエレのカンムリカイツブリ 4/13 季節は廻り・・・ついにまたやって来たぜ!

2018年04月13日 | カンムリカイツブリ2018
2018/4/13 金曜日 晴れ かな・・・風は強かったけどね

今日はオジロワシに会うことは出来ませんでしたが
なんと また あのカンムリカイツブリが 半年ぶりにやって来ました!

去年このモエレで最初に見たのは 5/30 でしたから 一月半も早い登場です
去年来た 幸子かカンムリ二郎なのかは分かりませんが あるいは 他のカンムリカイツブリなのかも
しれませんが おそらく 見た目の感じとしては そのどちらかのような気がします・・・。

遠い写真なので 細かな所は分かりませんが カンムリカイツブリであることは一目でわかりました
それでは



オジロワシを捜して A.B 中州を見ていたところ
その間の A-B 海峡の中程で やや向こう岸の方に 首の長くて首の白い鳥が1羽泳いでいます
それが

波の間で揺れています






ああ 懐かしや カンムリカイツブリではありませんか!
一目でそれと分かりますね もう夏羽になっているようですね


幸子と二郎以外の成鳥はここでは見たことがないので 何とも言えませんが
おそらく どちらかのように思います・・・


あまり良い写真はないのですが B-中州の裏側を潜りながら泳いでいます
遠くへ行くわけではないのですが すぐに潜るので見えなくなります








胴体の色 背中の黒い色の具合 髪の毛の多さと質感など
幸子の様にも 二郎の様にも 結局どちらにも見えてきて分かりませんね・・・









これは

B-C 海峡のすぐ左側のところで 手前が中州ですが






この写真を見ると首の太さ 髪の毛の跳ね上がり具合から 二郎の様にも見えるのですが
どうなのでしょうか?
ひげが濃いのも二郎を思わせますね
一応 このカンムリカイツブリは 二郎で間違いのないように思えて来ました
去年最後まで残っていたのが二郎で また最初にやって来たのが二郎なのかと思いました。
今はそう考えておきますね


ここで 見えなくなってしまうのですが
あとで 向こう岸を歩いて探してみると
やはり A-中州の少しこちら側で 泳いでいるのを見つけました




これだけでお終いですが
この様子だと またここでしばらくは過ごしてくれそうですね
オジロワシから また半年で 主役の交代 という事になるかもしれません
愉しみがまた増えたようです

それでは また
コメント (1)