鳥とパイプと日本酒のおっさんメモ

おっさんの日々の散歩における鳥たちの写真と、好きなパイプタバコの感想
好きな日本酒の感想、等を、写真でメモ

11/20まとめ  三男はこれが見納めか? オナガ軍団とカイツブリ

2018年11月20日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/20 火曜日 曇りのち雨のちみぞれ

これが最後になるか? といって もうかれこれ1週間が・・・
カンムリカイツブリの三男はまだいました。
しかし 帰りがけには 白い塊りが空から落ちてきて
いよいよ 本格的な冬がやって来るのか・・・ という感がぬぐえません。
この日の三男が本当に最後になるかもしれません・・・。
そんなモエレのまとめとなります

カワアイサが



いますが








羽バタです 頭が緑がかって見えますね。


下の橋からの今日の中州岬の様子は

昨日とあまり変わらない様ですが・・・


その時また手前の方で




羽バタをするカワアイサがいます


中州岬の右側は

こんな感じですが 三男の姿は分かりません・・・


ところが 左の方に

ホシハジロの群れが集結していました 何処からか来たのかこれから飛び立つ準備なのか
そこが昨日と違うところです・・・。



公園を歩いていると
発見が遅れてしまったのですが



オジロワシが 飛び去って行くところです・・・。成鳥の様ですがはっきり分かりません。



三男の姿は見えないのですが
A-中州の右端の少し手前の所に

オナガの成鳥のオスが見えます。昨日まではいなかったのですが・・・。
右にいるのは メスなのでしょうか? わかりませんね



そのまま進んで B-C 海峡のところに カモの集団が見えます
よく見ると

どうやら オナガの幼鳥軍団の様です


これは

右端の鳥ですが かなり換羽が進んだオスでしょうか
この前までいた 幼鳥たちとは違う集団に見えますね
昨夜か今朝 飛んできたのでしょうか? 昨日は全く見かけませんでした。



たくさんいますが


そのうちの1羽は

かなり換羽がすすんだ オスの幼鳥です。
でもまだ胴体に まだらが残っています少し。


全体を見ると

15羽の幼鳥が見えます












オスもメスも入り混じっているのが分かりますね。
この中にオスは 3~4羽いるようですが はっきりはしません。



そんな幼鳥たちが 泳いでいるのですが


中州小島と C-中州の間のところ いつもはカワウがいるところに




オナガのオスの成鳥が休んでますね
幼鳥たちと一緒に来たのでしょうね。 保護者ということでしょうかね。


これは さっきの



A-中州右端の方の オスのオナガですが
その右にいるのは やはり メスの成鳥でしたね。
やはり一緒に来たんでしょうね。 ここで一休みということのようです。




さてここで 中州岬の辺りの こちら岸の陰から
今年最後になるやもしれない 三男を発見します
木の枝の陰で
  
ピントが合っていませんが


ここで




ピントが合いました ほんの一瞬ですが



その後すぐに






潜ってしまい 姿を見せません・・・
おそらく こちら岸のすぐ脇をどちらかへ泳いで行ったのだと思います。
一応捜しては見たのですが 発見できず ここで諦めて退散します
天気も悪いのでね・・・。



下の橋の南側で カイツブリを見つけます

左の大きいのはマガモですが 右にいる小さいのが
カイツブリの成鳥の冬羽かと思います。



向こう岸のすぐ木の枝の下で


 
潜りもせずに 


運動をしてますね








羽バタみたいに 暴れてますね


そのあとまた少しずつ
 
右へ動いて行く


カイツブリでした 
この後が冒頭の写真となります。


去年はこの時期すでに雪があったのですが 今年は未だです
しかし 明日は分かりませんそんな状況かと思います
もしかしたら 本当にこれが三男の見納めになるかもしれません。

それでは また




鳥ランキング
コメント

モエレのカンムリカイツブリ と今日のまとめ 11/19 熱い戦い・・・

2018年11月19日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/19 月曜日 雨・・・

この日のまとめと カンムリカイツブリの三男

この時はまだ雨も落ちていなかったのですが・・・

下の橋の南側で ノスリを発見します


翼角のところの黒い模様から 元祖ノスリンであることが分かります
このノスリンは 里ランドの方へ飛んで消えてしまいます。


同じく下の橋の南側で
カイツブリを発見します 2羽

マガモの向こう側 向こう岸のすぐ手前に 2羽並んでいますね


はっきりしない画像ですが・・・




今 右にいるのはミコアイサですが その左にいるのは成鳥の冬羽に見えます
頭がはっきり黒いのでね・・・。


そして

このハシビロガモの後ろにいるのが・・・



こちらは さっきの成鳥の冬羽とミコアイサですが



それと離れて左にいるのが 幼鳥に見えますね。
親子かな・・・。
カイツブリでした



カワアイサも




少しだけ・・・。



下の橋の向こう側の S-中州の横に

ミコアイサもいますね


橋の上から 中州岬を望むと

また今日は全然鳥がいません・・・昨日よりも少ないですね・・・。


この頃から雨が落ちてきて ずっと降っていました・・・。


中洲のある所へ行きますが 三男の姿も無く カモもいない・・・
しかし 対岸の小学校の木の上に オジロワシがいました。







久しぶりに富江の姿を見ることが出来ました。




雨降る中で三男をさがして
三男との 熱い戦いだぜ!


今日はもういなくなったのかな・・・と思いつつ
また中州岬の方へ引き返して行くのですが 
林の隙間から 白い三男のような影が見えました・・・

いそいで 見通しのよい所へ出て A-中州の横を捜しますと
三男の姿が・・・みえました。

急いでシャッターを切ろうとするのですが その瞬間一歩手前で
水に潜ってしまいます・・・その後が大変
出てこないんですね・・・。

そうしているうち かなり離れたところに三男がまた姿を見せます
しかしまた シャッターを切る前に潜ってしまいます・・・
右へ進路をとったみたいなので 右の C-ポイント迄走ります

しかし姿が見えない・・・
雨が降っているので 背中は冷たいのですが 頭は熱いぜ
何としても 見つけてやるのだ!
と言い聞かせていると A-B 海峡の手前に 三男を発見

しかしまたすぐ潜ってしまいます
今度は左へ進路をとったようなので また L1-ポイント迄行くと
また三男が出て来ました!
でもまたシャッターが切れません・・・
そんなことを何度か繰り返したのち ついにシャッターを切ることが出来ました。

そこから







シャッターは切れたのですが またすぐ潜ってしまいます


でも 今度は すぐ近くに出て来ました
















ここで小休止です


やっと ホシハジロが

現れました。


雨も降っているので これでお終いですが
これが三男の今年最後の写真になるかもしれません・・・。

そんな三男との 熱い追いかけっこでした
それでは また





鳥ランキング
コメント

モエレのカンムリカイツブリ 11/18 いつまでいるの 三男とハジロ・・・

2018年11月19日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/18 日曜日 晴れ・曇り

下の橋の上から 中洲のところを眺めると カモたちの姿は 激減していたのですが・・・
てっきり 三男はもういないと思ってたのですが
まだ三男は居たんですね・・・実にのんびりしたものですね。
その様子です
やはり昨日と同じ所 A-中州のすぐ脇の所に三男はいました。
ホシハジロの姿は かなり減っていたのですが
それでも まだいます。そして そのすぐ横に




中洲から出ている大きな木の枝の下に 三男は居ました
木の枝のところで何かしているのが三男です
 去年も 今年もそんな三男の姿を見たのですが いったい何をしているのでしょうか。


何をするという事でもなく
その木の枝のところで






じっとたたずんでいる三男がいます


 


首を伸ばして見たり 羽を広げたりして


時折 水に首を突っ込んで魚を獲っているように見える



三男ですが



この後 見失ってしまいます。潜ったのかな・・・



しかし かなり経った後
中州岬の先の方で 一人たたずんでいる三男の姿がありました

見ての通り 回りにカモたちの姿はもうどこにもありません・・・
三男が一人いるだけですね



じっとしているかと思えば すぐ潜って


また

顔を出し


それを繰り返している

三男の姿がありました・・・。
この中州岬から遠くには行きませんね 

まだホシハジロやハジロカイツブリもいたので
ぎりぎりまで いるのかもしれません・・・
その辺りが焦点ですね
それでは また




鳥ランキング
コメント

モエレのカンムリカイツブリ 11/17 旅立ちは間近の予感・・・。

2018年11月17日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/17 土曜日 晴れのち曇り

久々にいい天気に恵まれたモエレですが
昨日は三男の姿を見つけることが出来ませんでしたので はてどうなのか。

下の橋から 中州岬方面を眺めると
中州岬に鳥たちの姿が全くと言っていいほど見当たりません・・・。
こちら側にカワアイサが見えるだけです。

しかし よく見てみると A-中州から少し入った公園側に
ホシハジロの集団が見えます
いるとすれば あの辺りかな・・・と思いながら公園の道路をあるいてゆきますと。

L-1 ポイント辺りで

A-中州と こちら側の間を写したものですが
中洲の先端よりかなり入ったところ ギリギリ見える所に
見覚えのあるシルエットが見えますね






そうです 白くなってみずらいのですが 三男ですね 三男がまだいました。


その三男のこちら側には




ホシハジロの群れが 頭を皆こちら側に向けて休んでいますね
そうです これから飛び立って行く方角へ頭をむけているのですね
南西の方向へ飛んで行くと思われます。

いつもは というか この前にもっとたくさんカモたちがいた時は
中州岬の前の方にみな集結していたのですが
最近は この 中洲と公園側の間の所に ホシハジロが集結していますね。
ここと C-中州の横にも 同じようにホシハジロが集まっているようです。

カンムリカイツブリはおそらく このホシハジロと一緒に行動して行くと思われ
この集結の感じを見ると 旅立ちはかなり近いのではと思われます。
案外 今夕辺りに行ってしまうのかもしれません・・・そう感じます。


そのホシハジロたちのそばを あてもなく彷徨う




三男ですが



  

ウトウトと



ホシハジロたちに混じって休んでいます


その場所は




A-中州の丁度真ん中辺りになります。


中洲の先端方向へ




向ったりしますが また引き返して行きます


この写真の

左上に見えるのは コガモでしょうか



また三男は




ホシハジロの中に混じって ウトウト漂います・・・


三男は右の方へ流れて行き 木の陰で見えなくなってしまったので
今度は C-ポイントへ移動して 斜めから 中洲の奥の方を見てみると





三男がホシハジロの最後尾にいるのが見えます。



最後尾から ホシハジロの群れを眺めている三男ですが
この場を離れる訳でもありません
いつでも一緒に飛んで行けるように準備しているのでしょうか?
そんな風に思えてしまうのですが


ここで 三男を見失ってしまいます・・・はて 何処へ行ったのか・・・。



その解答は しばらく後に出て来ます。

三男を捜して C-中州まで行くと そこにもホシハジロの群れがたむろして居ます
その中に 三男の姿は無かったのですが

その集団の ずっと左の奥に 水の中から出てきた三男を発見しました
それが




これです 先ほどのところからここまでの間のこちら岸の辺りを
泳いでいたようですね 魚を食べていたのかもしれません。



もう少しで木の枝に隠れてしまうのですが


この時

三男が目を大きく開けて何か見つけたようです


その途端に







いきなり駆け出して さっきの方へ低く飛んで行きました。


このあと 三男の姿は見えませんでしたが
多分この辺りにいたのだと思います。

そんな 今日の三男の様子ですが
旅立ちは近い という気がしました。
明日にはもういないかもしれませんね・・・。

それでは また




鳥ランキング
コメント

モエレのカンムリカイツブリ 11/15 三男はまだいました・・・いったいどこにいたのか…。

2018年11月15日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/15 木曜日 曇り時々雨時々晴れ・・・よく分からん天気だな・・・

11/6 を最後に 三男の姿は見ていなかったので もうこのモエレにはいないのだな・・・
と思っていたのですが。
なんと いないはずの三男が また姿を見せたのですから 驚きです。
2~3日位見ない日はあったものの これほど長く姿を見つけられずにいたのは
何とも・・・・・・。

一度去って その後また来たとは考えにくいので ひっそりと目立たないように
中洲の陰で過ごしていたのかもしれません。
それでは
中州岬より少し右へ入った中州の陰に

頸の白い鳥の姿があります



その前をホシハジロが泳いで行くのですが
それを見ているのは おそらく 言わずと知れた 
カンムリカイツブリの三男でしょうか?
まだ居たんですね・・・実に9日ぶりの再会ということになります。


ここで

この三男は


潜って


出てきたところが





A-中州の先端より少し右へ入ったところとなります
そう言えばこの三男 去年もこの辺りで一人で過ごしていたのを思い出します・・・。


そのまま また潜って 出てきたところは




中州岬の少し先の方です
が まわりにカモたちは居ません・・・三男だけです。


その辺りで三男は
  





うとうとを繰り返しながら 漂っています・・・。
食事の後の様ですね



漂いながら

中州岬の先端部分へと 流れて行きます



ホシハジロがそのまわりにたくさんいるのですが
その中へ吸い込まれてゆきます・・・

そうか ホシハジロのたくさんの群れはもう既にいなくなったのですが
まだある程度はこの辺りに残っていて いつもこの中州岬のあたりで
休んでいたのですが きっとこの三男も その中に混じって休んでいたのかもしれません

中洲の陰に入ると分かりにくいのでね・・・。


三男は



そのホシハジロに混じってウトウト・・・


そしてまた




頸をタテて


そののちまた 寝ながら









中洲の陰へ吸い込まれてゆきます・・・



もうすっかり見えなくなってしまいました・・・。
これでは分かりませんね


三男はこの後 右の方へ行ったのかと思い
中の橋の方まで探してみたのですが

中の橋で ミコアイサを見ただけで
三男の姿は何処にも見つけられません・・・。



しかし
下の橋の上から この中州辺りを見た時に
気になるものが見えました。
それが

遠く 左にあるのが A-中州ですが
その右側に やたら白い首の鳥がいるようです



ああ おそらくこれは カンムリカイツブリの三男のように見えます。



遠いし ピントも会っていないのではっきりはしませんが
この大きさで この首の感じは 今はカンムリカイツブリしか考えられません
どうやら また ここにあらわれたようですね。



手前にカモの集団があるのですが 右上の方に ポツンと白いのが 三男でしょう。

明日はまたいるのかな
そんな三男の様子でした

それでは また



鳥ランキング
コメント

11/6 ホシハジロの中の三男 オナガ幼鳥がたくさん

2018年11月07日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/6 火曜日 曇り時々雨・・・天気悪し でも暖かいな・・・

昨日は カンムリカイツブリの三男を発見出来ませんでしたし カモの姿もあまり見なかった
のですが、 モエレに着くなり 今日は 中州岬辺りに たくさんのカモの姿を見かけます。

また 飛んできたのか あるいは 昨日は何処かに隠れていたのが 出て来たのか・・・
そのあたりは分かりませんが 期待をもって 中州岬へ向かいます。

すると 寝ているたくさんのホシハジロの端の所に
白い鳥を発見します

ああ これは カンムリカイツブリですね
これだけで 分かりますね・・・。




 


ホシハジロの群れのすぐそばに 眠っています
まだみんなお休みの様で 活動前の状態かと思うのですが・・・。
暖かいので まだここにいるんですね
終盤は だいたいホシハジロの群れと同じ所にいるようですね
このまま一緒に飛んで行くのかもしれません
去年もそうでした。
そういえば 去年最後に二郎を見たのが 11/7 なのでそろそろだとは思うのですが
暖かいのでね・・・。 二郎は来ないのでしょうかね。


そんなお休みモードの三男ですが
ここで






目を覚まして 起き上がります
左を見ているのですが



起きた ホシハジロが泳いできます


三男は

そのホシハジロを見ていますね・・・。
そうなんです 三男は 近くに寄ってきた他のカモとかを
こうして 見るんですね。
これが 二郎とか幸子とかでは ほとんど気にしません・・・。
つまり まだ幼い若鳥なんですね そんなそぶりが三男の若鳥の雰囲気をあらわしている
様に思うのですね。
あと 目の後ろのシャドウは 若鳥あるいは幼鳥である特徴かと思います
幸子や二郎には このシャドウは全くありません。
そこが 成鳥と若鳥との大きな違いの様です。



ホシハジロを後ろから眺めている三男ですが
そこへ



カワウがやってきます


三男は




そのカワウもじっと眺めていますね



そんな三男ですが


いきなり

口を開けて啼いているようです

何に 対して啼いてるのかはわかりませんが


そのあとに



ストレッチをして


また 眠りに入る

三男でした。
ここで この場を離れます



B-C海峡の前あたりで オナガの幼鳥の軍団を見かけました。

成鳥のオスの姿は全く見えませんが
すべて 幼鳥の様です・・・。



このお尻のところが大きく白いのは 幼鳥のオスに見えます 胴体のマダラが欠けてきてます
その右隣と すぐ下のもオスに見えます
左側にも1羽 オスがいるようです。



この中の下から2列目の 右のがそうですね。
やはり胴体のマダラが欠けてきています。


中洲には 

甲羅干しのカワウがいます


その右の方の 海峡を挟んで

こちらにもカワウが3羽いますね



その先で

オナガの幼鳥ですが
右のが オスですね



こちらは 2羽ともメスに見えます



戻って




オナガ幼鳥軍団ですが・・・



この中の一番上のが気になります・・・
その下のはオスの幼鳥であると思うのですが
上のは まだらがしっかり出ていますし くちばしもしっかり鉛色かと
これは 成鳥のメスなのではないでしょうか・・・。
1羽だけ 幼鳥軍団をみているように見えるのですね。



この一番上の鳥ですね



まあ たくさんいますね。


これは

右のがメスの成鳥
左上がオスで 下がメスの幼鳥かと


これも

一番上のがメスの成鳥で


下の3羽が

メスの幼鳥に見えます。
そんなオナガの幼鳥軍団でした





ヨシガモですね



これは




珍しい カルガモの幼鳥軍団でしょうかね。






コガモもいましたね


帰り際
 


ミコアイサが2羽で飛んで行きました。


下の橋の上から 南側に カワアイサがいました











その左となりにも




もう1羽別のカワアイサがいました。
こちらは随分頭の色が変わってきていますね。





橋の下にもカワアイサがいました。
少し暗いのですが・・・

頭の色が変わってきていますね


もう1羽います

こちらは もっと黒いです


最初のが

これと



これなのですが


2羽並ぶと



こうなります
手前のが最初の鳥でした。



橋の南側には
 
カワウ? が2羽いたのですが


土塁の上のが・・・ウミウかと思ったのですが

やはり カワウのようですね
こちらの方には ウミウはこないようですね。


その奥では




ホシハジロのメスが 水浴びをして 羽バタをしていました。

そんなモエレの様子ですが
もう行ってしまったのかと思っていた カンムリカイツブリの三男がまだいて
よかったです。

それでは また
コメント

モエレのカンムリカイツブリ 11/4 橋を渡りC-水門の前の三男かな

2018年11月04日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/4 日曜日 はれ

いるとは思っていましたが 見たのは偶然 A-中州のこちら側を
木の陰から泳いできたところからです。



白いものがスーッと泳いでくるので もしやと思ったら
やはり 三男でした。





木で隠れるところで



潜ってしまいますが


中州岬のすぐそばの所に



出て来たのですが このまま左の木の陰に入りそのまま見失ってしまいました・・・。


何処へ行ったのかわからないので 公園の中を箸の方へ進んで行き
チュウヒを目撃した後に
C-D 海峡の所に 三男を発見します
それが

こんな感じになるのですが
このあとに 見失うのですが 中の橋へ向かっているようです


D-中州の上で チュウヒが飛んでくるのを見た後に
中の橋へ向かうと
橋の西側すぐそばの所に

三男がいます





どうやらここから橋を渡るみたいですね


この後すぐに

潜ってしまいます


橋の反対側をしばらく見ていると

三男が出て来ました!
橋を渡ったのですね。


最近こちら側で見るのは珍しいです このところは 中州岬の方ばかりだったので・・・












三男はその場で あちこち見ていたのですが


ここで

潜って


出てきたところは

少し向こう側です


ここから













後ろを振り返りながら・・・






C-水門の方へ 向かいます
懐かしい場所ですね 三男にとっては・・・。


そのあたりで
 
潜ったり 出たりを繰り返していたのは



この三男でした。


そんな 今日の三男の様子です


それでは また




鳥ランキング
コメント

11/3 手稲山にも雪が・・・カワアイサに三男、ノスリン・・・

2018年11月03日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/3 土曜日 晴れ いい天気になりました

一応カンムリカイツブリの三男がいたので、そちらのカテとしました。
手稲山にも雪が見えます 夜は少し寒いのでしょうね・・・

そんなモエレの様子です
まずは カワアイサから

カワアイサが5羽泳いでますが
実はこの他にも もう1羽左の奥にいます・・・。


これは

真ん中の4羽ですが 1羽頭の色が黒っぽくなってきていますね


これが

6羽目のカワアイサです



真ん中の3羽ですが 1羽離れて泳いでます



下の並んで泳いでいる2羽です


ここに

6羽全員の姿が見えます
カワアイサは 胴体の模様が個体差があるので そこで見分けます
が 数が多くなると もうどうでもよくなってくるものです。



先頭のヤツ



2番目のヤツ



次の2羽


離れて泳いでいる

もう1羽


頭の色の変わってきている

オス


そして しんがりの

カワアイサで 総勢6名となります。




ヨシガモもすっかりいろがかわりましたね。



公園の中を中州の方へ歩いている時に




ずっと手前で見た 先ほどのカワアイサが
中洲の後ろを飛んで行きました。



中の橋まで行きましたが カンムリカイツブリの三男の姿は見えません・・・
しかし 中州岬まで引き返して来たときに
ずっと左の奥の方に 三男を発見します



道路際から斜めに奥を見た時に見つけました。


その三男を見ていると

左下が三男ですが よく見ると右上にちょこんと 白いものが見えます・・・
もちろん その時は気づくはずもありませんが・・・。



これが なんと

ハジロカイツブリだったんですね。後からびっくりですね。



この三男は




潜っては出てを繰り返しながら


最後に







こちら岸の近くに出て来ましたが そのまままた見えなくなってしまいます。
おそらく 岸に寄ったのでしょうね。



三男の消えたすぐそばで

ミコアイサが羽バタをしていました。
三男かと思ったものです・・・。



下の橋の上で

手稲山に雪があるのに 気づきました・・・。
朝は寒いです いい天気なのですがね



と この下の橋の上を飛んで行く鳥がいました
気づいたのが遅れてしまったのですが

どうやら ノスリのようですね


さて このノスリ どの鳥なのか あるいは違う鳥なのかが気になりますね。

あまり良い写真はないのですが・・・




使えるのはこれ位なのですが・・・
例の 翼角のところの黒い模様を解析すると
どうも いつもこの辺りでよく見かけた A の 元祖ノスリンと同じように見えます

違うかもしれませんが 昨日見た3羽のノスリのうち やはり ノスリンが
この場所で活動するみたいですね。
そうであれば、例年通り ということになりますね。
後の2羽は 他の場所で暮らすのかもしれません
そう思った次第です・・・。

ノスリはいつもの 原野の方へ消えて行きました。


ハクセキレイが屋根の上に居たのですが






とびおりてまた



戻って来ました。

そんな今日のモエレの様子です

それでは また
コメント

モエレのカンムリカイツブリ 11/2 やはり三男は中州岬で・・・

2018年11月03日 | カンムリカイツブリ2018
2018/11/2 金曜日 

もう11月になりましたが、この日も三男の姿を見ることが出来ました。
しかし 中州岬のところは 何度も通り過ぎるのですが 見つけたのは
いちばん最後になります。

やはり 最終的に このあたりが 終盤の活動場所のようです。
そんな 三男の様子です
見つけたのは

この場所になります 
中州岬のだいぶん先の方になります
それ程岸から遠くない所に出て来ました。



カモたちの前をゆっくり通り過ぎて行きますが


一旦潜って・・・
出て来たのが

カモたちの中です


そのカモたちの中をまた ゆっくり




移動して


ここでまた

消えます。




今度は 

ここに出て来ますが



こちら岸からは近いです

しかし また潜って
出てきたところは

中州岬の丁度ど真ん中 あたりになります。


ここで三男は

ゆっくりと時間を過ごしていました。


特に何を? というわけではないのですが
カモたちも随分と減ってきた中で 三男はまだ ここにいた
ということが 収穫となります。

それでは また




鳥ランキング
コメント

10/31 雨の中の中州岬の三男  とうとう今月も終わりだな・・・

2018年10月31日 | カンムリカイツブリ2018
2018/10/31 水曜日 曇り雨・雨・雨・・・

とうとう10月も 今日で終わり 随分と引っ張る 三男ですが
さて今日はどうだったのでしょうか?
っていっても もう既にわかってるんだけどね (^_-)-☆

アカゲラがいました



メスの様です・・・。


沼の南の端で アオサギがおっさんを見つけて 逃げて行きます
その様子です
いきなり飛び上がったこの

アオサギです 昨日もいた奴に見えます 大食い志村かな・・・?

 
林の前を通って 南の橋の方まで飛んで行きますが・・・


ここで

U ターンです

   
大きな鉄塔を通り過ぎ


今度は 
 


色づいた林の前を通り過ぎ




また引き返して来て 草の中へ消えてしまいました。



下の橋からの中州岬は

カモたちも少しまばらに見えます 寒くなって来たのでね・・・もう



中州岬の辺りをくまなく探すも
三男の姿は 見つけることが出来ません

これは



ヨシガモですが このあたりから雨がひどくなってきます・・・。
カメラを濡れないようにしまいながらの観察ですが

ちょうど C-中州も 海峡あたりにさしかかったところで







チュウヒの スケキヨが 木の枝にとまっているのを発見します。
こんな雨の中でも 来ているんですね 感心しますね


ここで 雨が更にひどくなって来て
コチラモ 松林の中へ避難しての 観察となりましたが

さらに遠くなってしまいます・・・


松林の中は雨に濡れないので 待つこと15分くらいでしょうか

スケキヨが

こちらの松林の ずっと左の奥の方を見ているようです



と思ったら いきなり

羽ばたいて・・・

この続きは そちらのカテで。



スケキヨの後は 雨もひどいので中の橋まで行かず 
引き返してくるのですが・・・

B-C 海峡のところで



ウがいたのですが ウミウに見えます ほっぺの白さが特にね・・・。


中州岬の

ヨシガモですが


ここで 遂に

中州岬の中程に漂う 三男を発見します。
まだいますね いつまでいるのやら・・・


   
一仕事終えた後の様で おやすみ モードのようです。









ゆらゆらと 水の上を漂いながら 休んでいます・・・ずっとこんな感じです


ここで

泳ぎ始めます


でも ここで


 
潜って見えなくなってしまいます・・・。


しばらくして
出て来たのは



ずっと左側の 岸に近いところで もう見えなくなるあたりのところです




ここで さらに西側の方を見つめながら


消えてしまいます。
ここで 今日の観察はお終いとなります
雨も降ってるしね・・・。


帰り道で



ハクセキレイの姿がありました。

去年 三男が姿を消したのは 10/25
そのあと 二郎が最終的にいなくなったのが 11/7 となってます
あと何日いるのか あるいは 二郎は顔を見せるのか
そのあたりだけが 気になるところです。
しかし もう既に3週間の逗留となる三男です ずいぶんいるものですね。
それでは また
コメント