まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奇跡(試写会)

2011-06-11 22:28:22 | 日本映画(あ~な行)

是枝監督がまたひとつ素晴らしい映画を届けてくれました。

航一(前田航基)と龍之介(前田旺志郎)は、両親の離婚で大阪から九州にに引っ越してきて、航一は母(大塚寧々)の実家鹿児島に、龍之介は父(オダギリジョー)の地元福岡で、離れ離れで暮らしている。離れて暮らして6ヶ月、航一は桜島の火山灰に慣れることができないまま、また家族4人で暮らせることを願っていた。

一方、龍之介は兄弟の秘密の約束で、父が他の女の人とくっつかないように見張るために父について行ったのだが、庭で野菜を育てたり、学校でも仲良しの友達ができたり、父のバンド仲間と花火をしたりと、案外楽しい毎日を送っていた。

九州新幹線が全線開通して福岡と新鹿児島がつながる日、それぞれの駅から出た一番列車が最初にすれ違う瞬間を目にすると奇跡が起きて願いが叶う、という噂を耳にした航一は、龍之介と連絡をとり、鹿児島の友達と一緒に奇跡を起こすために、その瞬間を見にいく。。。


何といっても子供たちが走る走る。学校へいくのもスイミングスクールからの帰り道も、そして新幹線を見る場所を探すときにも。自分が子供の頃はあんなに走っていたかなっていうくらい、いつも走っているイメージが残っています。

そして音楽がまた絶妙で、そのシーンを盛り上げるようなテンポの良いものだったり、それぞれのシーンに音楽があるとこんなに空間のイメージが膨らむものかと感動ものでした。

子供たちは、今どきの子供らしく子供っぽい無邪気なところがありながらも、変に大人びたところもあり、それがまたリアルな感じで笑いを誘います。軽羹のほんのり加減や龍之介とたこ焼き屋さんのやりとり、父親から新幹線を見にいくお金を出させるくだりは、クスリと笑えます。

子供たちだけでなく、周囲の大人たちもどこかしら可愛らしい仕草がうまいなあ。母親が酔っ払って龍之介に電話するところや、父親が航一と大切なものについて電話で話すところ、阿部寛や中村ゆりが演じる先生が航一たちのズル休みを黙認するさま、突然やってきた7人もの子供たちを家に泊めて夕食に出前を頼む老夫婦、鹿児島で新幹線開通にあわせて軽羹をまた作ってみるおじいちゃん(橋爪功)、フラダンスが趣味のおばあちゃん(樹木希林)も、いい味を出しています。

子供たちは大冒険を経て、女優になるという自分の夢をはっきりさせた女の子(内田伽羅)もいれば、桜島の火山灰に少し慣れてきた航一がいたり、龍之介の父のバンドのラジオ出演が決まるという軌跡が本当に起きたり、それぞれ何か大事なものを得て、子供時代の大切な一頁になったのではないでしょうか。彼らが大きくなって、中学生や高校生になり、大人になってもこのときの体験は色褪せることはないのだろうなあ、と思います。

そして、航一一家が4人で一緒に暮らすことはもうないかもしれないけれど、航一と龍之介はきっと二人で会ったり、お互いの親の家に行ったりするようになるんだろうなと思います。樹木希林が孫の内田伽羅との共演が話題になってたけれど、同じ画面に入ることはさすがになかったですね。でも内田伽羅ちゃん、綺麗です。

子供たちの活き活きとした瞬間を切り取って、巣晴らしい物語を作り上げてくれた是枝監督に感謝です。

公式サイトはこちら

5/31 よみうりホール
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金

『海洋天堂』今夏シネスィッチ銀座他で公開!


コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« ワンス・アポン・ア・タイム... | トップ | デフレの正体 経済は「人口... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(あ~な行)」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

奇跡 (食はすべての源なり。)
奇跡 ★★★☆☆(★3つ) 2010年九州新幹線全線開通の一番列車がすれ違うとき奇跡が起こる。 そんな作り話を信じて、親の離婚で鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟が奮闘する姿を描く。 出演は子役兼お笑いコンビの「まえだまえだ」。 監督は「誰も知らない」の是枝裕...
奇跡 (LOVE Cinemas 調布)
2011年3月に全線開通した九州新幹線をモチーフに、家族の絆描いたハートフルなドラマです。主演は小学生漫才コンビ“まえだまえだ”の前田航基と前田旺志郎。共演に大塚寧々、オダギリジョー、橋爪功、樹木希林といった実力派が揃う。監督は『誰も知らない』、『歩い...
『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち (SOARのパストラーレ♪)
衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つながりの友人と初日舞台挨拶が行われる新宿バルト9へ。
映画「奇跡」@シネマート六本木 (新・辛口映画館)
 試写会場となったシアター1の客入りは9割くらい。今回は「YAHOO!映画 ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。映画終映後には是枝監督と観客のティーチインが行われた。
奇跡 (悠雅的生活)
自転車のベル。コスモスの種。「意味わからん」。
*奇跡* (Cartouche)
  九州新幹線が全線開業の朝、博多から南下する“つばめ”と、鹿児島から北上する“さくら”、二つの新幹線の一番列車がすれ違う瞬間に奇跡が起きて願いが叶う……。そんな噂を耳にした小学6年生の大迫航一(前田航基)は、離れて暮らす4年生の弟・木南龍之介(前...
奇跡 (Akira's VOICE)
「奇跡」という名の「日常」  
『奇跡』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
ささやかな日常のきらめきに心うたれるのは、大震災の後だから余計にそうなのかもしれないね。 是枝監督の映画はまたしても私の心をワシヅカミ。 両親の離婚により、小学6年生の航一は鹿児島の母の実家で、4年生の弟・龍之介は父と福岡で、離れ離れで暮らすようになり...
奇跡 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
奇跡を信じた子供たちと、彼らを見守り、翻弄され、癒されていく大人たちを描く「空気人形」の是枝裕和監督作。出演は、本作が映画初主演となるお笑いコンビ“まえだまえだ”の前 ...
奇跡/前田航基、前田旺志郎 (カノンな日々)
小学生お笑いコンビ(現)「まえだまえだ」の前田兄弟による初主演映画です。お兄ちゃんの前田航基くんは3月に放送終了した朝ドラ『てっぱん』での好演が印象的でした。関西弁での役 ...
奇跡(2011) (銅版画制作の日々)
あなたもきっと、誰かの奇跡。 大人の私にも奇跡が起こらないかな?なんて思って・・・・。 京都シネマにて鑑賞。是枝監督の新作です。 何と主役には、関西のお笑いキッズ“マエダ、マエダ”。是枝監督がオーディションで出会い、彼らを抜擢したそう...
『奇跡』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄、大塚寧々、樹木希林、橋爪功■鑑賞日 6...
『奇跡』は世界に溢れてる (映画のブログ)
 人形が意思を持って動き出す、という奇跡の物語『空気人形』を世に送り出した是枝裕和監督が、またもや奇跡に満ちた映画を撮り上げた。  タイトルはそのものズバリ『奇跡』なのだが、劇中で語られる"奇跡"...
「奇跡」 (空色レールウェイ)
「奇跡」を観てきました 以下、ネタバレが含まれていますのでご注意を 【あらすじ】 両親が離婚し、母と鹿児島で暮らす兄・航一、父と福岡で暮らす弟・龍之介。 航一は慣れない鹿児島で暮らしながら、かつてのあの日のように家族4人で暮らす日々を夢見ていた・・・ そ...
奇跡 (to Heart)
あなたもきっと、誰かの奇跡。 製作年度 2011年 上映時間 128分 脚本/編集/監督 是枝裕和 音楽 くるり 主題歌 『奇跡』くるり 出演 前田航基/前田旺志郎/林凌雅/永吉星之介/内田伽羅/橋本環奈/磯邊蓮登/オダギリジョー/夏川結衣/阿部寛/長澤まさみ/原田芳雄/大塚寧々/....
「奇跡」 是枝裕和監督  (事務職員へのこの1冊)
酔狂にもわざわざ東根まで行って鑑賞。 だって「歩いても 歩いても」「誰も知らない
いま生きているということ~『奇跡』 (真紅のthinkingdays)
 両親の離婚により、鹿児島と福岡で離ればなれに暮らす兄弟。「九州新幹線の 一番列車がすれ違うとき、奇跡が起こる」。そんな噂を耳にした二人は、その瞬間 を目撃しようと、友人たちとの短い旅を画策す...
奇跡 (映画的・絵画的・音楽的)
 『奇跡』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)予告編を見て、子役が中心の映画だとわかったので見る気が失せてしまったのですが(子役とかペットが売りの映画は基本的には嫌いなので)、監督が、『空気人形』や『歩いても、歩いても』の是枝裕和氏であり、特に....
スタンドバイミー。~「奇跡」~ (ペパーミントの魔術師)
映画の予告といっしょにはりつけたのは、九州新幹線のCM カンヌの国際広告祭で、金賞をとったそうな。 最近、エキッシュにはまってやたら電車にのってるせいか 見たことのない1両編成の電車をみると妙に気になってしまいます。 この映画でも 新幹線よかそっちの....
奇跡(2011-061) (単館系)
8/14奇跡、公開終了 最終日、シネマート六本木で見てきました。 両親の離婚で博多と福岡に別れて暮らすことになった兄弟・大迫航一(前田航基)と 木南龍之介(前田旺志郎)の兄弟は 九州新幹線が全線...
奇跡 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
奇跡'11:日本◆監督:是枝裕和「空気人形」「歩いても 歩いても」◆出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣◆STORY◆小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の ...
奇跡 【映画】 (as soon as)
よかったです 好き 子供の頃ってなんにでもなれる気がしていた 6歳まではそんな風に思っていた なんにでもなれる 年齢じゃなくてずっとそう思い続けてきた者が なりたかったものになれるんじゃないだ...