まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢売るふたり

2012-10-20 21:54:43 | 日本映画(は~わ行)

ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督の最新作は、男と女の間の愛情を描いた作品。主演は松たか子と阿部サダヲ。

夫婦ふたりで小さな居酒屋を切り盛りしていた市澤貫也(阿部サダヲ)と里子(松たか子)。ある夜、調理中の火が元で火事になり、全てを失ってしまう。生活費と、もう一度お店を開業するための資金を稼ぐために、里子はチェーンのラーメン屋でアルバイトをして、貫也は若いころ修行をさせてもらったお店で働くが、代替わりした若主人と衝突して辞めてしまう。

貫也は働かずに昼間っからビールをあおる日々、ある夜同じ駅で終電を逃した、お店の常連だった玲子(鈴木砂羽)と一夜を過ごし、玲子の不倫の手切れ金を受け取って自宅に戻る。こんな大金をどうやって手に入れたのか、厳しく追及して白状させた里子は、お店の再建資金を稼ぐために結婚詐欺を利用することを思いつく。

心に隙間のある女性をターゲットに、貫也が時には結婚詐欺、時には里子と兄妹を騙り、妹が大病で入院費用が必要だと持ちかける。結婚を焦るOL咲月(田中麗奈)や出会い系で遊ぶ人妻、田舎から出てきた人のいい風俗嬢紀代(安藤玉恵)、ウェイトリフティングでオリンピックを目指しているひとみ(江原由夏)など、次々と騙してお金を手に入れて、その資金を元手に新しい店の準備を進めるが、次の標的に定めたシングルマザーの公務員滝子(木村多江)に対して、貫也の態度が怪しくなっていき。。。

女性監督ならではなのか、松たか子演じる里子や、貫也に騙される女性たちの描かれ方が、鋭いというか厳しいというか、時には残酷なまでのえげつなさを感じます。大金を持って朝帰りした貫也を風呂場で里子が問い詰める場面では、せっかくの札束に火をつけてぶちまけて、さらに貫也を熱湯責めにします。差し水をしようと貫也が蛇口から水を出しても、爪先で浴槽の外側へ出すところなんか、松たか子からサディスティックで危険だけど艶っぽい香りがしました。

ひとみを騙すところでは、里子が貫也に「気の毒…」と言いますが、これは西川監督が同性だからこそ出すことができた台詞だなあ、と感心というか何というか。男性の自分だったら、ちょっと怖くて心で思ったとしても口に出しては言えないなあ、と思います。

主役というか、ストーリーの中心人物は間違いなく貫也と里子なんですが、ふたりを中心に話が回っていくというよりは、ふたりが狂言回しみたいな感じで、騙される女たちにも奥行きのある豊かな背景があり、むしろ騙される女たちの集合体というか、彼女たちの存在そのものが主役のような気がします。里子と貫也が詐欺を決心した時、心に隙間のある女性に狙いを定めますが、咲月やひとみ、紀代、滝子など騙される女性たちが持っている心の隙間は、実際に自分の隣の誰かが持っていても全然不思議ではない空虚さで、圧倒的なリアルを持って迫ってきます。西川監督が描きたかったもののひとつに、こうした現代社会の心の隙間もあったのかな、と思います。

阿部サダヲ演じる貫也が、次々に女性を騙して落としていくのは、よっぽどの美男子でもなくお金があるわけでもなく、どこが魅力的なのか自分には分からず不思議な気持ちでしたが、女性から見た魅力、男性には分からないフェロモンがきっと出ていたのでしょう。

里子も貫也も、決して悪い人ではなく、むしろ不幸のどん底からもう一度這い上がろう、という人生に対する誠実さを感じます。だからこそ、貫也は子供をかばって自分が堂島(笑福亭鶴瓶)を刺したことにしますし、里子は貫也が服役している間、早朝の市場、きっと前のお店のときに仕入れをしていた市場で、男勝りにフォークリフトを操って、騙し取った金を一人ずつ返していきます。ふたりがお店を火事で失って全てを失くしたからこそ、心の隙間という似た境遇を抱えるターゲットに安易に手を出したのかもしれません。

冒頭の火事の場面は一発ロケだそうですが、カメラのぶれ方やスローモーションなども駆使して、迫力満点です。説明調の台詞がまったくなく、自然な感じなのが西川監督の好きなところなんですが、女性の心理はなかなか見えなくて、意味のわからないシーンもいくつかありました。

公式サイトはこちら

9/26 チネチッタ川崎
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

桃(タオ)さんのしあわせ』絶賛公開中!

コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 矢野絢子ライヴ 「飛ぶ教室... | トップ | プンサンケ 豊山犬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

夢売るふたり/松たか子、阿部サダヲ (カノンな日々)
『蛇イチゴ』で西川美和監督に魅せられた私はその後も『ゆれる』『ディア・ドクター』と魅了され続けてます。いずれもオリジナルの脚本で秀逸な映画を作り続ける西川美和監督の最 ...
夢売るふたり (心のままに映画の風景)
東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 小さいながらも順風満帆な店だったが、火事で全てを失ってしまう。 一からやり直そうと前向きな里子に対し、貫也はすっかり投げ...
夢売るふたり (to Heart)
人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを....
夢売るふたり(2012-115) (単館系)
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...
『夢売るふたり』 (2012) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...
夢売るふたり (風に吹かれて)
女心は複雑公式サイト http://yumeuru.asmik-ace.co.jp原案・脚本・監督: 西川美和  「ゆれる」 「ディア・ドクター」 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻(松
『夢売るふたり』 (ラムの大通り)
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これ...
夢売るふたり (悠雅的生活)
騙す男。貢ぐ女。黙る妻。
夫婦善哉~『夢売るふたり』 (真紅のthinkingdays)
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...
「夢売るふたり」どっこい女はしたたか (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
女の怖さを十二分に表現する松たかこの凄い演技と、見事なまでに薄幸顔の女優を集めたのに、どこか悲惨さが無い。 松たかこと阿部サダヲだから実現した絶妙な空気感。 あったかいのに薄ら寒い、弱弱しいのに力強い、西川監督のなせる業なのか・・・・
夢売るふたり (いやいやえん(TB専用))
いやいやえんの該当記事→http://m615.jugem.jp/?eid=2896 本家へのトラックバックをお願い致します どんな理由があろうとも、結婚詐欺はいかん!!と思います。 夢を取り戻そうとする夫婦と、その犠牲となる女性たち。平凡な男性にこんなにも惹かれてしまうのは、男...